2001 [ Vol.10 | No.1 ]

ここで素材や服を勉強して服を買った後のがっかりを無くそう!!

ニットのケア方法
まず基本的にニットは手洗いでやりましょう。 
@ニットを手洗いする場合、中性洗剤もよいが、ドライクリーニング専用の洗剤をおすすめします。
たたんだままぬるま湯につけ、汚れやすい袖口などを中心に軽く押すように洗います。
もみ洗いは厳禁です。
A軽く水を切ったら、たたんだまま洗濯ネットに入れて30秒ほど脱水機にかけよう。
やりすぎはちじみの原因になるので注意します。
終わったら洗剤を入れずに@を行いよくすすいで同じように脱水します。
B脱水し終わったらバスタブののふたなどの上にバスタオルを広げてその上に形を整えて置き、平干しにする。ハンガーを使うときは、イラストのようなかけ方をすれば形くずれはしません必ず陰干しにしてください。

ブレザー
ブレザーとは一般的には、イギリスのケンブリッジ大学とオックスフォード大学の対抗レガッタのとき
、ケンブリッジ大学のボート部員が全員で真紅のジャケットを着ていたのが始まりだといわれている。
水に映えて鮮やかだったことから、英語のBLAZE(炎)が転じてブレザーになったという説が
有力なのである。


ハラコ
ハラコとは本来、動物の胎児の皮の事を指す。面積が小さく、一頭から取られる量が限られているため、かなり貴重。現在では死産したものを使っており、そのためにわざわざ殺したりはしないそうだ。一般的には牛や羊、山羊などが多く、毛足が少し長いのが特徴。しかも子供の毛なんで、とっても柔らかい。でも最近は本物が高価なため完全になめさず、毛を残して風合いを似せたフェイクのものも含めてハラコと呼んでいる。


                         これからもどんどん更新します
知りたい素材やこの素材をどうやってケアするのかなど質問したい内容を掲示板かメールにアクセスしてください
                           よろしくお願いします

             ここをクリックしてください。
                     Last Update :2000/05/31
                   
Copyrightc2000 Yuya Tomita All rights reserved