他人の評価は兎も角、自己満足のページ

ナックルウォーカー
コング

かなり以前から構想を温めていたんですが、他のコンテストなんかに参加している内に延び
延びになっていたものを漸く完成することができました。
RCXやらSCOUTやらを使わない所謂MindStorms作品ではないので、発表する場がなかった
が、#3MindStomrsフェスティバルにLEGO部門ができたので良い機会と思い一気に作って
しまいました。
他のページで紹介した、「たま」と「キリギリス」
に続いて、動物の動きを表現したものです。
自分で勝手にネイチャー3部作と呼んでます。

歩行系ロボで他のクリエータの方が未だ作成
してないものはないかなと考えていたらマウン
テンゴリラのナックルウォークに辿り着いた次
第です。
それで動物園とか行ってVTRなんか撮ったり
とか、まあそれはそれで子供と楽しむLEGOと
いうことなんですけど・・・
肩+肘+手首、股関節+膝+足首それから
首と歩く時の関節すべてを作り込んでみまし
た。
序でに、手の指の第一、第二、第三関節も
自由に曲げられます。
ナックルウォークを実現するために手首と
足首がブラブラになっていて引き摺るような
動きを表現してます。
本当のゴリラはシルバーバックといって背中
が銀色なんですが、LEGOには無い色なので
黒で統一しました。
ま、お尻の萎んでる雰囲気が出ているという
辺りで勘弁してください。
トータル50時間程掛ってますが、顔に一番
時間を掛けました。
目、鼻、口(歯)と耳に何が使われているか
当ててみてください。
頬骨とか眉のあたりの骨格にも気を使って
ます。
この三角頭の雰囲気を出すのにも苦労しま
した。
今回、犠牲になったLEGOは主に#8880です。
顎に辺りを作っている時に少しずつ分解とい
うことに・・・

LEGOって斜めに接続する部品が少ないので
三角形にしたり、台形にしたりするのって
強度の問題でかなり難しいです。
今回のものは長時間稼動させると腕に負荷
が掛って外れ易いのですが、その他は鷲掴
みしても壊れない頑丈さを確保しました。
セクシーな後頭部でしょ。
頭の天辺が白く剥げているように見えるのは
・・・

項の辺りから延びているワイヤーは首を振る
ためにプーリーに接続されてます。

全体的にポッチが無いのにお気付きでしょう
か。家にある化粧板を惜しみなく使ってみまし
た。
左足首のアップです。

6穴プーリーx2枚で三角ハーフビームを上下
2枚づつ挟むようにして100度程の自由度を
持つ関節を作ってます。

下の歯車は踝を表現しただけの飾りです。
お尻のモーターが有ります。

当初、このギアの組合せは上に24枚歯が
来てたのですが、飾りをつけていく段階で
トルクが足りなくなって逆になってしまいまし
た。
サクサクと歩いていたのが、ノシノシと歩く
ようになって、それはそれでゴリラらしくて
いいかってことに・・・

お尻の丸いプレートがセクシーでしょう。
脚はクランクで動かしてます。
この辺りは常套手段ですね。

一応、足の指は五本ずつ有ります。
こちらは手と違って関節はありません。
でも、1本1本別れていて、指の長さに段差
があります。

太股の丸みの雰囲気、出てますでしょうか?
手の甲には間節骨が・・・

こんな小さなサスペンションですが、ナックル
ウォークするためには重要な役目を担ってま
す。
ブラブラの上にバネ付きとくれば、かなりの
柔軟な動作を表現できます。

それにしてもこの掌は開くことができる優れ物
なんですが、犠牲になったミニフィグの供養を
しないといけないなあ、、、
ところで、動力源はどこにあるかお気付きで
しょうか?

最後まで何処に置くか悩んだ結果こうなりま
した。

お陰で電池交換の時に分解せずに済むよう
になりました。
kong21.mpg(502K) 何はともあれ、実際の動きを見て下さい。
殆ど黒いのでモノカラーで撮影してみました。