益荒男日記2002

7月13日 Nの事件

 題名は例の件、顔写真流出の件である。ある意味起こるべくして起こってしまった事件かもしれない。なぜそう言えるのかというと、実は先月、私はとんでもない広告を地元の新聞で見てしまったのだ。
 それは、例の会社の広告だった。なんでも県内に新しい支店ができるとかで、そのオープンを記念して無料でプレゼントするのだと言う。そのプレゼントの中身に私は驚愕した。
 ・雑誌(1000人の男女の
写真とプロファイルが掲載されたお見合い情報誌)
 ・全国正会員(18〜88歳)から希望する相手の
写真付き紹介書
 これを
応募者全員に無料でプレゼントするのだと言う。
 まさか、応募者全員に?!。入会しないとプレゼントしないというならともかく、ただで1000人もの写真付きの雑誌をくれるんだろうか。信じられん。もし、私が会員だったら、その事実だけで会員を辞めると思う。雑誌に載せることを了承した会員がいたとしても、それがただで配布されることに平気でいられるだろうか。Oでさえ、会員の情報誌に載ってるデータ(勿論仮名)には顔写真はなかったというのに。
 平気で顔写真を情報誌に載せ、なおかつ会員でもない人(もしかしたら入会しないとくれないのかもしれないが)にただでそれを配布するなんて、凄い神経した会社である。そんな神経だからこそ、顔写真を平気でネットにつなげる場所に置けるんだと思う。普通の神経だったら、ネットに直接つなげる場所に写真は置かないし、誰が目にするかわからない印刷物には簡単にできないはずである。
 今朝の新聞にもこの会社は広告を出していた。無論、Nという情報誌の名前などは今回は全く書いていない。先日の新聞には顔写真流出の記事は出ていたが、果たしてこれが同じ会社だと気付く人はいるだろうか。ネットの普及していない田舎ではあの記事の意味すら理解されていないかもしれない。

もどる

7月8日 そんなの来たことないけど……

 最近、不思議に思うことがある。このサイト(サイトなんて言うと照れくさいけど)では結婚情報サービスと見合いについての駄文、それに現在の日記をささやかながら記録している。O社については感謝はしているが、お勧めはしていないし、それどころか、疑問点も挙げている。なのに、O社から苦情めいたメールどころか、何の反応もない。別に反応は期待していないから、それはそれで構わないのだが、最近、某サイトを見て目が点になった。
 「強烈なヒステリックとも言える電子メール」って、そりゃ何だ……。そのサイト管理者のところには、記事に関してO社からそんなのが届いたって言うのだが、普通、一企業が自分のところの顧客にそんなメールを送るのだろうか?送るとしても、ヒステリックってどんなメールなのだ?社会人の常識として、会ったことのない人間に手紙(メールも手紙だ)を送るのに、たとえ苦情であったとしても、ヒステリックなメールを送る人間はいない。会社名で出すとしたらなおさらである。慇懃丁寧な文体で出すもんじゃなかろうか。実際、私はO社に在籍中に、活動の件でメールの返事をもらったことがあるけれど、まっとうな文体のメールだった。
 思うに、これって、O社の社員を装った人のメールなのではあるまいか。書かれている内容に反感を持った人が、それらしいアドレスを装って送ってきたのではあるまいか。
 あるいは、もし本当にO社の人だとしたら……。よほど、サイト管理者の書いたことに激怒してしまったのか。(でもそんなメール出したら、後で上司に絞られると思うんだが)あるいは、普通に書いたのに、管理者は「強烈なヒステリックとも言える」と解釈してしまったのか。
 どっちにしろ、人と人とのコミュニケーションというのは難しいものだということは確実である。

もどる

7月5日 何もかも悪霊のせいにできればこんなに楽なことはない

 またもアンビリーバブルねた。家族にとりついた悪霊を追い払ううちに、その原因は別の家族につく霊にあったという話である。結局は霊を成仏させて、めでたしとなるのだが、恐ろしいと感じるよりも、これで何もかも解決するのなら、おめでたいとしか言いようがない。
 普通は、とんでもない事件の原因は、霊にはない。生きている人間の行いが原因となって、結果が生まれるのだ。金を借りて返さないのは、返せないのに借りた人間が悪いのだし、人を殺して捕まるのも、殺した人が悪いから。悪霊のせいではなく、人間に原因があるのだ。当然お払いしたって効かないし、解決には時間がかかる。苦労だって並みではない。
 恐らく、遠い昔、狭い社会の中で暮らしていた私達の先祖は、家族や周囲の人間を傷つけまいと、何かことがあると、その原因を悪霊に求めたのだろう。悪霊がいるからあの人は悪事を働いたのだ、あの家に不幸が続くのだ、と言えば、人間は傷つかずにすむのだから。それは生活の知恵だったのかもしれない。
 だが、現在の私達の生活範囲は広い。よくないことを霊の責任に転嫁できない状況になっている。たとえば、不景気、戦争、環境問題。これが霊のせいで起きるなんて言ってたら、いつまでも解決しない。悪化するばかりだろう。
 何もかも悪霊のせいで解決できた時代のほうが今よりは少しましだったのかもしれない。

もどる

 

もどる