元大手生保管理職の管理人が「こんなんでいーのか?!」と熱く語る生保CIA

あなたは1999年5月より 人目の訪問者です


「保障内容は充分ですか?」
「新しい商品が出ました。ぜひご検討下さい。」
「ご主人さまは最低でも5000万の保障が必要です・・・」

などなどのセリフに加えて・・・

「ただいま○○キャンペーン中です!」
「いまご契約されますと、当社オリジナルの△△をさし上げます!」

さらには・・・

「当社の最新コンサルティングサービスであなたの必要保障額を算定致します。」
「いまご加入の保険証券を拝見させて下さい。」

そんなの必要ありません!!一般のサラリーマン家庭ならば・・・夫3000万 ・ 妻1000万 (またはファミリー特約など)・ こども貯蓄商品(これも特約でも可)で充分です。その他は必要に応じて、ガン保険・医療(入院)保険でおぎなうのです。
なぜなら通常は雇用主から死亡退職金や弔慰金などが支払われ、さらには国から遺族年金が支給されるからです。
安易に年間生活費から算出された保障額の保険には加入しないようにしましょう。月々15,000円余分な保険料を払うと、30年で・・・

500万円以上の無駄なお金が消えてしまうのです!!

生命保険はマイホームに次ぐ大きなそして一生の財産です。決してテレカやプレゼントの誘惑に負けないで下さい!

★★★ メニュー ★★★

★★★生保なんでも談話室★★★

契約・解約・手続き等でお困りの方。お気軽にご相談下さい。その他質問や、生保以外の話題もOKです。

  • 談話する

  • 見学する