Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
開発市民総研
Image

経済成長ゼロ時代を生きる知恵を考える集まりです。
連絡はメールにて。

経済のグローバル化に対抗するアドボカシーNGOを名古屋に!

 わたしたちのだれもが明日の生活に不安を抱えるいま、世界はまさにアメリカとその追従国による一極支配の様相を呈してきました。政治の面では、さきのアフガン、イラク攻撃を通じて、アメリカが国際社会の反対を押し切って、力の行使を独善的に行えることを世界に見せつけました。経済の上でも、WTO(世界貿易機関)体制のもとで、貿易の自由化、経済のグローバル化という名の「アメリカ化」が進められ、世界はまるごと「マーケット(市場)」と化そうとしています。人やモノ、サービス、情報が自由に行き交う世の中は、一見自由で幸せな未来を保証してくれるようにみえます。しかし、ともすれば経済的な競争力のある商品のみが世界に満ちあふれ、わたしたち独自の文化や価値観、生活様式を保証してくれる貴重な資源が喪(うしな)われる危険性をはらんでいます。また、世の中が市場原理にゆだねられ、生産や消費の機能が特定の地域にかたよることで、それぞれの地域の自立発展の機会が奪われることになりかねません。わたしたちは、わたしたち自身の価値観に基づく自由や尊厳が守られるグローバル化は歓迎しますが、押しつけの「自由」「競争」「選択」「不公平」がまかり通るグローバル化には、断固NO!をとなえます。わたしたちは行動を起さなければなりません!

 わたしたちには、行動すべき多くの事柄があります。政治、経済、社会、あらゆる分野で、経済のグローバル化とは別の方向の「もう一つの社会」を目指して、行動していく必要があります。そのために、これらに取り組むアドボカシー(調査研究、政策提言、社会運動)分野のNGOの創設を構想しました。このNGOは、つねに地域の人々と、世界の人々とともにあり、地域の生産、消費の現場を歩き、見て、肌で感じながら、メッセージを発信していきます。わたしたちは、議論にとどまらず、地域の人々、世界の人々とともに発言・行動します。よい意味でのグローバルとローカルをあわせもった立場、いわば「グローカル」な立場がわたしたちの立ち位置です。

 この社会の行く末を誰もが見通せないいま、わたしたちは愛知・名古屋のみなさんとともにアドボカシーNGOを立ち上げたいと思います。「希望」はかならずわたしたちの前に開けます。ぜひ、積極的なご参加をよろしくお願いいたします。


Mail
メールお待ちしてます

お気に入りのサイト
Icon 名古屋NGOセンター
Icon なごや自由学校
Icon ODA改革ネットワーク
Icon アジア太平洋資料センター
Icon 同志社教会



2003年09月15日 17時12分15秒


GeoCities Japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / E-List / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン