■8日目その1:アルベロベッロからバーリを経てローマへ■

お気に入りの街アルベロベッロに別れを告げ、バーリ空港から空路でローマへ。
ローマのホテルに着き、チェックインしてから街に出ました。
自由行動なので(旦那の趣味で)、日本人観光客がめっきり少ない「サンタンジェロ城」を観光しに行きました。
ここは最初は皇帝の霊廟と城塞として、のちに教皇の住居から、牢獄としても使われたこともあるそうです。
現在は、兵器などの博物館になっています。


城の前のサンタンジェロ橋入り口。ベルニーニの彫刻があります。


サンタンジェロ城正面。頂点には剣を振るう聖天使ミカエル像がありますがこれは見えません。

 

 
砲弾のレプリカらしきものが当時あったように置いてあるみたいです。



 ミカエル像が見えます。あそこまで上っていくのは結構大変でした。
  


途中にあるミカエル像。これは剣を振りかざしてはいません。

 
室内から見た、サン・ピエトロ方面。

  

  
城の上からは、ぐるりとローマの街が見渡せます。


中世頃の武器。刀に銃が付いているみたいです。他にも防具などがありました。

 
内部の様子。サンタンジェロの華やかな部分?


バチカンに続く道。

 
城の頂点にあるミカエル像。これはレプリカらしいです(左)。 城の最上にいく手前の部屋にあるこのミカエル像が本物らしいです(右)。

 
城内のバールでひとやすみ。
していたら、となりのおねえさんが「そこの窓から写真を撮りたいから皿をどけて欲しい」と店の人にいっていて、
私たちにも「あなたたちも撮れば?」と薦めてくれたアングル。
窓からみた途中にあるミカエル像。