私ども、ぼったくり屋一家は1999年3月、初めての「家族で海外旅行」を
シンガポールの地に決行致しました。
以下に述べる事は、もちろん主観バリバリの内容ですが、そこは正確さよりも
雰囲気を伝えることに主眼を置いた結果とご理解頂き、ご容赦ご容赦。

☆ 旅行の概要 ☆

  時期     1999年3月22日(月)〜26日(金)
  旅行スタイル 大手旅行会社のパックツアー
  航空会社   シンガポール航空(往路は昼間便、復路は夜間便)
  ホテル    インターコンチネンタル・シンガポール
  家族構成   ばあちゃん63歳、とうちゃん40歳、かあちゃん37歳
          おじょうちゃん12歳、ぼっちゃん6歳  (年齢順)

☆ 飛行機の中 ☆

シンガポール航空は各座席に液晶テレビがついていてテレビゲームもできると ガイドブックに載っていたが、そのとおりでした。、
6時間のフライトで子どもが退屈してぐずり出すのではと心配していたのですが テレビゲームに熱中して、非常に「お静か」でした。
とうちゃんはビデオで映画を楽しもうと思ったのですが、英語版ばかり。
英語はさっぱり聞き取れない。日本語版は只ひとつ「北京原人」のみ。
普段ならきっと見ないであろう映画を楽しませていただきました。

☆ 暑い ☆

シンガポールは暑い。頭ではわかってましたが、参りました。
暑さも日本の夏に比べるなら慣れればどうってことはないのですが、
まだ寒い日本からシンガポールに到着した翌日、いきなりお定まりの市内観光で
引っ張りまわされると、昼過ぎには家族全員グロッキー状態でした。
特に土産物屋では子供達はまったく興味が無いので、余計に疲れるようです。
結局、市内観光を途中でリタイアして、タクシーでホテルに帰り、
お昼寝しました。 子ども連れの場合、市内観光ははじめからキャンセルして、まず暑さに体を
慣らすために手近なところに出かけ、子どもの体調を見ながら、昼には
いったんホテルに戻って昼寝するのが正解だと思います。
(ツアーによってはパンフレットに市内観光に参加しない場合の割増料金を
明示している場合があります。)
子どもが興味を持ちそうなところには「市内観光」では行きませんので、
参加しなくても特に損ということはないと思います。時間を得するでしょう。

☆ ホテル ☆

泊まったホテルはインターコンチネンタル。
5人なのでツインとツインのトリプル使用でしたが、トリプルの方はスイート ルームでした。部屋はかなり広いです。
「ショップハウス」とやらで、一階はパルコのお店で、2階がホテルの部屋。
ガイドブックによると、そんな賑やかなところにあるとは思えないほど静かだということでしたが、これは嘘でした。
パルコが開店している時間帯(夜は10時くらいまで)は部屋の中にいても 結構賑やかです。私は不快ではありませんでしたが、人によっては「こんなはずではなかったのに」ということになるのでは?
ホテルで昼寝をたくらんでいる人は避けた方が無難。
それとドアボーイがいないことが多かったのが気になります。高級ホテルのメインエントランスのドアを掃除のおばさんが開けてくれるなんて、変ですよね。

☆ お土産 ☆

お土産はガイドブックに載っていた体験談を参考に、スーパーマーケットでウーロン茶と鉄観音茶のティーバッグを買い占めました。
「車仔(rikishaw)」というブランドで25袋入り3ドルくらいで売ってます。
飲んでみましたが味はなかなかのものです。お勧めです。

チャイナタウンにもお土産探しに行ってまいりました。
チャイナタウンコンプレックスとやらにまず行ったのですが、
観光客の姿があまり見られず、ちょっと不安。
コンプレックスとスミス通りを挟んだ反対側の地域が観光客用にきれいに整備されていました。家族連れとしてはこちらで買い物するのが無難では。
シルクのパジャマの言い値が75ドルだったのが、高すぎるので店を出ようとするとなんと3分の1の25ドルになりました。
値切るのは当然として、気に入らなければ「帰る」という姿勢が大事だと痛感しました。他にもネクタイやスカーフなどシルク製品は安いようです。

☆ 食事 ☆

ハイティー

かあちゃんの強いご要望によりウェスティンホテルの「コンパスローズ」でお昼ご飯兼用のハイティーを頂きました。
いろいろ調べたのですが、ハイティーを昼食代わりにしようとすれば時間的にはコンパスローズくらいしかなさそうです。他のホテルのハイティーは2時か3時ころからというのが多く、それまで昼食を引っ張ると子どもの生活リズムが狂ってしまいます。
ところで服装チェックはどうってこと無かったです。みすぼらしくなければいいようです。

海鮮料理

現地ガイドのお勧めで、タクシーを飛ばして東部のロングビーチまで海鮮料理を食べに行ってきました。
お店は「ロングビーチ・シーフード・レストラン」。
このあたりには同じような名前の店がいっぱいあるようです。
全体に香辛料がよく効いていて、子どもにはどうかな、と思いましたが、おいしかったです。子供達も普段ならこんな辛いの食べないはずなのにバクバク食べてました。カニの身がムチムチでお勧め。

広東料理

JCBの海外デスクというのを使ってやろうと電話をしてみました。
リクエストは、オーチャードロードあたりで広東料理がおいしくて安い店。
見つけていただいた店が高島屋ショッピングセンターにある
「クリスタル・ジェイド・レストラン」
という広東料理の店。
4人のコースで68ドルとのこと。コース料理が4人で五千円!!!!
あまりの安さにびびってしまい、ひとつ高い4人で128ドルのコースにしました。
味を文字で表すのは苦手なので詳細は書きませんが、驚くほどおいしかったです。

☆ 移動手段 ☆

MRT(地下鉄)

地下鉄は日本とほとんど同じ感覚で使えるので、一度は乗ってみても良いかも。
ただし、なぜかMRT駅のエスカレーターだけはえらく速い。小さい子どもは危険ですので気をつけて。大人でも油断していると危ない。

タクシー

タクシーは安い。中心部を移動するだけなら10ドル以内でどこにでも行ける。
郊外に足を伸ばしても20ドルまで。30ドルで行けないところは(あまり)無い。
観光で行くようなところにはたいてい客待ちしているので帰りの心配も無い。
タクシーを使いたおすのがシンガポール観光のコツですか?

バス

利用しなかったのでわかりません。なんかややこしそう。

☆ 観光 ☆

シンガポール動物園&サイトサファリ

動物園の隣がナイトサファリ。動物園は17時まで。ナイトサファリは19時ころから。その間はナイトサファリの入り口前で食事がとれる。
というわけで、この二つは午後から出かけてセットで回るのが正解。
特に動物園への日本語バスツアーは午前中に集中しているようなので、午後は空いています。

セントーサ島

セントーサ島にはマウントフェ―バーからケーブルカーで行きました。
マウントフェ―バーまではタクシーです。
帰りはケーブルカーの途中駅のワールドトレードセンター駅で降りるのが便利だと思います。帰りのタクシーがつかまりやすいです。
セントーサ島では時間が無かったので、イメージ・オブ・シンガポール、アンダーウォーターワールド、ザ・マーライオンだけ行ってまいりました。
本当はじっくりと1日かけてみて回るのが正解では。夜の演出もなかなかのものらしいし。
ばあちゃんはセントーサ島が気に入ったようで、今度来たらセントーサ島のホテルに泊まる、と言ってました。

☆ 番外 ☆

日本語バスツアーについて

日本語ガイド付のバスツアーがはやっているようです。
JTBのオプショナルツアーの「マーライオンバス」やパンダバス、他にもRMGツアーとかあるようです。
ちなみにRMGの「ナイトサファリ(英語ガイド、食事なし)」のコースは40ドル。これが日本語ガイドになったとたんに65ドルになります。
ところがナイトサファリの園内では日本語のガイドが解説してくれるトラム(乗り物)が走っているので、一体この25ドルは何に対して支払っているのかよくわからなくなってしまいます。
で、個人的にナイトサファリに行くとすると一体いくらぐらい要るのでしょう。
かなり大雑把な計算ですが、タクシーの往復で20ドル程度、ナイトサファリの入園料とトラム代で20ドル程度、ですので食事・飲み物以外には40ドル程度で済むはずです。
しかも、タクシー代は人数で頭割りするのでもっと割安ですし、昼間の動物園も一緒に見て回れば効率的で安上がりです。
(動物園とナイトサファリの割引セット入園券があります。)

このホームページのホストは GeoCitiesです無料ホームページをどうぞ