report
滝の広場(青海地区)
ここは好きですねえ。地味なところがたまりません。
ほんとに個人的趣味だなあ。観光客は好き好んでは誰もこないでしょう、ここには。
はとバスでは来ているようですが。

場所は、青海地区テレコムセンタービルと青海フロンティアビルのところにあります。
名前の通り滝があり、池があり、水の流れがあり、芝生あり、オブジェあり、風変わりな外灯あり。
地味なわりにいろいろあります。
お昼時に食事をしに来る人が多いようです。
コンビニでお弁当買ってきてるのかな。
ある雑誌では灰皿つきのベンチの割合が多いと紹介されてました。
そうですね、ビジネスマンが周りに多いからでしょう。
暖かくなると、芝生やベンチで昼寝をしているビジネスマンも多いです。

滝は内側が歩けるようになってます。
夏場は涼しげでいいと思います。是非歩いてみて下さい。
トイレも完備されてます。
臨海の公衆トイレはだいたい綺麗なんじゃないですかね。
もしかするとトイレットペーパーも完備されてるかもしれません。
私は入ったことがないので保証できませんが、そういうことがあってもおかしくないかも。

風変わりな外灯は、広場の両端に備え付けられてる外灯のことです。
この外灯に近づいてみて下さい。壊れてなければ面白いものが見られます。
写真に撮ろうとしたら失敗しました。
やはり夜景は安いカメラじゃ駄目ですねえ。
昼間の様子をそのうち撮ってきます。

夜は人気ないです。
会社帰りの人間がぽつぽついますが、ここもやっぱり女の子の一人歩きは推奨できませんね。

ちょっとのぞいてみよう 写真はあくまで私が興味を持った部分を撮っているので、皆さんの嗜好にはあわないかもしれませんが。

 

青海フロンティアビルより 青海フロンティビルより撮影。
テレコムセンター側の風景で、左側に写っているのが滝です。
滝のもっと左側に芝生やら彫刻やらがあります。

滝をくぐってみよう 滝の内部から見えた風景
左がこれから滝に中に入りますよ〜というところで、右が入った直後に撮ったもの。
夏場は涼しいですよ、それと水の流れる音が体に響いてくる。
轟音です。これはなかなかすごいと思います。

滝に流れる前の水 これが滝から落ちる水です。
流れる前はこんなに静かに漂っているのに、落ちるときの水の力ってすごいモノなんだなと感じます。

あやしげな電灯 あやしげな電灯2
滝の広場の左端と右端に並んでいる電灯達です。
で、上のような四角に近づくと別の光がパッと点灯する仕掛けになっています。
別の光がどんな光なのかは、見てのお楽しみでしょう、これは。

オブジェ1 オブジェ2 オブジェ3

オブジェの説明看板 以上3つが滝の広場にあるオブジェ達です。
写真は圧縮してしまっていて汚くなっているので本物を見に行ってあげてください。
なんか申し訳ないや。
左から「碧空の花」「重力の無い杜」「ROUND STRUCTURE 1995」と思われます。
左のような看板があるので読んであげてください。
私はちょっと読んだだけですけど。

別方向からの滝の広場 ということで、滝の広場でした。
これは芝生の方から撮った写真です。
一枚目の写真と比べてみると全然印象が違うんですよね。
緑があるかないかの違いかな。


ということで、報告書を終わります。
ご感想・ご要望は掲示板までメールでも受け付けます。

1998.5.18
1998.12.15(追加)



Copyright(C) 1997-1998 KANATA@HAND with FIRE

ご案内の一覧に戻る