■5日目その2:ナポリからカプリ島・青の洞窟■


ポンペイ遺跡のあとはカメオの工房に寄り、それから昼食。やっとだあ。という感じでした。ポンペイは体力を消耗しました。

今日のワインはキリストの涙という意味の「ラクリマ・クリスティ」。飲みやすい白。

ポンペイからナポリへ戻ります。

ナポリではバスから降りて観光、というのはなし。かなり最近、治安が悪くなったからでしょうか。

ナポリから船に乗り、カプリ島へ向かいます。小一時間ほどでつきます。

カプリ島のマリーナ・グランデ
青の洞窟には明日行く予定だったのが変更となり、今日すぐに行く事になりました。
青の洞窟は入り口が狭く、1メートルほどくらいで、波がある日は船が出ないのです。

マリーナ・グランデからモーターボートに乗り換え、青の洞窟入り口付近まで行き、
そこからまた洞窟に入るための4人乗りの手こぎボートに乗り換えます。


日曜日の為か、とても込んでいる青の洞窟付近。
いつになったら入れるのかな。


笑ってるワタシだけど、結構待たされ、日差しも強くてバテ気味・・・。
ラジオでサッカー中継をしてたみたい。
ボートこぎのおにーさんたちが大声で話して暇をつぶしてる。
なんかしらないけど、もうやってらんねえよ的にボートのオールを投げ捨てちゃうおじさんもいたりね(笑)。

やっと洞窟の中に入るボートに乗れそうです。


これが青の洞窟の入り口。
入り口はとても狭いので頭をぶつけないように引っ込めて入る。
あと、入り口付近はボートとボートがせめぎあっているので
絶対にボートをつかんじゃだめと言われました。はさまれちゃうからボート内側につかまること。
それからボートに乗りこむときカメラを落っことしちゃう人もいたりしたのでちゃんと首からかけとくべきですね。
全身濡れちゃうこともあるのでカメラ等には充分注意。
あんまり良いカメラは置いてったほうが良いかもしれない。

とうとう入れたよー。
でも進行方向は真っ暗。
しかし後ろを振り返ると太陽光線が入るため、

洞窟内の海水は下から照らされているかのように美しいブルー!




すごーく待たされて見たのは一瞬という感じだけれど、とても綺麗でした。

船でカプリ島を一周するツアーもあるのだそうです。
また、船じゃなくて陸から青の洞窟へ入る経路もあります。
でも天候が悪ければ入れないそうです。

青の洞窟を見た後、ケーブルカーに乗ってホテルのあるカプリ地区へ。
ウンベルト1世広場を経て、いろんな店があるところを歩いていったところのホテル。

内装がとても可愛い。ちょっと狭いけれど、買い物にも便利なところでした。
だけどちょっと私は疲れて夕食までだらだらしてしまった。

夕食には「カプリ・ブルー」(白ワインでボトルが青のもの)を飲みました。
「カプリ」の白と赤もちょっと飲ませてもらいました。
どちらかというと「カプリ」は香りなどがきつい感じで濃い味。
「カプリ・ブルー」のほうが飲みやすい。
次の日、近くの酒屋さんで買って帰りました。