川・湖沼での釣り - ウキ釣り


川・湖沼ウキ五目仕掛け
のべ竿(へら竿など) 3.6〜5.4m
のべ竿
道糸
道糸 道糸 0.8〜2号(竿の長さより短く)
ウキ 小型ウキ(ゴム管で固定)
道糸
オモリ オモリ
サルカン サルカン
ハリス ハリス 0.4〜1号 20〜30cm
ハリ ハリ 袖 3〜6号など




 釣りの基本である、のべ竿のウキ釣り仕掛けです。 非常に単純な仕掛けですが、これから釣りを始めようとする人にはもってこいです。 私は今でもたまにやりますが、非常に楽しい釣り方です。

 狙えるポイントは岸に近いところになるため、 マブナ、ヘラブナ、小ゴイ、モロコ、シラハエ(オイカワ)などの小型サイズがメインですが、 まれに大型のヘラブナやコイ、ブルーギルが掛かることもあり、スリリングです。 リールがあれば道糸を出して対処できますが、それができませんからねえ・・・(^^;

 なおこのコーナーは「川・湖沼での釣り」として紹介していますが、 もちろん波止など海でも使える釣り方です。 波止で小型グレ、アジ、ウミタナゴなど上〜中層の魚や、浅場でハゼなども狙えます。

 はじめて釣りをする人だけではなく、海釣りなどで魚と上手にやり取りができない人も、 この釣りをすることによって釣りの原点に帰り、 「竿で釣りをする」ということを学び直してみて下さい。 魚とのかけひきが必ず上達することと思います。

 なお、ダイワウェブサイトなどより画像を勝手に拝借しています(^^;



青玉 道具選び

上州屋

● まずは釣具店へ

 まずは釣りをするための道具を一通り購入しなくてはなりません。 ほとんどの道具は釣具店で揃えられます。 釣具店にも個人経営の小さな店から、数店舗以上にわたる大手量販店までありますが、 ここで紹介するウキ釣りの道具は、たいていの釣具店ならどこでも揃えることが出来ますし、 小店舗でも量販店でも販売価格もそれほど違いはないのでどこに行ってもいいです(^^;

 竿などはホームセンターでも売っている所がありますが、粗悪なものが多く、また種類も少ないのでおすすめしません。

● 必要な道具

タックルボックス

 この釣りに絶対に必要なものを挙げておきます。予備も含めて釣具店で必ず購入しておきましょう。これらがないと釣りすら出来ません(^^;

 絶対に必要というものではないが、できればあった方がいいものも挙げておきます。私はいちおう全て持ってます。  釣りにこだわるのならば・・・というものも挙げておきます。といっても、こんなの書き出したらキリがないです(^^;


青玉 竿の選択

● 竿の種類(のべ竿)

 「のべ竿」とは、本来は一本の竹などをそのまま使用していて短く仕舞うことができない竿のことを指します。 しかし最近は「のべ竿」はリールを使用しない竿(振出・並継含む)全体のことを指して「のべ竿」と誤用されることが多くなり、 結果的にその呼称もすでに一般化してしまったため、 このコーナーでもそれにあわせます。 かつて竹を切り出した本当の「のべ竿」を使用していた私にはかなり違和感がありますが・・・(^^;

HS 波紋J  釣具店で売られているのべ竿には、 「へら竿」「鯉竿」「渓流竿」「メバル竿」「万能竿」などなど色々種類があります。 ラジオのアンテナ、もしくは特殊警棒(笑)のようにスルスルと伸ばせるタイプの竿を「振出」と呼びます。 竿の内部に竿を収納するため、竿が太くなってしまうという欠点がありますが、 収納がコンパクトなので可搬性や収納性が良く便利です。

龍聖  高価なへら竿には、継ぎ手で竿を継いでいく「並継」タイプもあります。 竿を振出竿より比較的細く設計できるという利点がありますが、 製造コストがかかるため高価であり、また大物が掛かった際に継ぎ手が抜けるトラブルが発生する可能性もあります。 そのため大ゴイ釣りには振出の方が広く用いられているようです。

 最初に買う一本は、振出竿の安いもので十分です。 「へら竿」「鯉竿」「万能竿(清流竿)」として売られているものの中から、 予算的に大丈夫なものを選択すればよいでしょう。 自転車やバイクなどの移動が多い場合は、仕舞寸法が短い「小継渓流竿」も便利です。 以下、竿の選択基準を紹介します。

● 長さ

 竿の長さが短いほど軽量で操作性に優れていますが、遠くや深場を狙うことができません。 ヘラブナやコイの釣り堀・管理池では足下でも十分な深さがあるので2.1〜3.3m(7〜11尺)の短い竿(短尺竿)でも釣りになりますが、 野釣りの場合はダム湖や一部の野池を除くと遠浅な場所が多く、短竿はあまり役に立ちません(泣)。 また竿が短いので魚の引きを吸収させにくいため、魚とのやり取りも難しくなります。

 逆に竿の長さが長いほど遠くのポイントを狙うことができ、深場も狙うことができます。 5.4〜7.2m(18〜24尺)の長い竿(長尺竿)は遠浅な場所や深場でも使用できるので用途は広いのですが、 重くなり疲れますし取り回しに苦労します。 そのため最初は3.6〜4.5m(12〜15尺)の中尺竿を選択した方が良いです。

 釣具店で売られているのべ竿の長さは、メートル法ではなく尺貫法で表記されている物が多いですので注意して下さい。 一尺≒30cm ですので、3.6m≒十二尺、4.5m≒十五尺 となります。

テーパー
調子の違いによる竿の曲がり方をイメージで表したもの。あくもでもイメージであり、実際にこのように曲がるわけではありません。Windows 標準の「ペイント」では上手く書けませんでした(^^;

● 調子

 竿によっては「先調子」「胴調子」などと書かれている物があります。 竿の調子とは、竿先に荷重をかけたときに竿がどのように曲がるかを表したものです。 先調子の竿は竿の先端に近い付近が大きく曲がり、竿の中程や手元はあまり曲がりません。 胴調子の竿は竿の中程から大きく曲がります。 へら竿に多い「本調子」は、先調子と胴調子の中間の調子になります。

 ルアーロッドなどでは西洋風に「ファストテーパー(先調子)」「レギュラーテーパー(胴調子)」「スローテーパー(元調子)」と呼ばれることもあります。 元調子は竿の手元付近から大きく曲がるのが特長ですが、 実際のところのべ竿の量販品では元調子を謳う製品は皆無ですので、 参考程度におぼえておくだけでいいでしょう。

 胴調子・元調子の竿は大きくしなるため、大物と無理なくやりとりをするのに適していますが、 竿がふにゃふにゃ曲がると慣れないうちは仕掛けを扱うのも大変になりますので、 最初は先調子の竿を購入することをおすすめします。 釣具店で実際に竿を伸ばし振ってみて、元〜胴があまり曲がらないものを選択するといいでしょう。

 またやや高価な竿には、「中硬」「硬調」「超硬調」などの表記があるものがあります。 これは竿全体の硬さを表しており、中硬の竿は柔らかく細いハリスの仕様に適していますが、 大物相手ではパワー不足です。 細ハリスが必要なヘラブナ釣りに適しています。

 硬調の竿は硬いため細いハリスを使用するとハリス切れを起こしやすいです。 しかし大物相手でも余裕を持って対処できるので、 コイなどの大きく引きが強い魚に適しています。 初心者の場合は、先調子で硬調の竿が一番扱いやすいと思います。

● 素材

 釣り竿に使用される素材は、カーボン繊維とグラス繊維が一般的です。

 カーボン繊維は軽く反発力があり、竿の素材として非常に適しています。 カーボンはむかしは非常に高価で、私が釣りを始めた20年近く前には一部の高級ロッドにしか使用されていませんでした。 最近は2,000円台のロッドにも使用されたりと、非常に安くなっています。 しかし今でもやはりカーボン含有率が高い竿は、値段も高くなります。 また通電性があるため、雷や電線には注意が必要です。

 カーボンが主流となる前は、グラス繊維が一般的でした。 グラスは安く丈夫ですが、カーボンに比べて重く反発力に欠けます。 今でも使用されており、安い竿はグラス繊維の含有率が高いです。 グラス100%の竿もあります。しかしむかしは大半の人がグラス竿を使っていたわけですし、 現在でも十分使用できます。

● 購入について

 どのような竿も、購入する際には箱・袋から出して実際に竿を伸ばし、 手に持って調子・持ち重り感などを確認してから購入したほうがいいです。 自分に合わない竿を買ってしまって後悔してはいけませんし。

ホリデー白糸  メーカー品で廉価な振出竿は、シマノの「ホリデー白糸」があります。 軽く作りもしっかりしており、3.6〜4.5mのものなら4,500〜6,000円程度で購入できます。 また宇崎日新からも同価格帯で「プロステージ 山吹」が出ています。 この価格帯の竿なら安心しておすすめできますし、長く使えます。

 この一つ下クラスの3,000〜4,000円程度の竿でも小物釣りには十分使えます。 最廉価クラスには1,000〜2,000円で購入できるものもあります。 これらの激安竿はカーボン繊維の使用率が極めて低いまたは無使用で、グラス繊維使用率が高くなるため重くなりますが、 それが苦にならない人は選択しても良いでしょう。

 機動性に優れた小継振り出し渓流竿では、 シマノの「ホリデー小継 ZT」があり、 硬調44なら3割引なら6,000円弱で購入できます。 またエイテックの小継竿も3,000円前後です。 ノーブランドで「万能小継竿」として1,000〜2,000円で売られている物もあります。

ページ上部へ↑

青玉 道糸の選択

将鱗へら スタンダード道糸

● 釣糸について

 釣糸にはむかしは蚕から抽出したテグス(蚕糸)が用いられていましたが、 現在はナイロン製のものが一般的に用いられています。 最近はフロロカーボン、ポリエチレン(PE)、ポリエステル製の釣り糸もありますが、 のべ竿を用いた釣りで用いられる釣り糸としては、 廉価で丈夫でしなやかで弾力のあるナイロンラインは未だに主流の座を譲りません。

 釣糸には号数という物があります。0.8号、1号、1.5号のように表記され、 この数値が大きくなるほど糸の直径が太くなり、それに正比例して強度も強くなります。 号数は太さを基準とした数値ですが、 ルアーラインなどではポンドテスト(lb)などというように最大荷重重量で強度を表記している釣糸もあります。

● 道糸

 このコーナーで紹介しているウキ仕掛けには、釣糸を二種類用いています。 竿に結びウキを固定する側の釣糸を「道糸」と呼び、 ハリを直接結んでいる側の釣糸を「ハリス(鈎素)」と呼びます。 ハリスについては後述します。

 道糸は通常ハリスより太い物を使用します。ハリスより細くすると、 予期せぬ大物がかかった時や根がかり(水中の障害物にハリなど仕掛けが引っかかること)したときに道糸から切れ、 ウキなど大切な仕掛けを失うことがあります。 とりあえず最初は1.5〜2号のやや太めの道糸を使用することをおすすめします。

銀鱗

● 購入について

 とりあえずどこでも売っていて廉価な、 東レの「銀鱗」をおすすめします。 10m巻きのものも売られていますがすぐに使い切ってしまうので、 50m巻きのもののがいいでしょう。だいたい500円程度で売られています。 最初は1.5〜2号程度のものが使いやすいでしょう。 お金に余裕があれば、色つきのヘラブナ釣り用道糸なんかを購入しても良いです。

 もっと廉価なノーブランドのものも売られていますが、それらは糸癖が激しかったりして使いにくいのでおすすめしません。

リリアン

● 竿に結ぶ

 大抵ののべ竿の先端にはリリアンがつけられており、この部分に道糸を結びます。 しかしふだん木綿糸などを結ぶように結ぶと、 ナイロン糸は簡単にほどけてしまいます。必ず専用の結び方で結ばなければなりません。

 竿と道糸の結び方の詳細は、ダイワウェブサイト「糸の結び方入門」の「8の字チチワと竿先への付け方」をご覧下さい。 ちなみに正式名称は「無精付け」と言うらしいです(笑)。 なおこの図では説明されていませんが、 スッポ抜け防止のためリリアンの先っちょに結びコブを一つ作っておくか、 リリアンの先をライターで炙ってコブを作っておく必要があります。 これをしないと、竿がのされた時に道糸が抜けてしまいます。

● 長さ

 道糸の長さは竿の長さに合わせて調節します。竿より長くすると仕掛けを扱ったり魚を取り込むことが困難になります。 最初はハリスも含めて竿の長さとピッタリ合うくらいの長さにすると良いです。

ページ上部へ↑

青玉 ウキ

● ウキの用途

 この仕掛けでのウキの大きな役割は二つあります。 一つは魚がエサを食べたということをウキの上下動(あたり)によって知らせる役割、 二つ目はエサが魚の泳層(タナ)に丁度合うように調節するという役割があります。 あたりとタナについては後述します。

● ウキの選択

 ウキには様々な大きさ・種類がありますが、この釣りに適した種類のウキは、 ヘラウキ、棒ウキ、とうがらし型ウキ、玉ウキなどです。 マブナ釣りではシモリウキというものもよく使用されるらしいですが、 私は使用したことがないので紹介できません(^^;


ヘラウキ とうがらし型ウキ
ヘラウキ  ヘラブナ釣りなどに使われるウキです。上部は極めて細くなっており、色分けされた目盛りがついています。 この部分をトップと呼びます。 中空になっているパイプトップと、 中身の詰まったソリッド(ムク)トップがあります。 このトップの直径が太いものほどトップの浮力が大きくなります。 トップが細い方が感度は良くなりますが、視認しにくくなります。

 下部のボディはカヤや羽根などで作られています。 ボディの体積が大きいものは浮力が大きくなり、 重いオモリを使用することができます。

 非常に感度に優れ、魚のごく小さなあたりもキャッチできますが、 流れが強いところや風の強い日にはウキが傾きあたりが取りにくくなります。 また細いため、乱雑に扱うとトップ部を破損します。 安いものでもいいのでウキケースも購入することをおすすめします。 価格は本当にピンキリで、ピンだと数万円以上はしますが、キリなら150円くらいから買えます。

 高いヘラウキはブランコ無しのものがほとんどですが、 普通のゴム管を使用する場合は、写真のようにブランコ付きの物を選択する必要があります。

 練り餌を使用する場合はぜひ、150円程度のものでも十分なのでヘラウキを購入して下さい。 ただし軽い練り餌や小さいエサを使用する場合は、 トップがかなり細いもの(ソリッドや極細パイプ)を使用しないと、エサ落ちを確認することが難しくなります。
とうがらし型ウキ  流れのある渓流・中流域で使用したり、小ブナやモロコなど小魚を釣るのに使われるウキです。 唐辛子(鷹の爪)のような形をしているので、とうがらし型ウキと呼ばれます。 木製のものや樹脂製のものがあります。

 小型の物はやはり感度に優れていますが、 水面に露出する部分が小さいため見にくくなります。 しかしそのため風の影響を受けにくくなりますし、 流れにも比較的強いので流しながら釣ることもできます。 エサ落ちは確認しづらいので、虫エサ釣り向けです。

 樹脂製のものであれば100円程度で購入できましたが、 最近は売られているのをあまり見ませんね。 海釣り用品が充実している釣具店では、グレ(メジナ)用のアタリウキとして似た形状のウキが販売されていることもあります。
棒ウキ 玉ウキ
棒ウキ  棒ウキは・・・最近使ってないため手持ちがなく、スキャンできませんでした。ごめん(笑)。 樹脂製の直線タイプの物が釣具店で多く売られており、 一本50円とか三本で100円とか非常に廉価です。 「ハゼ釣りセット」なんかに付属してくるのはこのタイプが多いですね。

 しかし感度は上の二つには及びませんし、エサ落ちの確認はほとんどできないでしょう。 日光の当たる場所に放置しておくと、温度により変形してしまったりします。 まあマブナくらいならこのウキでも十分です。 視認性も良く浮力もあるため、初心者には比較的扱いやすいウキです。
玉ウキ  球形のウキです。あたりがあるとポコポコ動き、ウキのまわりに波紋が立つので面白いです。 樹脂製で直径2cmくらいの小さなものから、 5cmくらいの大きなものまで有ります。

 ここで取り上げたウキの中では最も流れに強く、風にも強いです。 風の強い日や流れの強い場所でも使用できますが、小さなあたりは非常に取りづらくなります。 エサ落ちなんか全然わかりません(笑)。 またかなり浮力があるため、オモリによってある程度浮力を抑えておかないと、 魚がエサをくわえたときにウキの浮力による違和感を感じ、 エサを離してしまうこともあります。これも一個50円くらいと廉価です。


 この中から好きな物を選択すると良いですが、いくつか種類を持っておけば釣り場の状況に応じて対応できます。

 しかしいずれも小型の物を購入して下さい。海釣りで使われるような巨大なウキでは小さなあたりを取ることができませんし、 魚もかかりづらくなります。魚がエサをくわえたときにウキの浮力による違和感を感じ、 エサを離してしまうからです。

第一精工 ウキゴム

● ゴム管

 ウキを道糸に固定するには、ゴム管を使用します。ゴム管を道糸に通し、ウキを挿します。 「ウキゴム」として売られていますので必ず購入して下さい。 自分で自由なサイズに切れるチューブ状のものも市販されていますが、 ズレにくく耐久性も高い第一精工のウキゴムV型がおすすめです。 販売価格は50円です。

 ブランコのついていないヘラウキを使用する場合は、専用のゴム管とウキ止め糸が必要になります。 しかし仕掛け作りも煩雑になり非常に面倒かつやや高価なので、初心者にはおすすめしません。

ページ上部へ↑

青玉 サルカン(ヨリモドシ)

● 用途

タルサルカン  道糸にゴム管を通したら、オモリをつける前にサルカンをつけます。

 サルカンはヨリモドシとも呼ばれ、エサなどが回転したときに生じるラインの撚れ(よれ)を取る役割があります。 このウキ釣りでは道糸とハリスの間に入れて使用します。 道糸とサルカン、ハリスとサルカンを結ぶ方法はいくつかありますが、 乳輪(チチワ)結びやクリンチノットが簡単です。最低でもこの二つの結び方はおぼえておく必要があります。 クリンチノットについては、 ダイワウェブサイト「糸の結び方入門」の「サルカン結び」をご覧下さい。

 浮力の小さいウキを使用する場合は、サルカンは小さめのサイズを選択する必要があります。 大きいものを選ぶと重量があるため、オモリ無しでもウキが沈んでしまうこともあります(^^;

ページ上部へ↑

青玉 オモリ

ガン玉と割ビシ
板オモリ
第一精工 板オモリ(薄手)
ガン玉と割ビシ
ガン玉セット
ノーブランド ガン玉セット

● 種類・重さ

 オモリにはエサを魚の泳層まで届ける用途と、ウキの浮力を調節する用途があります。

 玉ウキなど細かい調整が不要なウキを使用する場合は、「割ビシセット」または「ガン玉セット」を購入するといいでしょう。 菊形のケースに何種類かのサイズの割ビシまたはガン玉が入って売られています。 だいたい100〜250円くらいです。

 割ビシ(カミツブシ)やガン玉は、丸い鉛玉に切れ込みが入っており、 使用するときはこの切れ込みに道糸を入れ、ペンチまたは歯で軽く噛み潰し固定します。 強く潰しすぎるとラインを傷つけ、切れる原因となりますので注意して下さい。

 ヘラウキなど非常に細かい調整が必要なウキを使用する場合は、 板オモリが必要です。板オモリは鉛合金が薄い板状に引き延ばされているもので、 ハサミで適量を切り取り、道糸に巻き付けて使用します。 好きな重さに自由に調節できるので非常に便利ですが、 どうしても体積が大きくなるため、流れのあるところでは流されやすくなるので注意が必要です。 巻き付ける際はできるだけ円柱状になるように巻き付けます。 小さなウキを使用する場合は「薄手」の方が便利です。

 ウキの浮力調節については後述します。

ページ上部へ↑

青玉 ハリス・ハリ

● ハリスの用途

 ハリスはハリに直結する糸で、魚に見えにくいように細いものを使用します。 また道糸よりも細くすることで、根がかりの時などにハリスから切れるようになるので、 道糸から切れてウキなどの仕掛けを失う「高切れ」を防ぐことが出来ます。

 ハリスの素材には少し前まではナイロンが広く用いられていましたが、 最近特に海釣りではフロロカーボンが主流になりつつあります。 新素材を信用できない年寄りが多いヘラブナ釣りにおいても(笑)、 近年はフロロ製のヘラハリスが徐々に増えてきています。 しかしフロロハリスは高価なので、最初はナイロンハリスを使用することをおすすめします。

オーナーばり カット黒チヌ3号

● ハリの用途

 ハリ(鈎)はエサをつけ、魚がエサを食べたときに口に刺さる・・・って、いくらなんでもこれは説明しなくてもわかるよね(笑)。 右の図で釣鈎の基本構造を説明します。

 ハリスを結ぶ部分を「チモト」と呼びます。 この写真ではわかりませんが、ハリの一番上の部分は幅広くなっており結び目が抜けないようになっています。

 「カエシ」は、魚がハリから外れたりエサが外れるのを防ぐ役割があります。 「へらスレ」など、カエシが無いものもあります。 カエシが無いものは魚の口から外しやすくなりますが、魚が掛かっても外れやすくなってしまいますし、 虫エサも外れやすくなってしまいます。

 虫エサを使用する場合はカエシ付きのが良いのですが、 釣った魚を鑑賞目的で持ち帰る場合などは、魚へのダメージを考慮するとスレバリを使用した方がいいでしょう。 なお、ヘラブナやコイの管理釣り場や釣り堀はカエシ付きは禁止されていますので注意しましょう。

がまかつ 細地袖4号 ハリス0.6号

● ハリス付きハリセット

 釣具店では、このハリスとハリがセットになったものが売られています。 ハリスをハリに結ぶのは最初のうちはうまくできませんし、 小さいハリに細い糸を結ぶのは大変です。 初心者のうちはこのようなハリス付きハリセットを購入すると良いでしょう。 5〜8本入っていて、100〜200円程度です。 がまかつかオーナーばりの製品をおすすめします。

 しかしハリス付きハリセットの場合、ハリスの太さ・長さとハリの大きさを自分で組み合わせることができません。 釣りに慣れたら、是非とも自分で結んで欲しいと思います。

● ハリの大きさ・ハリスの太さ

 ハリの大きさは号数で表し、号数が大きいほどサイズが大きくなりますが、 大きさはハリの種類によって異なりますので注意して下さい。 ハリが大きすぎると小さな魚は釣れずエサだけ取られますし、 小さすぎると魚の口にかかりづらくなります。

 ハリの種類は、活きエサを使用した小物狙いでは「袖(そで)」が使いやすいでしょう。 モロコや小ブナ狙いであれば大きさは3〜5号がいいでしょう。 コイなど大きめの魚も狙いたい場合は、袖では伸ばされてしまうことがあるので、 「伊勢尼」の4〜6号程度がいいでしょう。 カエシの無しものでは「ヘラ鮒スレ」の4〜6号がおすすめです。

 糸付きハリにはハリスの号数も明記されています。 ハリスは道糸よりも細い号数を選択する必要があります。 また糸付きハリのハリスは40cm以上のものがほとんどなので、 20〜30cmに短く切って使用した方が、絡みも少なく初心者には扱いやすいでしょう。

ページ上部へ↑

青玉 エサ

● 活き餌

虫エサの刺し方
ミミズの刺し方
 道具も揃い仕掛けもできたところであとはエサですが、 やはり生きた虫エサが色々釣れて面白いです。 広く売られておりよく使用されるエサとしては、ミミズ、 サシ(うじ虫)、赤虫(ユスリカの幼虫)などがあります。

 比較的手に入りやすい活きエサはやはりミミズでしょう。 釣具店で売られているミミズはシマミミズといい、 ハリを刺すと黄色い血が出ることからキジ(黄血)とも呼ばれます。 1パック300〜400円くらいです。 マブナもよく釣れますが、それ以上にブラックバスやブルーギルがやたらと釣れます(笑)。 その日余ってしまっても、冷暗所に保管しておけば一週間以上生き続けます。 もっとも買わなくても、腐葉土など栄養分をを多く含む地面を掘れば採取できますけどね。

 河口に近いところではゴカイ(水ゴカイ)が有効なところもあります。 ハゼ釣りには絶好のエサですが、コイやマブナも非常に良く釣れるエサです。 1杯300〜500円程度なのですが、最近は売っている釣具店が少ないです。 また生命力は弱いので、基本的には当日中に使い切らないといけません。

 虫エサのつけ方は、図のようにハリに刺すだけでいいですが、 小さい魚を狙うときやエサ取りが多いときは適当な大きさで切ります。 ちなみにミミズは心臓が三つあるので、三つまでなら切っても生きると聞いたことがあります(笑)

 何、気持ち悪くて触れない?慣れだって(^^;

● 練り餌

 保存がききいつでも使えるエサとして、練り餌があります。 練り餌の多くは粉末状になっており、水を加えて丸いダンゴ状に仕上げることができます。 これならミミズを触れない人でも使えますね(笑)。 ただしブラックバスやナマズなど肉食または肉食性が強い魚はあまり釣れません。 また、水と練り餌を混ぜるためのボウルや、適正な配合を行うための計量カップ、護岸から水を汲むための水汲みバケツが必要になります。

サルカン サルカン
ハリス(上) 0.4〜1号 15〜20cm
ハリ ハリス(下) 0.4〜1号 20〜30cm

ハリ ヘラスレ 3〜6号など
 練り餌を使用する場合、拡散させて広範囲の魚を寄せるようにする、または何度も打ち返してポイントを作ることが望ましいため、 右の図のような二本鈎仕掛けにすることをおすすめします。 ヘラブナ釣りの場合はハリスの長さは変えたり、上のハリにバラケ用の練り餌をつけたり(セット釣り)もするのですが、最初は特にこだわらなくてもかまいません。 専用の三つ又も売られていますが、かえって絡みやすくなったり、アタリの感度も低下するのであまりおすすめしません。

 基本的には、ハリスの太さは道糸の半分の号数にしておきます。 例えば道糸が1.2号ならハリスは0.6号にします。 これは2本同時に根掛かってしまった場合や、 2本とも大型魚に掛かってしまった場合に道糸から切れる「高切れ」を防ぐためです。

 練り餌の種類は、実際に釣りをする場所での魚の嗜好を見つけだして選ぶ必要があります。 種類によっては全く釣れないなんてことがざらにあります。 ヘラブナに至っては季節によっても左右されるので、エサの選択はさらに悩ましいものとなります。 同じ釣り場に何度か通い、色んな種類を試すしかありません。 近くに釣具店がある場合は、どのエサが有効か聞いてみるのもいいでしょう。

マルキュー いもグルテン マルキュー 鯉のぼり ダイワ 鯉にんにく
 釣具店の練り餌コーナーにあるものの中には、単品では効果を発揮しない集魚材・バラケ促進材や、 コイの吸い込み専用練り餌もありますので購入するときは注意して下さい。 また、袋によく書かれている「何でも釣れる」という売り文句もあてになりません(笑)。 経験上、あまりにも安い練り餌(「九○ゃん」とか「大○い」)では食いがあまり良くありませんでした(^^;

 とりあえずおすすめの練り餌は、マルキューの「いもグルテン」です。 チャック袋入りでいつでも単品で使え、まとまりが良いため初心者でも簡単で、比重があるためエサ落ちもわかりやすいです。 ヘラブナはもとよりマブナやコイにも最適です。 だいたい一袋400円以下で売られています。 しかし「いもグルテン」では食いが悪い釣り場もあるので、できたらもう一種類違う種類の練り餌もあるといいですね。 マルキューの「鯉のぼり」やダイワの「鯉にんにく」もコイに限らず色々釣れます。

マルキュー マッシュポテト マルキュー GTS マルキュー ダンゴの底釣り夏
 バラケの良い練り餌で魚を寄せたい場合は、マルキューの「マッシュポテト(徳用)」が良いでしょう。 こちらは一袋500〜700円ですがチャック袋で大量に入っているため安いです。 これに「さなぎ粉」なんかを混ぜてやると、寄せの効果はさらに強くなります。 ただしマッシュポテトは非常にまとまりが悪いので、 良く練って使用するか、先述の「鯉のぼり」「鯉にんにく」などのまとまりの良いエサと混ぜて使うと使いやすいです。

 マルキュー「GTS」など、ヘラブナ用の麩系のエサはマッシュよりもさらに拡散性が高く広範囲の魚を寄せられますが、 高価であり使い方もやや難しいです。 「バラケ性 : 弱」「比重 : 大」と表記されているものが初心者には使いやすいでしょう。 私は使ったことがありませんが、マルキューの「ダンゴの底釣り夏」あたりが使いやすそうです。

練り餌のつけ方
練り餌のつけ方
 練り餌をハリにつけるには、水を加えて混ぜ込んだ練り餌をハリを包むように丸くつけます。

 いちおう便宜上「練り餌」と呼んでいますが、「いもグルテン」などの食わせることをを目的として開発されているエサは、 練り込むとバラケずカチカチのエサになってしまいますので、 袋の裏面に書いてあるとおりに練り込まずに1:1の割合で混ぜて作ります。 練り餌は無理に長時間持たせようとするのではなく、魚を寄せることを重視して何度も打ち返すことが重要です。

 ちなみに、上バリにバラケ性の高い練り餌を使用し、下バリに活きエサを使用するとマブナやニゴイなんかはめちゃめちゃ釣れます(笑)

ページ上部へ↑

青玉 その他道具

タックルボックス

● タックルボックス(道具入れ)

 小型ウキや道糸、ハリなど釣り用の小物を入れるタックルボックスがあると便利です。 専用のものを買わなくても、ホームセンターで売ってる工具箱でもかまいません。 私はむかしクッキーの空き缶を使ってました(笑)。 取っ手がついているような大型タックルボックスよりも、小型ケースに必要最低限のものを入れて、 バッグ等に入れて持ち歩いた方が機動性はよいです。

シマノ ピンオンリール(ラインカッター付)

● ハサミとラインカッター

 釣糸を切るのにはハサミが必要です。また板オモリを切るのにも使います。 釣具店で糸切りバサミタイプのものが売られていますが、 普通のハサミタイプの方が使いやすいです。 かさばるのが嫌ではなければ事務用のはさみでもかまいません。

 もしミミズやゴカイなどの虫エサを使用する場合は、 虫エサを切るために糸切り用のハサミとは別に小さなハサミを購入しておくと良いでしょう。 もちろん安物でかまいません。

 これから釣りを趣味としようと思うのなら、ピンオンリール + ラインカッターを買いましょう。 胸に付けておけばいつでも釣り糸を切れますし、結び目の余り糸を切る場合に非常に便利です。

ダイワ PLIERS V(プライヤー V)

● ラジオペンチ

 ガン玉・割ビシを潰したり、口が固い魚からハリを外すためにラジオペンチがあると便利です。 魚がハリを飲み込んだ場合でも、奥深くなければ外せます。 最近は噛みついてくるミドリガメが釣れることも多いので、必需品ですね。 100円均一ショップでもいいので、買っておいて下さい。安物はすぐに錆びますが(^^;

ダイワ ハリハズシ

● ハリ外し

 たまに魚がハリを飲み込んでしまうことがあります。口の奥深くでなければ前述のラジオペンチで外せますが、 深くハリを飲み込んでしまった場合にはハリ外しというものを使用します。 先端の切り込み部分にハリスを通しつつ魚の口の中まで突っ込み、 ハリを押して捻って抜きますが、なかなか難しいです。 いちおうあった方がいいかも。糸切りばさみとセットになっているものもあります。

● タオル・水汲みバケツ

 魚を触ったり練り餌を使用すると手が汚れるので、手を拭くためのタオルがあった方がいいでしょう。 また手洗い用、練り餌を作る時の水を汲むために水汲みバケツも欲しいです。 高い護岸などでは、ロープ付きのものが必要です。

● ウキケース

 玉ウキなどの場合は必要ありませんが、長いヘラウキを持ち歩くのにはウキケースが必要です。 専用の木箱もありますが高すぎますので、海釣り用品コーナーにある円筒状のもので最小のものがいいでしょう。

仕掛け巻き

● 仕掛け巻き

 釣りが終わった後に仕掛けを巻く仕掛け巻きも欲しいところです。 これに仕掛けを巻いておけば、次回釣りに行った時に素早くセットできます。 竹製や樹脂製の安くシンプルなものも販売されていますが、 右の写真のようにスポンジが使用されているものであれば、 二本バリ仕掛けでハリスの長さが異なる場合でもハリを途中に引っ掛けられるので、巻き取りやすいです。

 ダンボールの切れ端に切れ込みを入れて仕掛け巻きとして使用する方法もあります。これならタダです(笑)

● びく(フラシ)

 まさかフナとかを食べるために持って帰る人はそういないと思うので、 クーラーボックスは必要ありません(笑)。 しかし魚を生きたまま持って帰りたい場合や、 釣れているということを証明したい場合は(笑)、びくを購入しましょう。 びくは網状の魚入れで、魚を入れ木杭などに引っかけ水中に入れておきます。 下部がバケツ状になったズックびくというものもあります。

 しかしびくに魚を入れると、 魚が網に頻繁に擦れてウロコが落ちたり粘液が落ちて弱りますので、 持って帰らないならすぐにリリースした方がいいと思います。

釣り台

● 竿受け(竿立て)

 ヘラ師の人たちは専用のヘラ台(釣り台)に万力・竿掛けをセットし、竿先を水面に沈めて釣りをします。 竿受けに竿を置くと非常に楽ですし、脚の長さの調整で傾斜のある川岸や護岸でも水平に座ることができます。

 しかしこれらを揃えるとなると、一番安いもので揃えても10,000円以上かかってしまいます。 ヘラ台は上州屋の「みずもミニHG」およびプロックスの「アルミへら台」などの同等品が一番安いでしょう(右の写真は旧タイプ)。 売価はだいたい6,000〜7,000円くらいです。 万力はスノーピークの「ニューチャーム竿掛」「ラチェット竿掛」(売価3,000〜4,000円強)が比較的安いです。 竿掛けはスノーピークの「ヘラ竿掛III型(S-055)」や上州屋の同等品であれば1,000〜2,000円です。

 これから何度もヘラブナ釣りやコイ釣りに行く場合は、ぜひ釣り台と万力・竿掛けを購入することをおすすめします。 パラソル用の万力などを購入すればパラソルも立てることができるため、 非常に便利です。 ただし本格的にヘラブナ釣りをする予定であれば、最初からスノーピークの「スーパー銀閣」などの高級品で揃えた方が、 後々無駄な投資をしなくてすみますけどね(^^;

なんだこの絵(笑)  しかしここまでお金を掛けるのも大変なことなので、 たまにしか釣りに行かない場合は投げ釣り用の竿立て(上州屋で380円くらい)を購入するといいでしょう。 地面が土質の場合は挿して使えます。 また先述の「ヘラ竿掛III型(S-055)」なども、地面に挿しても使用できるようになっています。 竿先を沈めると道糸が風に煽られにくくなり、釣りやすくなります。

 しかし護岸で釣りをする場合は手持ちで辛抱するか、 大枚はたいてヘラ台買うしかないでしょうね・・・(^^;

● 折り畳み椅子

 折り畳み式の小さなパイプ椅子を持っていくと楽です。ただし使用できる場所は地面が平らな場所に限られます。 もちろん立って釣りをする場合は不要ですし、釣り台を使用する場合も不要です。

● たも(玉網)

 たもがあれば大物が釣れた場合や、高さのある岸壁からでも魚を引き上げることができます。 無くてもなんとかなることがほとんどですが、コイが棲息しているような釣り場では持っていった方がいいです。 買うのならば釣具店の店先にあるような1,000円以下の安い物でも十分ですが、 網の部分が取り外しできないため持ち運びが大変になりますのであまりおすすめしません。

 スノーピーク(カープ)のネジ式「ヘラ・玉網の柄(S-027)」と「ヘラ・グラス玉枠(C-077)」のセット、 または同等品である上州屋の「関東工房へら玉網」のように網の部分が取り外しできるものがおすすめです。 これらであれば1,000〜3,000円くらいで買えると思います。

ページ上部へ↑

青玉 釣ってみよう

野池

● 場所

 最初は流れが穏やかな小川や、池沼が良いです。 深さが1m以上あるところの方が釣りになると思います。 まあ釣り堀・管理池という選択肢もありますが、 金はけっこうかかるしエサの制限など色々と束縛がありますので初心者にはおすすめしません。

● 季節・時間

 魚が釣れる季節は地域差が大きいですが、本州の太平洋側ではだいたい4〜10月が数釣りのシーズンとなります。 11〜3月の寒く水温が低い季節は数は釣れませんが、釣れる型は大きくなります。 低水温期は浅く流れが速い河川よりも、やや深さがあり流れが極めて緩い緩流域や野池のがいいです。 しかし日が照って季節風も弱い温暖な日には、浅場のが良く釣れることもあります。

 魚は昼間でも食いますが、朝夕のが圧倒的に釣れます。 釣りに行くときは早起きして、いい場所を確保しましょう。

エサがついていない状態 エサがついている状態
ウキ調節 ウキ調節

● ウキの浮力調節とタナ取り

 仕掛けを作ったら、ゴム管にウキを挿し、 オモリをつけて水に入れます。ウキの浮力がわからない場合最初は小さなオモリをつけて試し、 ウキが立たないようならオモリの数をだんだん増やしていくか、 大きいオモリに替えます。

 板オモリであればウキの浮力調整は非常に楽です。 あらかじめ多めに巻いておき、適正な浮力になるまでオモリを切り取り調整していきます。 微調整が必要なヘラウキの場合は板オモリはほぼ必須でしょう。 なお、切り取り過ぎてしまった場合は、 板オモリの切れカスを板オモリに巻き込めばいいです。

 ヘラウキの場合は、右図のようにトップの下部くらいまでが水に浸かるように調節し、 エサを付けたときにはトップの中ほどまで水に浸かる(馴染む)ように調節すると初心者には扱いやすいでしょう。 ヘラブナ釣りではもっと沈めたり、目盛りギリギリになるよう厳密に調整しますが、最初は特にこだわる必要はありません。 このように調整しておけば、エサが落ちた時にトップが浮き上がり、 エサ落ちを確認することが出来ます。

 ウキの浮力の調整が終わったら、次はタナ取りです。 タナ(棚)とは魚が居る水深、または釣れる水深のことです。 ゴム管の位置を調節することで、エサの位置を魚が居ると思われる層に来るよう調節します。 コイやマブナなどは底付近で釣れることが多く、シラハエ(オイカワ)やモロコなどは水面に近いタナで釣れることが多いです。 ただし釣れるタナは季節や場所によっても異なりますので、 経験を積んで狙う魚に最適なタナを見つけるしかありませんね。

 底を取る場合、ハリに付近に市販品の「タナ取りボール」などを刺して沈めて調べます。 しかし重すぎるタナ取りボールは正確なタナが計れないので、ギリギリウキが沈む大きさのものを使用した方がいいでしょう。 底を取ることができたら、実際に使用するエサを刺してみて投入し、ちゃんとウキエサ落ち目盛りを超えて馴染むか、 また全水没してしまったりしないか確認します。

● ポイント

 魚が居る、魚が通るため釣れる場所のことを「ポイント」といいます。 大場所レベルの「ポイント」として、あたりまえのことですが、まずは狙う魚が居る河川・湖沼を選択しなければなりません。 コイやマブナなどは古来から自然繁殖してきたので淡水緩流域のほぼすべてに棲息していますが、 ヘラブナ・ブラックバス・ブルーギルなどに関しては人為的に放流・不法密放流された場所にしか棲息していません。

 どこにどんな魚が棲息しているかは釣具店で聞いてみたり、地元の釣り師から情報を得るという手段もありますが、 自分で実際に竿を出して確認するのも面白いものです。 もちろんボウズ(全く魚が釣れないこと)に終わってしまったり、ブルーギルしか釣れないなんて事態も当然ありますけどね(^^;

 小場所レベルのポイントとしては、障害物まわりなどが上げられます。 魚は元来臆病なので、身を隠す場所があるところを好みます。 杭の周り、橋桁の周り、アシ(ヨシ)が生えているところ、 蓮などの葉の下、底が窪んでいるところ、急に底が落ち込んでいるところ(かけ上がり)などが主なポイントです。 何もない場所で釣るより、そのような場所、またはその付近を狙って釣った方が確実です。

 エサとして練り餌を使用する場合、何度もエサを打ち返すことにより魚を寄せ、 自分のポイントを作ることができます。

● 仕掛けの投入

 練り餌を使っているときなどは特に、やさしく仕掛けを投入しないとハリから落ちます。 近くを狙うときは、オモリの付近を手で持ち、竿を振り上げると同時に離して投げます。 向かい風の時や少し遠くを狙いたいときは、竿を後ろに振りかぶりまっすぐ前に振り下ろして投げます。 振りかぶって投げるときは投げる前に、後ろに人がいないか、障害物はないか、上に電線がないかなど確認して下さい。

 練り餌を使用している場合は、投入するポイントを集中させます。 毎回同じところに投入することによって魚が集まります。

● アタリとアワセ

 魚がエサをくわえたりエサをつついたりすると、ウキに動きが生じます。 これを「アタリ」と呼びます。 「アタリ」があったときに竿を上げて魚の口にハリが掛かるようにすることを、 「アワセ」と呼びます。

 アタリのタイプは、魚の種類・大きさ・活性や、ウキの感度やエサによっても異なりますし、 アワセを入れるタイミングも異なってきます。 活きエサではいきなりウキを消し込む大きなアタリが出ることが多いですが、 練り餌の場合はチョンチョンとした前アタリ、もしくはフワフワとウキが動くこと(サワリ)が多くなります。 なかなか難しいのですが、 とりあえず「チョンチョンと小さなあたりではあわせず、スッと大きく引き込まれたときにあわせる」とおぼえておきましょう。 もっともヘラブナはアタリが小さいので、この限りではありませんが・・・(^^;

● 大物が掛かった!

 大物がかかってもリールが無いため、糸を出して対処するといったようなことはできません。 それがのべ竿での釣りの難しさでもあり、面白さでもあります。

 大物が掛かった場合は無理に引き上げようとせず、時間をかけて魚と格闘し、 魚を疲れさせる必要があります。魚は力が加わった方向とは逆の方向に走ろうとするので、 竿を左右に操り障害物に潜られないようにコントロールします。 この時、竿と魚が直線になってしまうとハリスが切れます。 竿を立てたり竿の向きや角度を調節し、魚の引きを吸収します。

 コイなどの魚は、頭を水面から出させて空気を吸わせることにより、魚の引きを弱めることができます。 魚の引きが弱まったら、たもを使用して取り込みます。

● 地球が釣れた!

 魚が居るポイントでは根がかりがつきものです。竿を何度かしゃくることによって外れることもありますが、 強引にしゃくると竿が折れる危険性がありますので、 なかなか外れないときは無理をせず、道糸を手で掴み引っ張り、ハリスを切ります。 このとき道糸はタオルなどで巻き付けるようにして掴んで下さい。 素手で掴むと道糸で手を切ることもあります。

● 自分が釣れた!

 釣りをしているとハリが服などに引っかかってしまうことがよくあります。 釣鈎にはカエシがついていますので、引っ張ってもなかなか抜けません。 無理に引っ張ると生地を傷めますので、 なかなか抜けないときはカエシをラジオペンチで潰すか、 ラジオペンチのニッパー部(?)でハリを切って抜きます。

 人体に引っかかってしまった場合は特に、無理に抜こうとしないで上記の方法で抜いて下さい。 カエシ部分が出ておらず、ハリが奥深くまで突き刺さっている場合は外科医に行って抜いてもらって下さい。

ページ上部へ↑

青玉 おもに釣れる魚(河川中〜下流域・野池)

マブナ

● マブナ

 マブナはキンブナ・ギンブナの総称ですが、一般的によく見られるのはギンブナの方です。 「フナにはじまり、フナに終わる」と言われるように、初心者でも簡単に釣れ、汚染に強いため生息範囲も広い。 雑食性で何でも食べます。練り餌・活き餌のどっちでもかまいません。 マブナを狙う場合は底を狙うと確実です。 釣れるサイズは5〜25cmくらいが多い。 25cmクラスになると、フナといえどもそこそこ引くので面白いです。 ベストシーズンは春ですが、年間通して釣れます。

 釣りの格言(?)に『フナに始まり、フナに終わる』というものがあります。 「少年期にマブナ釣りを始めて以後色々な釣りに手を出すが、結局最終的にはヘラブナ釣りに落ち着く」という解釈が一般的のようですが、 私は『フナに終わる』のフナもやっぱりマブナだと思っています。 ヘラブナなんて放流してなきゃ棲んでいないわけで、どこでも釣れる魚ではありません。 「晩年は自宅近くの川・野池でまったりとマブナ釣りを楽しむ」というのが私の解釈です(^^;

コイ

● コイ

 そこそこ汚染に強く広く生息しており、大きく成長するため非常に面白い対象魚です。 大きいものでは1mを超えますが、大ゴイを釣り上げるにはこの仕掛けでは難しいので、 吸い込み釣りのコーナーをご覧下さい。 雑食性で何でも食べるので、練り餌・活き餌のどっちでもかまいません。 コイはさつまいもを好むので、マルキュー「いもグルテン」がおすすめ。 コイも底を狙うと良いです。 このウキ釣りで釣れるサイズは15〜30cmくらいが一般的ですが、 40cmオーバーが来てハリスを切られることも。 数釣りのベストシーズンは冬眠前の荒食いをする10月ですが、 4〜5月には大型が産卵のため浅場に来るので、数こそ出ないものの面白いです。 ヘラブナ狙いの時に掛かるとハリスをブチ切られたりハリを曲げられたりと、かなり厄介な外道でもあります(^^;

ヘラブナ

● ヘラブナ

 マブナより体高が高い。口は小さく、わずかなアタリしか出ないので初心者にとっては釣り上げるのが難しい魚です。 そのため専門に狙う人が多く、ヘラブナ釣り堀・管理池もあり、へら専門の道具・エサも多く出ています。 自然繁殖はしていませんが、一部の野池ではヘラ愛好家や管理者が放流しているため釣れる場所もあります。 マブナより大きく成長するため、30cmオーバー(尺上)の期待も持てます。 植物性プランクトンを食べていることが多いので、 マッシュポテトや麩(ふ)系のような植物性の練り餌を使用すると効果的です。 釣れるサイズは15〜30cmが一般的。 野釣りでは「合いベラ」と呼ばれるマブナ(コイ?)とヘラブナの合いの子らしきものが釣れることも多いです。

モロコ

● モロコ

 大きく成長しない小魚です。 群れをなしているため釣れ始めるとポンポン釣れてきます。 コイやヘラブナ釣りの厄介な外道でもあります。 小さいため当然あたりも小さく、小さなハリを使用しないとなかなか釣れません。 「赤虫鈎」として売られているハリを使用するといいでしょう。 練り餌でも釣れますが、狙うなら赤虫やサシがベストです。釣れるサイズは4〜8cmが一般的。

モツゴ

● モツゴ(クチボソ)

 大きく成長しない小魚です。 クチボソという名の通り口が非常に小さいため、なかなかハリ掛かりしない厄介なエサ取りでもあります。 小さいため当然あたりも小さく、小さなハリを使用しないとなかなか釣れません。 「赤虫鈎」として売られているハリで、1〜3号の極小のものを使用するといいでしょう。 練り餌でも釣れますが、狙うなら赤虫やサシがベストです。釣れるサイズは4〜8cmが一般的。 ブラックバスやブルーギルの増加とともに、最近はなかなか釣れなくなりました。

● タナゴ

 大きく成長しない小魚です。 短竿を用いたタナゴ釣りは冬の風物詩として古来から親しまれてきましたが、最近は外来種のタイリクバラタナゴの方が多くなっているようです。 口が非常に小さいため、なかなかハリ掛かりしません。 小さいため当然あたりも小さく、小さなハリを使用しないとなかなか釣れません。 「赤虫鈎」として売られているハリで、1〜3号の極小のものを使用するといいでしょう。 一般的には練り餌(オカユ)や玉虫(イラガの卵)で釣りますが、赤虫やサシでも釣れます。釣れるサイズは3〜4cmが一般的。 流れのあまり無いところに集まるようです。

● シラハエ(ハエ・オイカワ)

 主に比較的水質の良い河川の中流域に生息する小魚です。美しい魚で、 特にオスは繁殖期には婚姻色の赤みが出て非常にきれいです。 川の中に立ちこみ、毛バリなどで専門的に狙う人もいます。 練り餌でも釣れますが、ミミズなど活きエサの方が良く釣れます。 サシや赤虫も良い。釣れるサイズは5〜10cmが一般的。

● ウグイ(ハヤ)

 川の上流から下流まで、果てには海にまで生息(降海型)している魚です。 すべての場所で外道として嫌われる不憫な魚です(笑)。 ただ私の住む地域の水系ではそれほど棲息していないので、私はあまり悩まされたことはないです。 雑食なので練り餌でもミミズでも、ルアーでも釣れてしまいます。 「寒バヤ釣り」として冬に狙う人もいるようです。 婚姻色の出ているウグイは非常に美しいです。 釣れるサイズは5〜20cmが一般的。

ニゴイ

● ニゴイ

 「似鯉」と書かれるように、口に二対のヒゲがあり、コイを長細くしたような体型の魚で、 コイほど大きくならないため釣りの対象魚としてはあまり人気がありません。 しかしそこそこ大きくなりますし、ルアーやフライでもよく釣られています。 ニゴイの引きはコイのような重量感はないものの、荒っぽく暴れるので面白いです。 練り餌でも良く釣れますが、フィッシュイーターでもあり肉食嗜好が強いためミミズで非常に良く釣れます。 練り餌を使用する場合は、マルキュー「さなぎ粉」など動物性成分を多量に配合すると効果的です。 底を取るようにして下さい。 釣れるサイズは10〜30cmが一般的。

● ブラックバス(オオクチバス)

 肉食でどう猛で、淡水のルアーの対象魚として最も人気のある魚。 環境省が定める特定外来生物に指定されており、無許可での運搬や飼育などが禁止されており、違反すると罰せられます。 ブラックバスの釣り師達や釣り関連業者がが各地に放流または密放流したり、他の放流魚に混じって放流されたため、 たいていの湖沼・緩流域に生息しています。 どう猛なフィッシュイーターで、 琵琶湖では漁業資源であるアユやモロコが激減するなど深刻な問題を引き起こしています。 バスを釣るためのルアーや釣り道具、テクニックは星の数ほどありますが、 馬鹿な魚なのでミミズなど活きエサを使用すれば誰でも簡単に釣れます(笑)。 バスプロでも大会でモエビを使っていた人も居たらしいですしね(爆)。 岸近くで釣れるサイズは5〜20cmが一般的ですが、岸近くの小魚を狙って大型がやって来ることもあります。

ブルーギル

● ブルーギル

 「ブラックバスのベイトフィッシュ(エサ)になる魚」と勝手に目され、バスと同時に放流された外来魚。 環境省が定める特定外来生物に指定されており、無許可での運搬や飼育などが禁止されており、違反すると罰せられます。 小魚を捕食するだけではなく、雑食性であるためブラックバスとブルーギルだけでも食物連鎖が成り立つため、 ブルーギルの棲息する場所は生物相が極めて薄くなります。 狭い池沼ではブラックバスとブルーギルだけしか釣れないようなところもたくさんあります。 非常に好奇心が強く、ウキや仕掛けをつついたり、練り餌を使用していても釣れてしまいます。 しかもすぐハリを飲み込むという最低最悪の外道です。しかし非常に簡単に釣れるため、 何でも釣れればいいという人には最適です(笑)。エサはミミズが最適。 タナは表層〜中層。釣れるサイズは5〜20cmが一般的ですが、琵琶湖では25cmオーバーも岸から釣れます。

ナマズ

● ナマズ

 ルアーの対象魚として地味な人気のある魚(笑)。夜行性なので狙う場合は夜釣りとなりますが、 日中でも深場の底を狙えば釣れますし、浅場でも朝方・夕方や、濁りが強い場合は釣れてくることがあります。 小さくても荒っぽく暴れるので面白いです。 練り餌で釣れることもありますが、基本的には肉食の魚なのでエサはミミズを使用し、必ず底を取ります。 日中にウキ釣りで釣れるサイズは15〜30cmが一般的。

テナガエビ

● テナガエビ

 魚ではなくエビですが、底釣りをしているとたまに釣れてきます。 文字通り手の部分がやたらと長いエビで、食べると美味しいらしくテナガエビを専門で狙う釣り方も存在しているようです。 また一部では、クロダイ釣りのエサとしても流通しています。 エサは練り餌でも釣れてきますが、狙って釣る場合はミミズを小さくつけた方がいいでしょう。 袖鈎3〜5号程度がいいと思います。 釣れるサイズは胴体長4〜7cmが一般的。

● ハゼ

 海水魚ですが汽水域を好むため、下流域で活きエサを使用しているとよく釣れてきます。 釣りの対象魚としてはおそらく最も簡単に釣れる魚ですが(笑)、 ポイントや潮、季節が合っていないと全く釣れない魚でもあります。 夏〜秋には中流域にまで遡上して来ますが、狙うなら最初から河口で釣りした方がいいでしょう。 タナは底で、エサは水ゴカイが抜群です。5〜15cmが一般的です。

セイゴ

● セイゴ

 セイゴはスズキの幼魚で、海水魚ですが汽水域を好むため、下流域で活きエサを使用しているとよく釣れてきます。 「シーバス」などという西洋かぶれな名で呼ばれることが多いですが、日本に古来から棲息している魚であり、害魚とは近似種でもなく全く関係がありません。 「セイゴ釣り」を「シーバスフィッシング」とスポーティに呼び替える釣り業界の姑息な営業手段ですね(爆)。 ルアーよりエサ釣りの方が数の上では圧倒的に釣れます。 夏〜秋には中流域にまで遡上して来ますが、狙うなら最初から河口で釣りした方がいいでしょう。 専門に狙う場合はセイゴ - 電気ウキ釣りをご覧下さい。

● ボラ

 海水魚ですが汽水域を好むため、下流域でたまに釣れてきます。 特に稚魚は下流近くのドブ川や農業用水路にまで進入してきます。 私はウキ釣りではあまり釣ったことがありませんが、 コイ狙いの吸い込み釣りで釣れたり、セイゴ狙いのルアーにもよく引っ掛かってくるので困ります。 エサはゴカイまたはキジで良いですが、どちらかといえば練り餌のが良く釣れます。 大きく成長する魚のため、岸近くでも50cmオーバーが釣れることがあるので恐怖です(^^;

ページ上部へ↑

青玉 魚を持ち帰るには

● エアーポンプ(ブクブク)

 釣った小魚を観賞魚として生きたまま持ち帰りたい場合、 釣具店で売られているモエビ(シラサエビ)用のエビバケツと乾電池式のエアーポンプ(ブクブク)を購入しておくといいでしょう。

 コイやマブナは餌付けしやすく金魚用のエサもよく食べるので、飼育は容易です。 モロコ・モツゴ・タナゴも餌付けはしやすいのですが、口が小さいため冷凍赤虫や乾燥ミジンコなどの小さなエサが必要です。 その他の魚は・・・シラハエ(オイカワ)は水面からジャンプするし、ニゴイは底でじっとしてて餌付けしにくいので飼育はおすすめできません(^^;

 ただしブラックバスおよびブルーギルなどの特定外来生物は、生体を持ち運ぶだけで犯罪になりますので決して生かしたまま持ち帰ってはいけません。 また滋賀県や新潟県では生体をその場で逃がすことも条例違反となるようです。


釣りコーナーへもどる トップページへもどる