AUSTRALIA
オーストラリアのページへよ うこそ!! ここでは私が夏休みに体験した事を紹介したいと思います。例えば、ス キューバーダイビングやエアーズロック、 コアラ、アボリジニーなどについてです。
それでは、LET’S GO!!



(上)の写真がオルガです。
オルガは36個の岩の寄せ集まりでできている。オルガの標高は106 9m(地表からの高さ546m)。見る場所によって、いろいろな形に 見える。




(下)の写真はエアーズロックです。
エアーズロックは、周囲9km、海抜867m(地上からの高さは3 48m)の世界最大級の一枚岩。最低気温は−5℃、最高気温は+5 0℃。一ヶ所だけ登れる所がある。エアーズロックが夕焼けに真っ赤 に燃えるのが見られるサンセッット・ビューという展望地がある。 でも、見ることができるのは、年に数回らしい。






これはケアンズでスキューバーダイビングをやっている写真です。 私はクイックシルバーという船に乗って、エイジンコート・リーフ に浮かぶポントゥーンに行きました。そこの周りには珊瑚礁がめい いっぱい広がっていて、濃いブルー、薄いブルー、グリーンなどの色 をしていてとてもきれいでした。ブッラクオパールの宝石のような色 をしてて本当にきれいで感動してしまいました。私はここで初めてダ イビングをやりました。泳げないのでとてもこわっかたけど、日本人 のインストラクターがいて、丁寧に明るく教えてくれてくれたので私 にもできると思いました。でも、実際深い海に潜るのだと思う とこわくてなかなか潜れませんでした。でも、思い切って潜ると、い ろんな色のきれいな魚がいっぱい泳いでいてこわさなんてふっとんで しまいました。海の中はまるで夢の世界のようでとてもステキでした。 皆さんもぜひ行ってみて下さい。オススメです!!






右の写真はオーストラリアで有名なかわいいコアラです。コアラは夜 行性で昼間は昼寝していることが多いそうです。親子で一緒にいると ころが一番かわいらしかったです。私のホームステイ先にいた弟の学校 では野生のコアラを見ることができてとても感動してしまいました。本 当にかわいらしくてだっこしてみたいとか、触ってみたいとか思ったん ですけど、つめが鋭くて触るのは危険だそうです。一度見るとコアラの 虜になてしまいますよ!!ほかには、カンガルーもいてえさをあげるこ とができました。ぴょんぴょんと跳ねてる姿はこれもまたかわいらしい です。もうひとつ、大きな鳥みたいな感じでエミューという動物も有名 らしいです。エミューにもえさをあげるこたができたんですけど、くち ばしでつっつくからちょと痛いし、体が大きいので近づいてくると少し こわかったです。羊の毛も少し刈らせてもらい貴重な経験をしました。


左の写真はパブローバーというケーキです。マシュマロみたいなもので できていて、上にはご覧の通りフルーツがいっぱい。見た目はすごく甘 そうですけど、味はそんなに甘くなくて、さらにこの上に甘く味がつい た生クリームをつけて食べるんですよ。もういくらケーキ好きな私でも 一切れ食べたらごちそうさん。という感じでした。でも甘いものが食べ たーい!というときは最高だと思います。最初に口にしたのは、ホスト マザーの友達が作ってきてくたものでした。バースデイパーティに呼ば れた時にもこのケーキがでました。有名なんですね。夕食にバイキング に連れて行ってもらった時にもこのケーキがあったんですから。



アボリジニ
オーストラリア大陸に最初に住み着いたのは先住民・ アボリジニでした。約5,6万年前にアジア大陸からオーストラリア 大陸に渡って来たと考えられています。そして、1788年にヨーロ ッパの入植が始まりました。現在のアボリジニの人口は約30万人で す(全人口の約2%)。今のお年よりはアボリジニとあんまり仲良く ないそうですが、子供たちは仲良しです。アボリジニの国旗があるって 知ってました?私はオーストラリアの国旗しか知りませんでした。

オーストラリアの国旗 アボリジニの国旗

彼らの絵も見てきました。彼らの絵には特徴があってほとんど点描画で 描かれてました。とてもすばらしかったです。
アボリジニの楽器ディジュリドゥというものがあります。これは長い 笛みたいなものでとても不思議な音が出ます。口の使い方、息の吐き方 などによっていろいろな音が出ます。本当に不思議な音で、一度聞くと 頭にのこって、忘れることはないでしょう。ディジュリドゥにもアボリ ジニの点描画が描かれていました。芸術のようにすばらしかったです。 一番上の右側にちょっと派手な飛行機がありますよね。これはアボリジ ニの美術をあしらった特殊塗装機なんですよ。けっこう目立つかも?

オーストラリアで知ったこと
まず、食生活を見 ると日本人の方が完全 にバランスがよく、健康食だと思います。オーストラリアでは本当によ くお肉を食べます。しかもたべられないほどたくさん。私はfish派なの で、ちょっと辛かったですね。味も単純で塩、こしょうで。といった感 じです。日本の方がいろいろな風味や、こくがあっておいしいと思いま した。朝食ではミルクでたっぷりつかっているクラッカーみたいなもの が出て、初めの一口はいいんだけどそれがすごく甘くて、ベチャベチャ してて離乳食のようでした。気持ち悪くなって残しちゃったんですけど ね。それ以来ホットケケーキになったんですけど、そのシロップの量も 普通じゃなくて、たまらないって感じだったんですけど、毎日食べてた ら味が慣れたみたいで逆にそれがないと寂しいという感じになってしま いました。
foodについてもうひとつ言うと、ハンバーガーに大きさがとてもbigなん です。約日本の2倍ありました。私はいつもポテトとセットで食べるん ですけど、オーストラリアではとても食べられません。ハンバーガー 1個食べるのがやっとでした。
町を出歩くとお年より のカップルもとても仲がいいんですよ。手をつないで歩いてたり、一緒 にアイスクリームを食べてたり、こういうのっていいなあーと思いまし た。日本ではめったに見られないですよね。私も年をとってもオースト ラリア人のようでありたいな。
私は日本の夏休みに行 ったので、オーストラリアでは冬でした。朝と夜はけっこう冷えて寒い んですけど日中は暑いぐらいです。日差しが強いんですね。冬でも日焼 け止めクリームは必要です。少し運動するとTシャツでじゅうぶんなく らい。しかも驚くことにプールも入っちゃうんです。私も入りましたと いうか、突き落とされてGパンのまま入っちゃいました。これも一つの いい想い出です。そして遊ぶときはみんな裸足。
オーストラリアは自然 が多くて、海も真っ青で、いろいろな動物がたくさんいて、とってもす ばらしい所です。人も親切で、知らない人でもすぐ”HOW ARE YOU?”と か”HELLO!”などの挨拶を交わします。ゆずりあいの気持ちとフレンド リーな接し方を見習いたいです。みなさんもぜひ行く機会があったら 行ってみてくださいね。ここに紹介した以上のもっとすばらしい経験が あなたを待っているでしょう。