川・湖沼での釣り - 吸い込み


コイ吸い込み仕掛け
鯉竿(巨鯉竿) 4.5〜5.4m または 石鯛竿 MH 4.5〜5.4m または
磯竿 5号以上 4.5〜5.4m または 投げ竿 20号負荷以上 3.6〜4.5m

スピニングリール Or ベイトキャスティングリール(5号以上を150m以上巻けるもの)
投げ竿&スピニング
道糸
道糸 道糸 5号〜12号
サルカン サルカン
中糸 中糸 10号以上 30cm〜1m
中通しオモリ 中通し式オモリ 10〜25号
ゴム管 ショック吸収ゴム管
サルカン スピードスイベルなど
市販吸い込み仕掛け 吸い込み仕掛け(市販・自作)
小型(20cm〜)狙い - 伊勢尼8号〜11号
中型(50cm〜)狙い - 伊勢尼12号以上 など

 コイを専門に狙う釣り方です。メーター級のコイ、ソウギョもターゲットにできます。 また道具にしてもエサにしても結構安くあげることもできますので、おすすめです。 クロダイやマダカは「金をかけても釣れない」けど、コイは「金をかけなくても釣れる」ので、 費用対効果にも優れています(^^;

 しかし、もし本格的にコイ釣りをやっている人のお薦め通りにタックルを揃えると、 高価な石鯛竿や大型リールのセット、ピトン、さらにアタリセンサーなどを3〜5セット購入することになってしまいますので、 軽く300,000〜500,000円はかかってしまうでしょう(笑)。 しかし自分の頭で「本当に必要な物」を考えて道具を選べばそんな大出費にはならないでしょう。 もっとも、高いものを使うに越したことはないですけどね(笑)

 コイ釣りのノウハウを得る場合、釣り雑誌やコイ釣師の人たちの意見を聞いて学習することも大切ですが、 一番大切なのはそれらの事柄を100%鵜呑みにしないことです。 河川をホームにしている人、湖沼をホームにしている人などコイ釣り師も様々です。 エサについても、有効なエサは釣り場によって全く異なります。 なんでもかんでも鵜呑みにするのではなく、 自分でその場の情報を得てエサ選びをすることが重要になるでしょう。

 小・中型(30〜60cm)のコイの魚影が濃いところでは数釣りも可能ですが、 基本的にはかなり暇な釣りになると思って下さい。 一日釣りやってボウズなんてのも当たり前です(笑)。 あまりにもヒマなので、私は傍らで手竿を出して小物釣りをしてたりします(^^;


コイ



青玉 竿の選択

● 何でも良い

 高い竿を使っているから釣れるというものではありません。 自分の懐が許す範囲内で、自己満足できるものを選べばいいのです。 石鯛竿を使っているコイ釣り師の人も多いですが、 それは経済力にある程度余裕のある年配の方々の話であって、 若くて金銭的余裕がないのにそれをマネして無理に買うことはないでしょう(^-^;

 これだけの条件を満たせば問題ないと私は思います。甘い?(^^;

 コイ釣りによく用いられている石鯛竿や磯竿には、インナーロッド(中通し竿)仕様のものも数多く発売されているのですが、 コイ釣りにはあまり用いられていないようです。 まあ竿先絡みが苦になるようなことは滅多にないからかも。 竿の弾性を生かし切れるという点では悪くないと思いますが、内部抵抗はどうかな?

● 鯉竿(巨鯉竿)

ダイワ 大鯉専科

 吸い込み・ぶっこみ釣り専用の鯉竿(巨鯉竿)もあります。 鯉竿は全長が長く胴調子で、穂先は柔らかく、ある程度の錘負荷に耐えられる構造になっています。 ベイトキャスティングリール仕様とスピニングリール仕様の両方があります。

 コイを本格的に狙うのならば、食い込みの良さ、使い勝手などを考えればコイ専用に設計された鯉竿を使用するのが一番良いですが、 鯉竿は高価です。 ダイワの「メーター倶楽部 巨鯉烈火」、 シマノの「野鯉スペシャル」「野鯉」などは、 (たぶん)石鯛竿をベースとした本格的な巨鯉竿で、 ガイドも放熱性と糸滑りに優れたSiCガイドが使用されていますが、 定価50,000円以上と超高いです。お金がある人はどうぞ(^-^;

 しかし最近はコイ釣りがブームなのか、ダイワの「大鯉専科」や、シマノの「鯉列伝」のような、 定価20,000円強の比較的廉価な鯉竿も登場してきています。 大手量販店では宇崎日新の「プロスクエア 飛鯉」が置かれているところもあり、実売価格10,000円強くらいです。 これらは(たぶん)磯竿ベースながらも、コイ釣りに便利な尻手環や腹当てなど装備も充実しています。 なかなか良さそうですが、SiCガイドではないのにこの価格はちょっと高い気もしますね。

● 石鯛竿

オリムピック SIERRA 振出石鯛 怒濤

 石鯛竿は元竿が頑強で大物のパワーにも耐えやすく、 穂先は繊細なので食い込みが良くキャスティング時にダンゴも割れにくいので、吸い込み釣りにも適していると言われています。 自重はかなりありますが、置き竿で釣る釣りなのであまり問題ないでしょう。 しかし石鯛竿にはベイトキャスティングリール仕様しか存在しないため、 必然的にベイトキャスティングリールを使用することになります。 リールシートがかなり低く、導入ガイドも小さいのでスピニングリールの使用は避けた方が無難です。

 私は使ったことがないので詳しくは書けませんが、MHクラスの振出タイプあたりで良いと思います。 しかし石鯛竿は価格面からして私にとってはアウトオブ眼中ですので(笑)、どの製品がよいのかはわかりません。 メーカー品では新生オリムピックの「SIERRA 振出石鯛 怒濤」中硬540が税込定価49,350円と比較的安いようです。それでもかなり高いですねえ。 実売価格はシマノの野鯉と大差ないですし・・・

 しかしメーカー品にこだわらなければ、量販店でWIZZ(エイテック)の石鯛竿が22,000円くらいで売られているのを見たことがありますし、 ゼニスからも「拙者の石鯛400」というかなり廉価な石鯛竿が出ているようです。名前がすごい・・・(^^;

● 磯竿(遠投仕様)

ダイワ プロ磯 インプレッサ 遠投

 磯竿には高い錘負荷にも耐えられる遠投仕様のものがあります。本来は磯でのカゴ投げ用ですが、 パワーがあり穂先は柔らかいためコイ釣りにも適しています。私も磯竿を使っていますが、 ダンゴも割れにくいですし、食い込みもかなり良いです。 重いオモリを使用でき遠投できる、竿号数5号以上で錘負荷20号以上の磯竿がおすすめです。 本当は錘負荷30号が理想的なのですが、現在はがま磯シリーズ(「がま磯 RXR」遠投5など)にしかないようです。

 なお磯竿は一部ベイトキャスティングリール仕様のものもありますが、大多数の製品がスピニングリール専用です。 まあ投げ竿と比較してグリップも短いのでベイトも使用可能だとは思いますが、 遠投用磯竿はガイド径も大きいしリールシートもスピニング用だし、基本的にはスピニングリールで使用するものだと思って下さい。

 磯竿は石鯛竿ほど高くはありませんが、メーカー製の竿ではそこそこの値段はします。 メーカー製の竿では、SiCガイドにこだわる場合はダイワの「プロ磯 インプレッサ 遠投」の5-53遠投が定価27,000円、 ハードガイドでもいいならシマノの「HOLIDAY ISO R」の5号530PTSが定価15,500円と一番安いですかね。 それでも数を揃えるとなると高いなあ・・・。まあスズミ釣具(上州屋)のものならセール期間中に6,000円くらいで買えますが、 磯竿は繊細な道具だけに安物はおすすめしません(^^;

● 投げ竿

リョービ メタルシアサーフ-J

 今まであげた中では一番安く、流用もいろいろできるのが投げ竿です。 粘りのある胴調子でパワーは申し分ないですし、 リールシートの位置が重い仕掛けを投げやすい位置になっているので、ダンゴを投げるのも簡単です。 また股に竿を挟んで支えることができるので、大ゴイとの格闘もしやすいです。 初めてコイの吸い込み釣りをする人には、振り出しタイプの投げ竿をおすすめします。 もしコイ釣りに飽きたら海でカレイ投げ釣りに使えるし(^^;

 しかし並継などの本格的遠投用投げ竿はおすすめしません。 竿先が硬すぎてキャスティング時にダンゴが割れてしまったり、 食い込みも悪くなります。 釣具店で実際に竿を伸ばし、竿先が柔らかめのものを選択して下さい。 また、投げ竿は全てスピニングリールの使用を前提として設計されているので、 ベイトキャスティングリールは使いにくいでしょう。 投げ竿を使用する場合は必然的にスピニングリールを使用することになります。

 重いダンゴを投げるので、最大錘負荷が20号程度の投げ竿を購入することをおすすめします。 わりと低価格の投げ竿でもかまいません。スズミ釣具(上州屋)やエイテック等の安売りメーカーの投げ竿なら3,000〜5,000円で購入できますので、本数を揃えることも可能です。 富士工業のハードガイドが使用されているものなら特に問題はないでしょう。 むしろ安物ほどグラス含有率が高く柔らかくなり、食い込みが良くなります。 これは本当です(^^;

● 長さ

 竿の長さが長いほど遠投でき、コイの強烈な引きにも柔軟に対応できますが、 ポイントが近い場合や川幅が狭いところでは短い竿のが取り回しがよいです。 鯉竿・石鯛竿・磯竿なら4.5〜5.4m、投げ竿なら3.6〜4.5mくらいの間で選択すれば良いと思います。

● 本数

 竿の本数を多く出すほど釣れる確率はいちおう上がります。 同じ種類・長さの竿で揃えるのも格好はいいですが、その必要はありません。 本格的なコイの吸い込み釣りでは、竿を3〜5本並べて釣るそうです。 しかし混雑する釣り場で一人で何本も出して広範囲の釣り場を占有するのはマナー的にも問題がありますので、 出す本数を少な目にするとか竿の間隔を狭めるなどする必要があります。 ちなみに、あるコイ釣り大会では竿の本数は3本までという規定があるようです。

 竿数を増やそうと思うと、竿の他にもリール・竿立てなども竿の数だけ必要になってしまいます。 そのあたりは財布と相談して決めて下さい。

● 私の場合

 私が竿を出す本数は多くても3本です。 魚影の濃いところで釣りをしていると、 ダブルヒットしてしまうこともよくあるのでたくさん出すと大変です。 それにルアーとかコイ釣り以外の釣りをしてる時には、 竿をたくさん出してるコイ釣り師ははっきり言って邪魔と感じるので(爆)、 最近は出す本数は1〜2本と自粛してます(^^;

ページ上部へ↑

青玉 リールの選択

● ベイトキャスティングリールとスピニングリール

Abu Garcia ambassadeur 7000i

 コイの吸い込み釣りにはのあるベイトキャスティングリールが広く用いられています。 ベイトキャスティングリールはスピニングリールと比較して巻き上げ力が強く、 引きが強いコイとの格闘に向いています。 しかし慣れないとキャスティングが難しいし、 竿もベイト仕様のものを使用しないと扱いにくくなります。 巨鯉竿や石鯛竿はベイト仕様がほとんどですが、 遠投磯竿や投げ竿はほとんどスピニング仕様ですので注意が必要です。

 最初は廉価で扱いやすいスピニングリールで始めることをおすすめします。 古いコイ釣りの本などには「スピニングリールはベイトキャスティングリールと比べ、動力伝達性能がはるかに劣るため使い物にならない」などと書かれていたりしますが、 それはおそらく「左手で竿を持ち、右手でリールゴリ巻き」を行った場合のことでしょう。 日本の古き良き(悪しき?)伝統の釣法です(笑)。 もちろんこれはこれで面白い釣りではあるとは思いますが、 スマートな感じはしませんね(笑)

 スピニングリールで釣りをする場合は、竿は右手持ち、リールは左手で巻くようにすることをおすすめします(左利きの場合は逆)。 ちゃんと利き腕で竿を操り、巻き上げのタイミングを計ることができれば、 スピニングリールでも問題なく釣り上げることが出来ます。 スピニングリールの動力伝達性能は昔と比べ大幅に向上していますので心配は要りません。 しかし最近のコイ釣り雑誌でもスピニングについて詳しく説明されていることはありませんねえ。 使っている人が少ないからでしょうか?私はコイ釣りにはスピニングしか使っていないので、 以下スピニングリールの解説のみします(^^;

● スピニングリールの選択

 スピニングリールはそんなに高価なものを選ぶ必要はありません。 置き竿にしている時間がほとんどなので軽いものを選ぶ必要もないですし、 メーカー製のものならカート売りの激安リールでもかまわないでしょう。 しかし、高価なリールの方が耐久性も高負荷時の巻き上げ力も上ですし、 所有欲も満たされます(笑)。 まあ釣果には影響しませんがね・・・お金のある人はどうぞ(^^;

 スピニングリールを使用する場合、小さい河川や野池で中型のコイを狙う場合は小さくてもかまいませんが、 色々な場所で使うことを考えて、最低でも5号の道糸を150m以上巻けるサイズをおすすめします。 おすすめは8号150m巻き以上のものです。

 大型スピニングリールには、キス釣りなどに用いられるドラグがついていない遠投専用のもの(スーパーエアロなど)もありますが、 コイの強い引きに耐えるにはドラグは必需品となります。必ずドラグつきのものを選択して下さい。

 私がコイ釣り用スピニングリールを選ぶ基準はこんな感じです。
  1. 5号以上を150m以上巻けること。
  2. ドラグの滑り出しが比較的良く、かつドラグ力があること。
  3. ラインローラーが回転式であり、そこそこスムーズに回転すること。
  4. メーカーがパーツリストを公開していること。ダイワ、シマノ、PFJ系(アブ, ミッチェル等)など。
 1 の項目については選択に困りません。ダイワとシマノの中小型リールの各主要モデルには、 6号150m巻きまでのサイズがたいてい用意されていますし、 カート安売りリールにもけっこうあります。 しかし7号以上の道糸を使用したい場合は大型リールを購入しなくてはなりません。 小型リールにPEラインという手もありますが、 小型リールはドラグ力が弱いです。

 2 のドラグの滑り出しについては、メーカー製の現行のスピニングリールならよっぽど大丈夫のようです。 5号150m巻き以上のクラスであればドラグはマルチワッシャー(多板式)なのでドラグ力も心配ないでしょう。 しかしノーブランドのカート安売りリールともなるとなかなか油断できません(^^;

 3 のラインローラーについては、 ベアリングの有無やツイストバスターなどにこだわる必要はありませんが、 上○屋製安売りリールなどによくある非回転式のラインローラー(ローラーじゃないね)では、 大ゴイを巻き上げる際に大変な負荷になりますし、ラインが擦れて弱ります。 必ず回転式の物を購入して下さい。

 4 については、性能面よりもむしろリールパーツの入手製などの保守を重視しているからです。 たとえばシマノなら生産終了後6年はパーツの供給が可能です。 ノーブランドリールを買って壊れたらパーツとか取り寄せできるのでしょうか?まあそういったリールを買う人は、 直そうとはせずに捨てちゃってまた新しいリール買うだけだとは思いますので、 それはそれでアリなのかもしれません(^^;

● 購入について

 コイ釣りに適していると思われる二大メーカー(ダイワ, シマノ)のスピニングリールをいちおう紹介しておきます。

シマノ チタノス・パワーエアロ  2009年シマノの新製品として「ビッグベイトランナー LC」「スーパーベイトランナー」というリールが発売されました。 新製品といっても欧州では昔から販売されていたようで、 「カープフィッシングの本場ヨーロッパで、圧倒的なシェアを持つカープ専用スピニングリール」なのだそうです。 欧米か!(笑)。 瞬時にドラグをフリーに出来るベイトランナーシステムを搭載しており、 機構的にはダイワの「アオリマチック」に搭載されているBRクラッチ(アオリクラッチ)と同様のものです。 なぜ今時クラッチ?ダイワのBRクラッチの国内パテントが切れたのでしょうか???(もっともこの機構を開発したのはシマノの方が先らしいが・・・)。ともかく、 コイ釣りに最適なリールであることは間違いありません。 でも高いなあ・・・

 フロントドラグ式大型スピニングリールでは、シマノのパワーエアロシリーズが評価が高いです。 瞬時にドラグをフリーに出来るツインドラグ搭載の「パワーエアロ スピンパワー」と「パワーエアロ プロサーフ」はコイ釣りに最適だと思いますが、価格が高すぎます(笑)。 上位機種のようなツインドラグではありませんが替えスプールも付いている「パワーエアロ スピンジョイXT」は実売価格13,000円強とお買い得だと思います。

 もっと安いものでは、私も使用している「チタノス・パワーエアロ GT6000」があり、だいたい実売6,000円強程度で購入できます。 見た目は安っぽいですがギア比が低め(3.8)でロングハンドルなのでパワーはかなりありますし、3BBで巻き上げも快適です。 またドラグのロック〜フリーの調整幅が狭く(180度くらい?)、瞬時に締めたり緩めたり出来るのは便利です。微調整が出来ないのは欠点ですが・・・

 さらに安いところでは、「アリビオ」という最廉価モデルがあり6000番(6号150m)と8000番(8号150m)のラインナップもあります。 摺動(スプール上下)方式がカム方式なので巻き上げ力には若干不安がありますがテクニックで何とかなるでしょう(笑)。 これらであれば4,000〜5,000円程度で購入できます。

ダイワ リーガルプラスBRi  長いことダイワのラインナップから廃れていた(海外では販売していた)大型BRクラッチリールですが、 2009年10月に久しぶりに復活しました。 その名も「リーガルプラスBRi」!久しぶりにリーガルの名称が戻ってきました(笑)。 安い店では実売価格7,200円程度と比較的廉価で、しかも替えスプール付きなのはうれしいですね。 インフィニットストッパーも装備し、かつてのものより進化しているようです。 でも、もうちょっとスプールの大きいラインナップがあるといいですね。

 フロントドラグ式大型リールでは、 チタノス・パワーエアロのようなクイックドラグを搭載した「タイドサーフ QD」「パワーサーフ QD」はコイ釣りにも便利でしょう。 安いところでは「クロスキャスト」がかなり低価格です。 廉価ながらもパワーエアロ等と同じくクロスギア(ウォームシャフト)方式を採用しているので、巻き上げにも不安はないでしょう。 またウェブカタログにはありませんが、クロスキャストの下位製品に「ショアキャスト」というモデルもあります。 オープン価格で4,000円弱〜6,000円程度で販売されています。 ウォームシャフト方式でこの価格は買いではないでしょうか?

 さらに安いところでは、大手量販店のカートで売られているダイワの「スプリンター」シリーズの4000番が使えるでしょう。 だいたい4,000〜5,000円くらいで購入できます。 まあ性能はたぶんアリビオと同クラスでしょう。

ページ上部へ↑

青玉 道糸の選択

● 太さ

 太さは最低でも5号は必要でしょう。 まあ実際には60cm前後までのコイなら3号でも簡単に上げられますが、 細糸だと無理に引き寄せることができず魚に走られ、 障害物に潜られたり自分や他人の仕掛けに絡んでしまったりしますので、 「最低でも」5号をおすすめしておきます。 自分が「確実に獲れる」という自信がある強さのラインを選択して下さい。 無理に細いラインを使用してラインブレイクしたら、 コイの口にハリや仕掛けが掛かったままになり、死に追いやることになってしまいます。

 ただし太さはタックルバランス、釣行場所に応じて選択する必要が出てきます。 竿とのバランスは重要で、バランスが合っていないと切れやすくなります。 例えば磯竿5号ならば、道糸も5号以上を使用する必要があります。 磯竿5号に道糸3号、などという組み合わせにした場合、道糸に大きな負荷が掛かり、非常に切れやすくなります。 特に投げ竿のような硬い竿を使用する場合は、太めの道糸を使用するようにした方がよいでしょう。

 障害物の少ない止水域・緩流域では5〜8号程度で十分ですが、 障害物の多いところでコイを一気に引き寄せたり、 流れが強いところで流れに逆らってコイを巻き上げるのはかなりのパワーを要しますので、 8〜12号の太いラインを使用することをおすすめします。 しかし太すぎるラインは空気抵抗や水の抵抗が大きく、 風で仕掛けがあおられたり水流に押されやすくなります。 あまりにも太いラインはおすすめできません。個人的には8号が万能かなと思います。

● 長さ

 長さは150mもあれば十分です。遠投の必要がない場合は100mでもいいと思います。 キャスティング時に割れやすいダンゴを投げるというこの釣りの性格上、そんなに遠投は出来ませんので。 普通のダンゴならば、計ったことはありませんがよく飛ばせても30〜40m程度じゃないでしょうか?しかし、 釣行前にダンゴを冷凍して大遠投する人も居るそうです(^^;

● 種類

ゴーセン 巨鯉伝説L

 種類はナイロンで良いでしょう。ショック吸収の役割もありますし、廉価です。 細くて丈夫なPEラインという選択肢もありますが、 PEラインを使用する場合はSiCガイドの竿を使用しないとラインが弱りますし、 比重の関係で浮きやすくまた風に流されやすく、置き竿には向いていません。 また、伸びがないためショックを吸収することができません。

 道糸は最近は高価なコイ専用のものも出ていますが、 そんな高いラインを使用しなくても、普通のボビン巻きのものでかまいません。 釣行回数が多い場合は、高いラインを購入するより、安いボビン巻きを購入し早めに交換を行うようにした方が良いです。 何度も使用した高級ラインよりも、新品のボビン巻きラインの方が間違いなく強いです。

 サンラインの「スーパー鯉」やゴーセンの「巨鯉伝説L」、 ダイワの「アストロン巨鯉」のようなわりあい廉価なコイ専用のボビン巻き・長巻きラインも販売されています。 これらの製品はラインに等間隔でマーキングが施されており、非常に便利です。 もちろんサンラインの「クインスター」、山豊テグスの「ビギII」など普通に売られているボビン巻きでも全く問題ありません。

 透明や濁色のラインの方がコイに警戒心を与えにくいとは思いますが、 スレが激しいポイントでなければラインカラーにそれほどこだわる必要はないと思います。

● 私の場合

 道糸にはあまりこだわっていません。強度よりも価格、視認性もしくは隠蔽性を重視しています。 数回使用したら逆巻きを行い、さらに数回使用してから新しいラインに交換してます。

 おもにサンラインの「スーパー鯉」の8号(ブラック)や山豊テグスの「ビギII」の6号(蛍光レモン)のようなボビン巻きを使用しますが、 カレイ釣りで使用している投げ釣り用色分けラインの5号をそのまま使用することもあります。 5号の道糸で獲れないサイズが棲む釣り場なんて近所にありませんので(^-^;

ページ上部へ↑

青玉 中糸(先糸)

NTスイベル 名古屋天秤

● 用途

 中糸は別に無くてもかまわないのですが、一般的には使用することになっています。 まあ道糸にオモリを遊動させるよりは安全ですので、やっておきましょう(^^;

 ハリスとしてではなく、ルアーフィッシングで言うところのショックリーダーに近いものとなりますので、 道糸の号数以上の太さのラインを使用します。 重いオモリが遊動し、底に接地しやすい部分なので、擦れても切れにくい丈夫なラインが必要です。 根ズレに強いフロロカーボンの10号以上がベストだと思いますが、フロロの太号柄は極めて入手性が悪く、しかも高価です(泣)。 地道に釣具店巡りをして探すか、通販で探さないとなかなか入手できません。 クレハの「シーガー」などがおすすめです。

 オモリが遊動できあたりが取れる長さで、キャスティングの支障にならない長さにします。 30cm〜1mほどで良いと思います。

 スパイク型オモリなど環付きタイプのオモリを使用したい場合は、中糸ではなく名古屋天秤などを使用します。 最近はこちらが主流のようですね。

● 私の場合

 油ヶ淵で会った鯉師の人は「中糸はナイロンラインの12号がいい」と言っていましたが、 ナイロンラインを使用してみたら中通しオモリで擦れてささくれ立ってしまったので、 現在は擦れに強いフロロカーボンの、呉羽化学の「シーガー」の12号を使用しています。 オレンジシーガーは根ズレに強くいい感じです。

 環付きオモリの場合は名古屋天秤を使用しています。 しかし、中糸使用時と比べて若干食いが落ちているような気もするのですが・・・(^^;

ページ上部へ↑

青玉 オモリ

● 種類・重さ

左から長型、小判型、ナツメ型

 中糸使用時には、オモリは中通しタイプのものを使用します。流れの速い河川では小判型、亀型、お多福型などが良く、 藻などが多く根がかりしやすいところではナツメ型、長型が良いでしょう。

 場所に応じてなるべく流されにくい重量のある号数を使用しますが、 後述する吸い込みダンゴにもかなり重量があるため、 竿の最大錘負荷よりも5〜10号軽い号数にしておかないと遠投は難しくなります。 私は止水域では10〜20号、少し流れがあるところでは15〜25号を使用してます。

 経験上、止水域でもできるだけ重いオモリを使用した方がコイの掛かりが良いようです。 自動あわせ効果があるのでしょうか?いまいちよくわかりません(^^;

 オモリの下には、ショック吸収用のゴム管を入れます。

● 私の場合

 ブッコミ釣りの仕掛けとして「捨てオモリ」が推奨されているのを散見しますが、 正直、有害な鉛を意図的に水中に残すような行為はちょっと・・・というのが個人的な感想です。 どうしても捨てオモリが必要であれば、鉄製の針金で石を括り付け、 東レフィールドメイトなどの生分解性ラインを捨て糸にした方がいいでしょう。 もっとも私はそんな場所ならブッコミ釣りは最初からあきらめますけどね(笑)

ページ上部へ↑

青玉 スピードスイベル

スピードスイベル(左)とパワースピードスイベル(右)

● 用途

 先糸と吸い込み仕掛けの結合は、 強度に優れた富士工業の「スピードスイベル」や、 NTスイベルの「フックドスナップ付 パワースイベル」などを使用することをおすすめします。 まあ普通のスナップ付きサルカンでもよっぽど大丈夫ですが、いちおう念のため・・・(^^;

ページ上部へ↑

青玉 市販仕掛け

オーナー吸込仕掛

● 市販吸い込み仕掛け

 コイ用の吸い込み仕掛けはほとんどの釣具店で売られています。 1個50円くらいから売られており、まあ、これらに不満が出ない限りは自作する必要はないでしょう(^^;

 一般的な市販吸い込み仕掛けはラセンとハリ(伊勢尼)4〜6本で構成されています。 一本だけハリスが長いハリがありますが、これは食わせエサを刺す役割があります。 食わせエサについては後述します。

 ハリのサイズは小型狙いでも伊勢尼8号以上が良いです。 「俺は中・小型狙いだからもっと小さいサイズを・・・」と思う人もいるでしょうが、 伊勢尼10号でも20cmクラスは釣れます。 小バリでは掛かりが悪くなります。特に7号以下はボラ用と割り切りましょう(笑)。 50cm以上がメインターゲットなら、最低でも12号を使用して下さい。

 ただ、市販品はハリ数が多すぎるんですよね・・・。どうも旧来の「吸い込み仕掛け」というものは、 ハリ数を多くしてコイの魚体に仕掛けを絡ませ、コイの抵抗を軽減させるというコンセプトで作られているようです(どっかで読んだ)。 釣ったコイを持って帰るならともかく、リリース前提であればできるだけコイへのダメージは小さくしたいところです。

 本格的にコイの吸い込み釣りをやる人は、市販仕掛けは使わず自作する人がほとんどのようです。 たぶん赤糸とラセンが気に入らないからだと思います(笑)。 しかし私は市販吸い込み仕掛けでも十分対応できると考えていますし、 自作するよりよっぽど安くあがりますので、 「魚へのダメージ」という点を考慮しないのであれば賢明な選択肢だとは思います(^^;

市販仕掛風自作吸い込み仕掛け
自作吸込仕掛 スイベル スピードスイベル(富士工業)
ハリス ウルトラダイニーマ巨鯉ハリス 8号(よつあみ)
ハリ チヌ鈎(銀) 8号(がまかつ)
カット黒チヌ 8号(オーナー)
備考  私が一番よく使う仕掛けです。市販仕掛けを参考に作ってるので、市販仕掛けに極めて近い構成となっています(笑)

 食わせバリの上にあるのは夜光玉(ソフト)です。 吸い込みパイプおよび夜光玉にハリスを通すのには針穴の大きい縫い針を使用しています。

 吸い込みバリと食わせバリの色が違うのは、作ってるときにたまたま銀色が切れただけで意図的なものではないです(^^;

遊動式吸い込み仕掛け
自作吸込仕掛 スイベル スピードスイベル(富士工業)
ハリス スーパーダイニーマ巨鯉ハリス 5号(よつあみ)
ハリ グラン巨鯉 15号(グラン)
備考  鯉人のホームページなどで紹介されている、遊動式吸い込み仕掛けです。 コイがハリに掛かると、他の余分なハリがゴム管のところまで遊動するため、コイの魚体を傷つけることを防げます。

 ゴム管に穴を開けるのには半田鏝を使用しました(^^;

● 自作吸い込み仕掛け

 機能的には市販仕掛けでも十分なのですが、店頭では小さなハリのヤツしか売ってなかったり、 やたらハリ数が多くコイの魚体に刺さりまくるのが気に入らないので、私はだいたい自作しています。 右の写真が私が普段作ってる吸い込み仕掛けです。仕掛け作りのヘタクソな例として見て下さい(^^;

 ハリスには通常のナイロン・フロロハリスではなく、ケプラーや、 強度に優れ糸癖がつきにくいコイ用の物を使用した方が便利です。よつあみの「巨鯉ハリス」シリーズや、 ハヤブサの「吸込赤糸」などがあります。

 よつあみの「巨鯉ハリス ウルトラダイニーマ」など巨鯉ハリスシリーズ、 ゴーセンの「巨鯉伝説」はダイニーマ、いわゆるPEラインで、 非常に強度に優れており、しなやかで吸い込みも良くおすすめです。 5号〜8号のものを選択すれば大丈夫だと思います。 強いとはいえやはり根ズレには非常に弱く、根ズレなどによりほつれが出てくると、 その部分の強度が極端に低下し簡単に切れてしまいます。 ラインにほつれが出てきたら交換して下さい。

 市販仕掛けに良く使われている吸い込み用赤糸は廉価で、もつれにくく扱いやすく、 通常ではしなやかさに欠けますが、水に浸かるとある程度しなやかになるので心配はいりません。 しかし意外と強度は弱く、疲労していると簡単に切れてしまうので注意が必要です。 またハリにも結びにくいため、 私は結び目をアロンアルファ(ソフト瞬間)で補強しています。

 ダンゴ離れを防ぐ役割のある「吸込ラセン」も市販されていますが、別に使用しなくてもかまいません。 吸い込み仕掛けを自作する人はラセンを使用しない人が多いようです。 しかしラセンを使用するとダンゴが離れにくくなり遠投性も向上し、 固いダンゴなら水底で引きずったりしても平気です。 投げ竿で遠投したりすることが多い私は、小さめのラセンをよく使用してます(^^;

 ハリは鯉鈎、伊勢尼、チヌ鈎、海津、丸セイゴ、ソイ鈎を使用する人が多いようです。 軸が太すぎて重量があるようなものは避けた方が良いですが、 だからといって軸が細すぎるものは折れてしまうこともあるので、あまり細いものは使用しない方が良いです。 私は売ってる店が多く強度もあり掛かりも良好なチヌ鈎7号以上を好んで使用しています。 細身で軽いので吸い込みも良好ですし、今のところ折られたことはありません。 もっと大号数が欲しいけど売ってない・・・

 私は吸い込み部2〜3本、食わせ1本で作ることが多いです。 普段市販仕掛けを使用している人にはハリ数が少ないように見えるかもしれませんが、 実際これでも十分掛かります。 ハリ数を多くするともつれて絡んだり、余分なハリがコイの魚体に刺さりまくったり、 たもに引っかかったりして大変です。

 吸い込み仕掛けの収納にはなかなか困ります。タックルボックスにそのまま入れるともつれたり、 他の道具などに絡みついてしまいます。私は小さなチャック付き袋に小分けにしています。

ページ上部へ↑

青玉 エサ

● ダンゴ用配合餌について

 吸い込み釣りでは配合餌などで大きめの団子を作り、その中に吸い込み仕掛けを埋め込みます。 単に寄せる効果だけではなく、 コイはエサを吸い込むようにして食べる習性を持っているため、 ダンゴを吸い込んでいるうちにハリも吸い込んでしまうのです。

 コイの吸い込み用配合餌は、マルキュー、ダイワ、ふまつげんなどから色々種類が出ています。 吸い込み用配合餌には、動物性成分が多く配合されている物や、 植物性成分が多く配合されている物など色々ありますが、 コイがどのようなエサを好むかは場所や季節によって大きく異なります。 釣り場に何度か通って、その釣り場のコイの嗜好を見つけだすしかないでしょう。 いろいろな種類をブレンドして試してみて下さい。

● 配合餌のブレンド

 市販されているコイ用の配合餌は単品でも使えないことはありませんが、 集魚力・拡散性など色々考える場合は何種類かブレンドすることになるでしょう。 例えば流水域で長時間底に残るエサにしたい場合は、大粒の素材を多く配合し、 緩流・止水域で拡散性の高いエサにしたい場合は微粒子素材を多く配合するなど色々工夫する必要があります。

マルキュー 巨鯉 大鯉研究所 龍王 ダイワ ビッグ1鯉 川スペシャル
○ ベース系

 吸い込みダンゴのベースエサとして最適なのが、マルキューの「巨鯉」と大鯉研究所の「龍王」です。 この二つは量の割には安く、また固くバラケも良好なダンゴを作ることができます。 また大粒素材もバランス良く配合されており、非常に使い勝手の良いエサです。 これらのエサをベースとすると使いやすいエサが簡単に作れます。 これらは単品でも使用できますが、必要に応じて後述する集魚力の高い配合餌を配合して下さい。 この他にもマルキュー「鯉パワー」「鯉パワースペシャル」や、 ダイワ「ビッグ1鯉 川スペシャル」などもベースエサに向いています。


マルキュー 鯉武蔵 ふまつげん 芋ごい マルキュー いもグルテン
○ さつまいも系

 とりあえずどのような釣り場でも、コイがさつまいもを好むのは間違いなさそうです。 さつまいも成分が大量に配合されたマルキューの「鯉将」「鯉武蔵」、 ふまつげんの「吸込み鯉太郎」「芋ごい」などの配合餌を混ぜると良いです。 さつまいもはツナギ効果が強いため、遠投性も向上します。

 なにげにマルキュー「いもグルテン」の画像も載せてますが、 私が使うだけで、普通は吸い込み釣りには使われません(笑)。 いもグルはグルテン繊維によるツナギ効果が非常に強く、 流水域では重宝してます(^^;


マルキュー スーパー鯉むぎ マルキュー ムギコーン
○ 大粒素材系

 ダンゴがバラケても、流れで全部流れてしまったりジャミに全部食われてしまっては話になりません。 流れが強い場所やジャミが多い季節には、底に残りやすくジャミに食われない大粒素材を多用すると効果的です。 先述の「巨鯉」「龍王」にも大粒素材は多く含まれています。 専用のものではマルキューの「スーパー鯉むぎ」がありますが、 困ったことに私の住む地方ではあまり売られてないため、 クロダイの撒き餌用であるマルキュー「ムギコーン」を転用することもしばしばです。 これらを多く配合すると水中でダンゴが崩れやすくなります。


マルキュー 鯉スパイス ダイワ 鯉にんにく マルキュー マッシュポテト
○ 拡散系

 止水域や緩流域では粒子が拡散しにくく、広範囲のコイを寄せることが難しくなります。 そのため強烈な臭いを発散するエサや、拡散しやすい微粒子の配合餌を使用することで効果が出ることもあります。 臭いで寄せるものではマルキュー「鯉スパイス」、ダイワ「鯉にんにく」などがあります。 拡散効果を求めるのなら、バラケ性に優れたヘラブナ用のエサを配合すると効果的です。 マッシュポテトを配合するとバラケ促進効果も期待できます。


ふまつげん 鯉素 マルキュー コイミー
○ 摂餌系

 ここまで紹介した種類のエサをブレンドしても釣果が上がらない場合は、 摂餌効果の高い成分を配合することで釣果が上がる場合もあります。 マルキューの「鯉のぼり」や、ふまつげんの「鯉素」などはウキ釣り用の練り餌のため摂餌効果が高く、 思わぬ効果が上がることもあります。またコイ養殖用のエサである「スイミー」を釣り餌に転用した、 マルキュー「スイミー粉末」「コイミー」、ふまつげん「クイミー粉末」「金線クイミー」も摂餌効果が高いので、 ブレンドすることによって釣果が飛躍的に向上することもあります。 しかしこれらのエサは小ゴイやジャミも寄せてしまうため、 季節・場所によってはあまり使用しない方が良いです。


マルキュー 五大魚 マルキュー さなぎ粉
○ 動物性素材系

 配合餌にはマルキュー「鯉師」「五大魚」「鯉人」など動物性成分を多く配合しているものや、 マルキュー「さなぎ粉」など動物性成分そのものもあります。 その他にも、前述のスイミーにも動物性成分が多量に含まれています。 これらも集魚効果に優れていますが、 これらを使用すると小ゴイやボラ、ニゴイのエサ取りにあう可能性が高くなるため、 大ゴイを狙うには動物性成分のエサは使用すべきではないと言われています。 しかし動物性成分のエサでも大ゴイは釣れますので、 数狙いの場合は多量に使用してもいいと思います。最近私はあまり使いませんが(^^;


 しかしここで紹介した配合餌はどこでも入手できるとは限りません。 私がコイ釣りを始めた頃、釣具店にはコイ用の配合餌は「大ごい」と「みどり」しかなく、 仕方なく「大ごい」を使用し毎回ボウズで帰ってきたものです。 そのおかげでコイ釣りが嫌になってしまい10年間やらなかった(笑)。 今でこそ量販店で色々種類が選べるようになってきましたが、 近くに大型量販店がない場合は入手困難です。

 市販の配合餌を使用しなくても、代用できるものはたくさんあります。 「巨鯉」などの大粒餌の代用には小型家畜用(鶏・子豚など)の飼料、 「鯉将」などさつまいも配合餌の代用(?)には本物のさつまいもを蒸かしてすり潰したもの、 「スーパー鯉むぎ」の代用にはスーパーで売っている押し麦などが使用できます。 あとはツナギとしてどこでも買える「大ごい」や米ぬか、 集魚効果を求めるならエサ釣り用の練り餌の「マッシュポテト」などを使用すればいいでしょう。

 その他にもパン粉・ご飯・麩(ふ)・砂糖・小麦粉・魚肉ミンチなどなど、 自宅にある物をブレンドしても面白いですし、エサ代の節約にもなります。 いろいろ工夫してみて下さい。

● 吸い込みダンゴ材料のインプレ

 私が使用したことがある配合餌・練り餌・配合材のインプレを書いておきます。 私の住む地方では、コイの吸い込み釣りはあまり盛んではないため、 コイ用のエサは「大ごい」と「みどり」くらいしか置いていない店もあるくらいです。 とほほ・・・

 そういえばふまつげんは倒産してしまったらしいです。 非常に残念、てゆうか困ってます。サブウェポンだった「吸込み鯉太郎」がもう入手できないなんて・・・

龍王 大鯉研究所 おすすめ。4kgで1,300円と安く、大粒素材・荒粒子を多く含むのでベースにしやすい。 私はわざわざ一宮の釣具店まで行って買ってきましたが(笑)、ウェブサイトからでも購入できます。
巨鯉 マルキュー おすすめ。荒粒子・大粒ベースエサの代表格。固いダンゴを作れ、水中では崩れやすくバラケも良く使いやすい。 しかしアリも食わない赤い粒の正体は一体なんだろう?
鯉パワー マルキュー 破砕コーンなど荒粒子を多く含みベースエサに向いている。バラケも良好。 大粒素材は含まれていないので、場所により「スーパー鯉むぎ」なども併用したい。
鯉パワースペシャル マルキュー 「鯉パワー」とは違いわずかに大粒素材が含まれているが、基本的に細粒子主体の配合餌。 植物性素材がメインですが、他の商品と比べてもこれといって特色がないような・・・(^^;
ビッグ1鯉 川スペシャル ダイワ ダイワ唯一の植物性素材100%の吸い込みエサ。さつまいも成分を多く含み、荒粒子・細粒子などがなかなかバランス良く配合されているため、 単品でも使用できます。あまり売られていないのが難点。
イモ吸い込み マルキュー さつまいも成分を多量に含み、大粒素材として乾燥いもの粒が使用されているという豪華なエサ。 理想的なエサで、単品でも十分使えますが、やや高価なので他製品と混ぜて使うといいでしょう(^^;
鯉師 マルキュー 大粒素材を多く含み、単品でも使用可。動物性成分を多く含むので、 大ゴイが寄る前に小ゴイに食われてしまう。まあ冬場や数狙いにはいいかも。 私はもう使いませんがね(^^;
大ごい マルキュー 昔からある安い配合餌ですが、実は私は一回も釣れたためしがなくほとんど使用してません(笑)。 飼ってたコイにエサとしてあげても食わなかった。本当に釣れるのだろうか?(^^;
五大魚 マルキュー 大ごいをベースにウニや卵黄など動物性成分が多く配合された配合餌。 微粒子で拡散性に優れています。中型クラスを狙うにはなかなか良いエサだと思う。
みどり マルキュー 昔からある安い配合餌。何の成分なのかよくわかりません。かなり強い粘りが出るため、 ダンゴを固くするのに向いている。私はあまり使いません。
鯉素 ふまつげん おすすめ。強烈な臭いを発散します。 油ヶ淵のウキ釣りではもっとも人気がある配合餌ですが、 残念ながら製造中止らしいです。「鯉のぼり」で代用しましょう。
鯉のぼり マルキュー 鯉素とよく似た配合餌で、効果もほぼ同じ。非活性期などに配合すると効果が望めますが、 多量に使用するとジャミも集めるので注意。 混ぜすぎるとバラケなくなる。
鯉将 マルキュー おすすめ。さつまいも成分が大量に配合されているのでまとまりを出しやすく使いやすい。釣果もかなりある。 しかし、さなぎ粉らしきものが少し入っている?のが気になります。
鯉武蔵 マルキュー さつまいもと大麦主体の配合餌。 かなり粘りが出るので配合餌をまとめるのにも便利。 まとまりが出てもバラケには影響が少ないので使いやすい。 しかし、ちょっと量が少なくないか?
吸込み鯉太郎 ふまつげん おすすめ。植物性素材100%でさつまいも成分が多量に配合されており、 また中粒子なのでバラケ性も良好。上州屋もこういういいエサを置いてくれ。
芋ごい ふまつげん さつまいもの甘い香りが強烈で大ゴイに最適。ツナギとして使用したり、 固く練り込めば食わせにも使え、いもようかんも作れるという便利なエサ。量が少ないのが難点。
鯉にんにく ダイワ にんにく大量配合。油ヶ淵など、場所によっては効果があります。 実はにんにくよりも配合されているパン粉の方が効果的だったりするかも(笑)。さなぎ粉が配合されてなければ最高なんだけど・・・
0909 マルキュー 強烈なカレースパイス臭ですが、今のところ釣果なし。 海で撒き餌に使ったらグレ・アイゴが寄ってきたので、コイも食わないことはないと思うけど・・・
九ちゃん マルキュー 「何でも釣れる」と書いてあったので単品で使ったら何も釣れませんでした。 非常に安いので単にツナギとして使ったり、集魚力を持たせたくない時に使うにはいいでしょう。
いもグルテン マルキュー 本来はウキ釣り用の練り餌ですが、かつては車に常備していたためよく使いました。 さつまいもの成分がコイを強力に引きつけます。 長時間まとまりが持続するので流水域で使用すると効果的。
浮子鯉 マルキュー 「ウキ釣り専用」と明記されていますが、 吸い込みダンゴに配合しても釣れました。かなり粘りが出る。 下記の天下無双とウキ釣りのセットで使うべきエサで、 吸い込み釣りにわざわざ使うこともないです(^^;
天下無双 マルキュー これも吸い込みダンゴに配合してみたら釣れました(笑)。 バラケ性はなかなか良好。吸い込み釣りに使うにはちょっと高いのでもう使うことはないでしょう(^^;
マッシュポテト マルキュー 水に溶けやすくバラケ促進効果が高く、広範囲の魚を寄せるのに役立ちます。止水域・緩流域では必ず配合してます。 本来は水に馴染ませてから使うものだがあえてそのまま配合。 混ぜすぎると一瞬でバラケてしまうので注意。
1:1粉末マッシュ マルキュー 同じくマッシュポテトだが、上記マッシュポテトよりフレークが細かくなっており配合しやすい。 また香料が入っているため甘い匂いがする。普通のやつのがいいかも(^^;
ボラ吸込み マルキュー 青海苔大量配合。微粒子で非常に拡散性が高く、バラケが良い・・・というよりまとまりがまったく出ない(笑)。 まあボラ用だしね・・・。油ヶ淵で他のエサに混ぜて使用することも。しかしこれ単品でどうやって使うんだろう???(^^;
金線クイミー ふまつげん コイの養殖用エサ「スイミー」の釣り餌版。川・野池などでも意外と集魚力がありますが、 動物性成分が使用されておりジャミも集めるので注意が必要。
さなぎ粉 マルキュー 絹糸を取り終わったサナギ(蚕)を粉末状にした物。 軽いため拡散性も高い。 春先など場所によっては効果がありますが、ジャミも集めるので注意が必要。
さなぎ荒びき ダイワ サナギを細かく挽いた物。「荒びき」「細びき」がある。 マルキューの「荒びきさなぎ」方がグラムあたりの値段は安い。 荒びきはダンゴを崩れやすくする効果も。
スーパー鯉むぎ マルキュー おすすめ。荒粒子の麦が底に残り、ダンゴを崩れやすくする。「鯉素」などカチカチになるエサを多めに使用するときは重宝します。 釣果もかなりあります。ちょっと高い。
ムギコーン マルキュー 「スーパー鯉むぎ」を置いている店が少ないので、よく代用してます。 本来はクロダイ用ですが、これも荒粒子の麦とコーンがバラケを促進し底に残ります。しかし高い。
押し麦 不明 ドラッグストアで安売りされていた食用のものです。 「スーパー鯉むぎ」の代用として使用していますが、釣果は良好です。 しかし人間様のエサのが安いとはね・・・(^^;
パン粉 不明 スーパーなどで売っているパン粉。非常に安く、バラケも良好で拡散性もありかなりの集魚効果が期待できます。 しかしダンゴが軽く脆くなりやすいのと、マブナも良く集めてしまうのが欠点(^^;
コーンフレーク 不明 あの牛乳をかけて食べるやつです。少し砕いて配合してみましたが、 浮いてきてしまうやつもありあまり意味がないかも(笑)。今のところカメしか釣れていません(^^;
粉末黒砂糖 不明 さつまいも系エサの甘みを増すために使用します。手にべとつくのが嫌。 別に黒砂糖じゃなくても普通の砂糖でもいいと思いますが、 気分的にね(^^;
ご飯 不明 炊いた白米。残飯を捨てるのがもったいないので混ぜてみましたが(笑)、 ちゃんとコイは釣れました。人家が近いところで有効かも。粘りを消すためにマッシュポテトなどが必要。
鯉にこれだ!! マルキュー コイ用添加剤。サナギ・ザリガニエキスが濃縮されており、食い渋るコイに効果があるという。 ジャミやボラも集めてしまうこともあるので量はほどほどに。
チヌにこれだ!! マルキュー 本来はクロダイ用添加剤ですが、ダンゴに混ぜてみたら見事にコイもボラも釣れました(笑)。 サナギエキス配合。 「鯉にこれだ!!」より甘いにおいがします。

マルキュー : http://www.marukyu.com/
ふまつげん : http://www.fumatsugen.co.jp/
ダイワ精工 : http://www.daiwaseiko.co.jp/fishing/
大鯉研究所 : http://www.ogoi.org/

 ダンゴの大きさは、キャスティング時に割れない程度に作ります。 私はだいたい、小さくてにわとりの卵くらい、大きくてテニスボールくらいに作っています。 一般的にはもっと大きく作る人が多いかな?

 絵が汚くてごめん(^^;

● ダンゴの固さ・大きさ

 私が子供の頃に読んだ「川釣り入門」(小学館?)では、 コイがダンゴをパクッとそのまま食べるイメージイラストが描かれていましたが、 最近では練り込んだダンゴを食わせるのではなく、 完全に崩れたダンゴをハリと一緒にコイに吸い込ませる、または寄せ餌として使う方法が現在の主流です。 私もこの方法を用いるようにしてから、釣果が飛躍的に向上した・・・ような気がする。たぶん(^^;

 基本的な作り方は、まずボウルにすべての配合材料を入れ、混ぜて均一にします。 次に水を少量ずつ入れ、全体に軽く染み渡るように指先を熊手状にして軽くかき回します。 この時に練ってはいけません。数分後配合餌が全体に水に馴染んだら完成です。

 流れがほとんどない下流部や湖沼ではほぼそのままダンゴを握り、 バラケやすくします。遠投が必要な場合や流れが強いところでは、 ツナギ効果の強いさつまいもが大量に配合されている配合餌を大量に加えるか、 少し練り込んでからダンゴを作り、簡単にバラケないように作ると良いです。 ただし練り込み過ぎるとダンゴがバラケなくなるので注意して下さい。

● 食わせエサ

マルキュー 手づくり芋  吸い込み仕掛けの長糸のハリには食わせエサを刺すことになっているのですが、 実際のところ食わせ鈎より吸い込み鈎に掛かってくるケースの方が多いため、 食わせエサは必ずしも必要ではありません。 しかし釣り場によっては食わせエサにしか掛からなかったり、 川の流れが速すぎて吸い込みエサはすべて流れてしまうという場合もありますので、 食わせエサも場所によっては非常に重要です。

 食わせエサも釣り場によってコイの嗜好は変わりますが、 ミミズ、ゴカイ、タニシなどの生き餌や、さつまいもの角切り、食パン、 バイオワーム、サナギ、コーンなどが使用されています。 しかしタニシはともかくその他のエサは外道に食われてしまう可能性も高いので注意が必要です。

 芋の角切りの代わりに、マルキューの「いもようかん」「コーンようかん」「手づくり芋」や、 ふまつげんの「芋ごい」、ダイワの「ソフトいも丸」を使用してもいいです。 特に「手づくり芋」はエサ持ちが非常に良く長時間残るし、保存もきくので使いやすくおすすめです。

 下流域ではゴカイが大変有効なのですが、小ゴイに食われてしまったり、 ボラなど雑魚に食われてしまう可能性が非常に高いので、 使用するのは冬・春先などジャミの少ない季節にした方がいいです。

● 私の場合

私の(悪い)配合例
命名 配合 説明 使いやすさ 釣果実績
油ヶ淵スペシャルI 龍王4 + 鯉武蔵2 + 鯉素2 + 鯉にんにく2 油ヶ淵下流域仕様。龍王をベースに、油ヶ淵で実績の高い鯉素と鯉にんにくをブレンド。 遠投性を重視した固めの配合。 しかしこの配合だとボラが・・・
油ヶ淵スペシャルII 龍王5 + 吸込み鯉太郎2 + マッシュポテト2 + 押し麦1 油ヶ淵上流域仕様。龍王をベースに、モロコなどジャミに強い大粒素材を多めにした配合。 しかしなんでこの配合でもボラが・・・
ちょんゴイスペシャル 鯉師4 + 五大魚2 + 鯉素2 + さなぎ粉2 数狙い仕様。小さくてもいいからとりあえずコイが釣れればいいやという気分の時の配合(笑)。 でも実際はあまり釣れてません(^^;
いもいもスペシャル 鯉将2 + 鯉武蔵2 + 芋ごい2 + マッシュポテト2 + スーパー鯉むぎ2 さつまいもの甘い香りが強烈。 マッシュポテトの効果で拡散性も抜群。 水を多めに加えて柔らかく作るので遠投は出来ません。止水域専用。 ソウギョも釣れる(笑)
巨鯉いもブレンド 巨鯉5 + 鯉武蔵2 + 芋ごい2 + マッシュポテト1 巨鯉ベース。遠投もでき使いやすさは抜群だが、なんだかあまり釣れません。 う〜ん、拡散性に欠けるかな?でも流水域ではこれのがいいかも。
いもグルオンリー いもグルテン10 はっきりいってバラケません(笑)。しかし流水域でも寄せ効果が長時間持続し、 コイがダンゴをそのまま食うこともあります(^^; ×

 食わせエサは、マルキュー「手づくり芋」をメインに使用してます。 何と言ってもお手軽!釣りたいときにいつでも使用できるのは大変便利。しかも良く釣れます。 しかしマブナやカメのエサ取りにあうので困ります。 やはり最近流行のタニシやボイリーを使うべきだろうか?

 場所によっては水ゴカイも使用しますが、キャスティングの際にちぎれやすいのが難点。 石ゴカイを使用したこともありますが、食いは落ちるもののコイを釣ることは出来たので、 汽水域ではけっこう使えるかもしれません。

ページ上部へ↑

青玉 その他道具

昌栄 大鯉玉の柄 昌栄 鯉用玉網枠
昌栄 鯉用替網

● 玉の柄

 大ゴイを水面から竿だけで引っこ抜くのは不可能に近いです。 必ずタモ(玉網)を購入して下さい。 私は、コイを釣る上で玉網は、竿やリール以上に重要な要素だと考えています。

 釣具店でよく売られている磯釣り用玉の柄はコイの重みで曲がってしまい扱いにくく、重みで折れてしまったりします。 玉の柄は丈夫でコイの重さにダレにくいしっかりした硬いもので、 長さは3m以上のものが使いやすいでしょう。 ちなみにコイ専用の玉の柄は大鯉研究所の「龍王タモの柄 3.6m」(定価16,000円)や、 昌栄の「大鯉玉の柄」(実売価格7,000〜8,000円くらい)などがあります。 しかし販売している釣具店は極めて限られるため、通販に頼ることになるでしょう。

 ちなみに磯用玉の柄でも、柄先側1〜2ピースを抜き、 釣具店で売られている玉枠ジョイントを取り付ければコイの重みにもダレないしっかりした玉の柄になります。 激安品や中古釣具コーナーで売られているものでいいでしょう(^^;

● 玉枠

 玉枠の直径は60cm以上のものが良いですが、丈夫なものを使用しないとコイの重みで曲がってしまいます。 磯用の四つ折り玉枠はコイ相手にはかなり厳しいです。 アルミ製のものではすぐ壊れてしまうでしょう。 そこそこ強度があるステンレス製であっても、巨鯉やソウギョだとぐんにゃり曲がってしまいます(^^;

 やはり強度のあるコイ専用のものがおすすめです。 専用品では昌栄の「鯉用玉網枠」などがありますが、 釣具店で見かけることはほとんどありません(泣)。 比較的安価に受注製作してくれる店もあるようなので検索してみましょう。 私は大鯉研究所の60cmワンピース玉枠(網付き)を使用しています。 現在は10,000円以上しますがステンレス製で極めて丈夫で、おすすめです。 もっと大きいサイズの方がコイを取り込みやすいはずですが、持ち運びが・・・

● 玉網

 玉網は深さがあり丈夫な材質のものを使用して下さい。 よく売られている磯用の60cmナイロン網は廉価でコイの悪臭がつきにくいという利点がありますが、 コイの魚体へのダメージが大きく、また強度があまりありませんのですぐブチブチ切れてしまいます。 大ゴイを狙う場合は丈夫な編み糸を使用している網を使用することをおすすめします。

 編み糸の60cm玉網は大型量販店クラスであればけっこう置いてあります。 専用品では昌栄の「鯉用替網」などがあります。

● 竿立て

 竿を立てあたりを待つ釣りなので、竿立てが必需品となります。 コイ釣りでは石鯛釣りなどに使われるピトン&竿受けがよく使用されていますが、 竿の数だけ揃えるとなると非常に高くつきます。

 そんな高い物を使用しなくても、釣具店の店先にあるような普通の投げ釣り用竿立てでかまいません。 私も昔からずっと使っていますが、地面にしっかりと刺せれば何の問題もありません。 後述しますが、リールのドラグをユルユルに緩めてあれば、普通の竿立てでも竿を持って行かれることも倒されることもありません。 投げ釣り用竿立ては、上州屋だと380円とかで売ってます。

 コンクリートや石積みなど竿立てを刺せないところでは、 投げ釣り用の三脚でも良いです。 三脚は、台座の下にあるフックに水や石を入れた水汲みバケツやビニール袋を引っかけておくことにより安定させます。 また、三脚は水面側に一本、手前側に二本の脚が来るようにセットしないといけません。 正しい使い方を知らない人が「三脚は簡単に倒れる」との風評を広げたんじゃないか?と思ってます(^^;

● 鈴・センサー

 間隔を置いて竿をセットする場合や夜釣りの場合は、 竿を見ていなくてもあたりを確認できる鈴やセンサーがあると便利です。

 あたりはドラグの回転音でも確認できますが、 竿先に鈴をつけておけば、離れていても良く聞こえます。 釣具店でクリップ付きの鈴が売られています。竿の数だけ購入しても大した出費にはならないでしょう。 ただ、仕掛けの回収時や魚との格闘中もチリンチリンうるさいのが難点です(^^;

 鈴よりアタリセンサーのが便利ですが、無線タイプのものは非常に高価です。 コイ釣り雑誌とかをあまり読まない私は詳しく知りませんが、 人から聞いた話では、コムテックの「フィッシャーマン」がコイ釣り師の人たちに人気があるらしいです。お金のある人はどうぞ(^-^;

 大音量ブザータイプのものはそんなに高くありません。しかし比較的廉価だと思われる、 ナカジマの「ヒットセンサー X-1」でも定価3,000円しますので、 無理に買うこともないと思います。下手すれば安い投げ竿がもう一本買えちゃう値段だしね(^-^;

● その他

 配合餌を混ぜるボウル、水汲みバケツなどもあった方が良いです。 また市販の吸い込み配合餌の袋にはチャックがついていませんので、 スーパーなどで大きめの食品用ジッパー付きビニール袋を購入し、 そちらに移しておくと良いです。

 その他、メジャー、スケール、バネばかり、カメラなどはお好みで(^^;

● 私の場合

 玉の柄はノーブランドの「ドリームキャッチャー磯玉 450」の柄先側1ピースを抜いたもので、だいたい3mくらいです。 玉枠はスノーピークの60cmの四つ折りタイプに磯用の網を使用していましたが、ソウギョの重みで曲がってしまい、 玉網もブチブチ切れてしまいました。 しかし大鯉研究所の60cmワンピース玉枠網セットを購入したのでもう安心です(^^;

 昔は鈴を使用していましたが、現在はナカジマの「ヒットセンサー X-1」を三個使用しています。 大音量なので遠くにいても聞こえますし、発光ダイオードでどの竿に来たのかもわかります。 しかし気を抜けないのは変わりないので、やっぱり無線タイプのが欲しいな・・・

ページ上部へ↑

青玉 釣ってみよう

● 季節

 コイは一年を通して釣れる魚ですが、やはり他の魚と同じように良く釣れるシーズン、あまり釣れないシーズンがあります。 コイ専門でやってる人は年中狙っていますが、私のようなお気楽釣り師は釣れるシーズンしかやりません(^^;

 まず春ですが、私の住む東海地方では3月初め頃からぼつぼつと浅場に出てきて釣れ始めます。 そして4月半ば頃になると産卵前の荒食いが始まり、浅場で大型が良く釣れるようになります。 この季節はまさにベストシーズンで、コイ釣りを体験してみたい人はまずこの季節から始めるのが面白いでしょう。 しかし5月初め頃から産卵期に入ってしまい、5月半ばから産卵後の梅雨期にかけてあまり釣れなくなります。 エサはダンゴに芋角でもいいですが、河口に近いところでは水ゴカイも大変有効です。

 夏の釣りは厳しいです。暑くてしかもあまり釣れないので人間様が持ちません(笑)。 この季節は水温上昇により水中の酸素量が低下し活性が落ちます。 常に流れ込みのある場所、雨が降った次の日などが狙い目です。 夜釣りでやる人もいるそうですので、興味があったらGoogleで検索してみましょう。

 秋にはいると数釣りのベストシーズンになります。10月頃から冬眠前の荒食いをするため数が出ますが、 小ゴイやニゴイ、マブナもよく釣れます。 動物性のエサを避けたり工夫しないとエサ取りの猛攻に遭います。 春と違い、浅場よりも少々深みのあるところが実績があります。 急なかけあがりのある場所、落ち込みのある場所などがよいでしょう。 だいたい11月末までは釣れます。エサは水ゴカイもいいのですが、ハゼのエサ取りがやっかいです(笑)

 冬は一発大型狙いのシーズンとされていますが・・・寒いので私はやりません(笑)。 きっと深くて流れがほとんど無いようなところが良いのだろうと思います(適当)。 水ゴカイがいいらしいです。

● 場所

 ここ10年ほどの間に、コイが異常に増えたような気がします。 農業用水路には60cmオーバーのコイがウヨウヨ泳いでいますし、 幅100cm水深30cm程度のドブに50cmオーバーのコイが泳いでいるのを見るのも珍しくありません。 水質の悪化により、汚染に強いコイだけが生き残ったからなのかも知れません。

 そんなわけで、著しく汚染された水域を除けば、たいていの止水域・緩流域にコイは生息しています。 止水域・緩流域ではコイの成長が阻害されにくいため、大きく育つという話も聞いたことがあります。 コイの主食となる底生成物やプランクトンが豊富な水域がベストでしょう。 水がキレイな場所で釣る方が難しいかも知れません(^^;

 流れがあってそこそこの深さがある河川では大型の期待が持てます。 東海地区では木曽三川などの大河川での釣果を良く耳にしますね。 流れがあれば吸い込みエサがバラケることによって下流のコイを寄せて釣ることも出来ますが、 エサの配合に気をつかわないと全部流れてしまうので注意です(笑)

 なお、近くでルアーをジャボンジャボンやられたりするとハッキリ言って釣れません。もの凄くウザイです(笑)。 できればルアーマンがあまり来ない場所でやりたいですね。 ちなみに私はルアーもやるのですが、この時は竿を何本も出して広範囲を占拠している鯉師が非常にウザかったりします(爆)。 ほんと勝手ですねえ(^^;

● 釣り方

 竿は数本以上出すのが望ましいですが、中型の数狙いの時などは1本でもかまいません。 吸い込み釣りは決して大ゴイ狙いだけのためのものじゃないんだぞ(^^;

 私が目撃したコイ釣り師のほとんどが、竿を多く出しすぎ&広範囲に場所を取りすぎですね。 油ヶ淵では6本以上の竿を出している鯉師を目撃したこともあります。 まあ数打ちゃ当たるというのもわかりますが、「下手の長竿」ならぬ「下手の多竿」ですな(笑)。 各所で行われているコイ釣り大会の規定のように、せいぜい3本までにすべきだと思いますが・・・。 たった3本でもダブルヒットとかになってしまい困ることはよくありますよ。

 仕掛けを投げる方法は基本的には投げ釣りと一緒ですが、 キス釣りなど大遠投するときのように乱暴に投げると簡単にダンゴが割れてしまいますし、 おそらく竿の最大錘負荷重量を超えているので、無理に投げると竿が折れるかもしれません。 構えたときの垂らしはダンゴも宙に浮くようにし、 ダンゴが割れないようにしなやかに無理をせず、だんだん加速をつけるようにして投げます。

 仕掛けを投入したら道糸を張り、ドラグを緩め、あたりがあったときにラインが出ていくようにしておきます。 あたりはドラグの回転音でも確認できます。 ドラグを空けておくことで食い込みも良くなりますし、竿をコイに持って行かれる危険も減ります。 この方法を使う場合はドラグピッチが荒いリール(パワーエアロ, チタノス・パワーエアロなど)の方が便利ですね。 BRクラッチリールならそんな必要もないですが(^^;

 あたりは、かすかに竿先が動き、その後大あたりがくることも多いですが、 いきなり大あたりがくることもあります。 ドラグからラインがどんどん出ていくときは、コイがエサをくわえて走っています。 スプールを手で押さえ、あわせを入れます。 掛かったらドラグをただちに締め、コイとの格闘に入ります。

 大ゴイの引きは想像を絶するものがあります。竿を立てドラグの調節を適切に行い、 コイを疲れさせ時間をかけてゆっくり引き上げます。 近くまで寄せたらなるべく口を上げて空気を吸わせ動きを鈍らせ、 たもで引き上げます。

● 道糸沈め

 雨が降った翌日など、ゴミが水面を流れてきて道糸に引っかかってしまい釣りにならないことがよくあります。 また漁船の通り道となっているところでは道糸がスクリューに巻き込まれて切られてしまいます。 そのような状況で釣りをする場合は、道糸沈めを使用してみましょう。 道糸の張りを緩め、ナス型オモリ・小田原型オモリの5〜15号をダブルスナップサルカンを使用して道糸に引っかけ、沈めるだけです。

● 打ち返し

 長時間経ってもあたりが無いようなら、仕掛けを回収しダンゴをつけなおしますが、 再度投入するときもできるだけ同じ地点に投げ込むようにします。

 その打ち返し時間はダンゴエサの配合・食わせエサの種類や流れによって異なります。 荒粒子素材を含まないバラケ重視のエサの場合は早めの打ち返しが必要になりますし、 ミミズ・ゴカイのような活きエサを使用している場合も早めの打ち返しが必要になります。 しかし大ゴイを寄せるためには長い時間を要しますので、 早すぎる打ち返しはエサの無駄です。

● 私の場合

 私は油ヶ淵のような緩流域でコイ釣りをすることが多く、食わせに「手づくり芋」を使用しているときは3〜4時間は打ち返しません。 ゴカイでも2時間くらいは入れておきますね(^^;  

ページ上部へ↑

釣りコーナーへもどる トップページへもどる