ももへの超テキトー写真合成法
Photoshop5.0編

 せきねだけフツーなのはかわいそうなので、この2枚の写真を合成します。
 貼り付けたい部分をテキトーに選択し、コピーします。
 元の画像にペーストすると、「レイヤー」ができます。
 レイヤーとは、アニメのセルみたいなもんだと思って下さい(分かるよね?)。
 また、レイヤーの左横のマークは、
  ●目玉:可視
  ●筆:現在作業中のレイヤー
を示します。それぞれ、クリックで作業レイヤーや可視・不可視を切り替えられます。
 ペーストしたレイヤーをいじる前に、
 レイヤーの不透明度を薄くすると、元画像が透けて見えるので作業しやすいです。
 メニューの「編集」から「変形」を選び、拡大縮小・回転などを行います。
 「拡大・縮小」するとき、シフトキーを押しながら画像の端をドラッグすると、
縦横比が等倍のまま拡大・縮小できます。
 変形が終わったら、ツールボックスの中の移動ツール(一番上の右)をクリックすると、
「適用しますか?」と訊かれるので、「適用」をクリックします。
移動ツール

 大きさと位置、向きが決まったら、レイヤーの不透明度を100%に戻して、
合成する部分の色味を調整します。
 メニューの「イメージ」から「色調補正」を選び、「トーンカーブ」や「カラーバランス」などを
テキトーに動かして、色味が似た感じになるまで頑張ってみましょう。

 いじくりすぎてワケ分かんなくなった場合は、
メニューの「ウィンドウ」から「ヒストリーの表示」を選んで、
作業の履歴を引っ張り出し、いじくる前に戻しましょう。
 それぞれのヒストリーをダブルクリックすると、その時点での作業状態が再現されます。便利だね。
 ここまで終わったら、合成する前に、不要な部分をなるべくキレイに消しておきましょう。
 ブラシの大きさを変えながら、丁寧に消しゴムをかけていきます。
 さらに、メニューの「レイヤー」から「マッティング」を選び、「フリンジ削除」で
幅1ピクセル程度フリンジを削除しておくと、キレイに仕上がる場合もあります。

 最後に、レイヤーを含む画像はJPEG・GIF形式では保存できないので、「レイヤー」から「画像を統合」を選び、
レイヤーウィンドウに表示されているのが「背景」だけなのを確認してから、
テキトーに名前をつけて、画像を保存します。

[ むふふギャラリー ] [ 味噌画廊やすらぎ ]