■2日目:パレルモのノルマン王宮・モンレアーレのドゥオモ■

パレルモはシシリア州の州都にして最大の都市。

まず、ノルマン王宮へ。この街の名所なので少々並んで待って入場。
11世紀にアラブ人が築いた城を、12世紀にノルマン人が王宮として拡張した宮殿。
今はシチリア州議会堂として使用されているそうです。

  

入ってすぐ階段で2階へ上がっていきます。ここにパラティーナ礼拝堂(宮廷付属礼拝堂)があります。
アラブ・ノルマン様式。
 


礼拝堂入り口上にあるモザイク。この辺は新しいものらしい。

  
礼拝堂内部:暗いのであまり良く撮れてないですが凄い。モザイク画が美しい。


次はパレルモから少し移動してモンレアーレの街にあるドゥオモと回廊を見にいきます
  
モンレアーレについたよ。

モンレアーレのドゥオモ。
 
祭壇正面キリストモザイク。


 
祭壇中央にあるのはスワロフスキーガラスの巨大クロス、サイドには大きなオルガンのパイプ。

 
モザイク画が凄いです、ここも。


  
ピサーノ作のドウオモ入り口扉。ブロンズ製。
帰りに見られました。触れないようになってます。斜塔の方にあるのと対だそう。



まだモンレアーレ。