文金高島田への道
file.6 衣装と美容
7へ

 引越しと並行して、衣装選びをし、エステにも行った。衣装は式場Z出入りの美容院Xにした。割引があったし、割と評判のいい美容院だった。それにサイズも豊富だった。
 E氏と行って、衣装はすぐに決まった。白無垢、打ち掛け、ウエディングドレス、カクテルドレスの4着(近辺ではどこもこれがセットになっている。関東地方のいとこは別々の料金だったらしい。)、前撮りはそれと振袖(サービス)に決定。E氏もそれに合わせて、紋付袴、タキシード、替えの上着。でも、びっくりしたのは男性の靴。なんとシークレットブーツみたいにかかとが高くしてあるのだ。どうしてもヒールを履いている女性が高く見えるから、というわけだ。E氏は普通の高さだった。問題は胴回りだった。E氏はやせていたので、ズボンとシャツの間がすかすか空くのだ。ベルトをしめるとはいっても・・・。これは式までに少しは太らせないとと私は心に誓った。(結局、当日も…。今も身長170cmあるのに、体重は60kgもない。なんで同じもん食べてるのに、私だけ太るんだろ?)

 Xは成約すると記念品をくれた。なんと食器乾燥機だった。これは二人とも持っていなかったので喜んでいただいた。フェイスエステも10回はただでしてくれた。これが非常に助かった。引越しと仕事で大忙しの私にとって、たとえ週1回(下手すると2週に1回)でもエステは気分転換になった。気持ちがよくて眠りそうになったこともしばしばだった。
 でも、かつら合わせは大変だった。昔に比べて軽くなったと言うんだけど。文金高島田は重い・・・
                           
次へ

戻る