旅先レポート



「これが世界3大夜景の一つ函館の夜景だ!」

1998年8月8日 北海道函館山

 世界3大夜景の一つといわれる函館の夜景を一目見るため、夜の函館に来た。
 そこで、驚くべき悲しむべき光景に出くわしたのだ。函館山ロープウェイはすごい数の人が並んでいて、並んでいる人がロープウェイ乗り場の建物の裏側まで列を作っているのだ!これじゃあ、どう考えても運行終了までにロープウェイに乗れないじゃないか!どうしようか?
 そこで出た結論は、なんと、山登りをして上に行くということだった。コンビニで食料を調達し、いざ函館山へ・・・・・・。(なんて、あきらめの悪いやつなんだろう。)
 ところが、ところが、あれからそんなに経っていないのに、ロープウェイ乗り場で並んでいる人がだいぶ減っているじゃないか!
 もう一度、様子を見に、ロープウェイ乗り場の中に入ると、どうやら乗れそうだと分かった。
 実は、このロープウェイは150人ぐらい乗れるので輸送力がハンパなもんじゃないのだ。しかも、観光客が多いときは、便数を増やすので、人がいっぱい並んでいるからといってあきらめて帰ってはだめなのだ!

 結局、それほど待つことなく乗れた。セオリー通り、谷側の窓際をキープした。

世界3大夜景の一つ「函館の夜景」

 山を登って行くにしたがい、函館の町が目の前に広がり、しだいに、函館の夜景の全貌が見えてくる。皆のため息がもれる・・・・・・。それほどまでに、美しいのだ。すごいぞ!ほんとに。
 上に着いた。上は、すごい数の人がごった返していた。それだけ、人気があるのだ。でも、そんなことが気にならないぐらい、見事な夜景であった。街の明かりで、半島の形がくっきりと浮き出ている。見事なもんだ。


バナー使ってね!