アジアの衛兵交代

三峡祖師廟へ。
よくわからないがこの地方の聖人が奉られているところ。
日曜でたくさんの人が出ている。
廟までの道は屋台やふろしきをひいただけの小物を売っている店がでている。

橋の欄干の飾り。
狛犬、シーサーに通じるものがある。

入り口のお線香をたてるところ。とってもカラフル。

霊験導師がお経を上げている。本職ではなく一般の信者さんらしい。

橋の上でこまで遊ぶ人たち。
選挙前でどこもかしこもポスターや看板がすごかった。日本のように貼る場所や大きさを規制しなければここまではげしくなるかと思う。

中正記念堂へ。
ここは故奨介石大先生の業績をたたえるところらしいがまあそんなことはどうでもいい。
とにかく建物、敷地が大きい。
テーマカラーは青。

ホールには巨大な像が建っている。
徴兵された兵隊がそれを警備している。

後ろは窓も入り口もなくちょっとさみしい。

建物の中のオブジェ。まるくくりぬかれたのが、中国風でなかなかいいでしょ。

忠烈祠へ。
ここは靖国神社みたいなところか。
観光客にとってはお参りではなく衛兵交代を見にくるところ。
台湾は2年の徴兵制がある。国交がある国はほとんどない。日本ともない。
若いときの2年の徴兵。いろいろ考えさせられる。

本殿をながめる。
天気がよくて心地いい。

本殿を下から見上げる。カラフルな中国建築。

私は衛兵交代は北欧や中欧のあちこちで見ている。
様式が美しくまた少しこっけいであるのはここも同じ。
ただ交代のための行進後、位置についてから、上官が衛兵の汗をぬぐい、衣服のシワを直すのは初めて見た。
それがめずらしかったので記念に1枚。パチリ。

千と千尋の神隠しのまち
近くて近い国

HOME