ウルトラ家の第一のこだわり。無添加せっけんのお話です。

はじめに・・・

無添加せっけんと合成洗剤の違い、ご存知ですか? お風呂の石鹸と、洗濯用の洗剤のちがい…ではないのです。原料や製造方法に違いがあるのですが、すご〜く簡単に言ってしまうと、化学薬品を全く使用せずに手間をかけて作られたものが"無添加せっけん"で、添加剤を色々入れて簡単に作ってしまうのが、"合成洗剤"です。
(ちょっと乱暴な分類の仕方ですが)

普通の家庭で、何気なく使われている、浴用(シャンプーも)、台所用、洗濯用…の洗剤はすべて化学薬品たっぷりの、合成洗剤なのです。どれも体に直接触れるものですから怖いですね。試行錯誤の結果、我家では家庭で使う洗剤のすべてを"せっけん"に切り替えました。
ここでは、せっけんについてのお話や、体験談などを紹介しています。

一応念のためですが、私は石鹸屋さんではないので、石鹸の宣伝の為にこのページを作っている訳ではありません。あくまでも"我家のこだわり"なので、気軽に読んで頂けたら嬉しいです。


せっけんを使い始めた訳

 我家がせっけんに"はまった"きっかけは、生後すぐから湿疹のひどかったマーちゃんに合わせて石鹸を探すうちに、洗剤の毒性が気になり始めたことでした。
 同じ頃トーちゃんも原因不明の背中の"チクチク"に悩まされていました。年中背中がチクチクと痛くてとくに汗ばむ季節になると傷にしみるような痛さで、とてもストレスを感じていました。

 マーちゃんにもトーちゃんにも色々なクリームやお薬を試してみましたが効果がありません。入浴剤をあれこれ替えてみたり、ゴシゴシタオルを天然素材のものにしてみたり、知り合いの勧めで、かなり高価なマルチ洗剤を使ってみたり、考えつくことはやってみましたがどれもあまり効
果がありませんでした。 そんな時、当時読んでいた"エヴァ"というエコロジー関連の情報誌でシャボン玉石鹸の紹介記事をみつけました。なんとその会社の社長自身も原因不明の湿疹に悩まされていて、ためしに作った"無添加石鹸"(それまでは合成洗剤を作っていた)を使うと嘘のように治った経験があると言うのです。『これかも知れない!』と思いました。 ダメでも損は無い(無添加なら害はないし、マルチ洗剤のように高価でもない)と思い、通販で商品を取り寄せて使い始めました。台所用、お風呂用、洗濯用のすべての洗剤をせっけんに切り替えて・・・

トーちゃんは背中が痛いと言わなくなりました。ついでに私の手荒れも治り、真冬でもハンドクリームが要らないほどです。慣れないせっけん生活に最初は戸惑いましたが、今ではすっかり快適になりました♪せっけん生活のトラブル&対策を紹介していますから、よかったら参考にしてくださいね。

top

合成洗剤とは・・・

 合成洗剤とは・・・特別に意識せずにスーパーで買うことの出来る、普通の洗剤のことです。(台所用、洗濯用、浴用、シャンプー等)お家にある洗剤の成分表を見ると、たくさんの添加物が使われているのが分かります。その中に身体や環境に良くないものがたくさん含まれていることは、誰でも知っていることではないでしょうか?だから赤ちゃんの洗濯物は大人のものとは分けてベビー用の洗剤で洗濯したりしますよね。

でも大人だからって、体に悪いものを使いつづけていい筈ありません。実際、肌荒れの原因になったり、ひどいときは湿疹、アレルギーになったりする人もいるようですし、なんとハゲの原因になる場合もあるのです。(嘘のようなホントの話)ここでは私に分かる範囲で合成洗剤について説明してみます。専門知識はありませんので、もしも間違ったことがありましたら指摘してください。(なんと言っても理数系は苦手ですので)

  まず、合成洗剤のおはなしの前に無添加せっけんの説明をしておきますね。
 "せっけん"というのは脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムのことを言います。そのせっけん分(純せっけんといいます)が 95% 以上で、香料・色素・安定剤などを含んでいないものを"無添加せっけん"といいます。

 無添加せっけんは食器洗い、洗濯、お風呂(洗顔、洗髪も)などなんにでも使えます。洗濯は、手洗いできるものなら何でも洗えます。(しあげのリンスも要らないんですよ)ついでに・・・石けんの製造方法には2種類あります。
<ケン化法>
 油脂を炊いて苛性ソーダで反応させる方法。1週間かけて熟成させるので天然のグリセリンを含む
石けんが出来ます。

<中和法>
 脂肪酸を苛性ソーダで中和させる方法で、4〜5時間で出来ます。
原料油脂に含まれている天然のグリセリンを取り除いているので、洗顔後ツッパリ感があります。
純石けん99%ケン化法で作られた石けんです。

では合成洗剤はどうかというと・・・

 脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウム以外の界面活性剤(合成界面活性剤)のことです。
 アレルギー、ガンを促進させる可能性があるようです。そしてたくさんの添加剤が使れています。
(成分表にズラーッと並んでいますね。)この中には人体に悪影響を及ぼすものが少なくなく、薬事法で使用が制限されているものもあります。たとえばエデト酸塩と言うのは、皮膚、粘膜を刺激してぜんそく、発疹などのアレルギーを起こしたりします。

 そして環境にも悪いのです。石けんは、河川に流しても一日もすれば分解されて自然にかえりますが合成洗剤は分解されにくく水中の微生物を殺してしまいます。するとそれを食べるメダカなんかも減ってしまうと言う訳です。人体にも環境にも悪影響のある合成洗剤が当たり前のように販売され、テレビCMでもとても良い物のように紹介されるのは不思議であり、恐ろしいことです。 これには色々な理由があるようですが、今はたくさんの情報を自由に手に入れられる時代ですから、石けんに関心を持つ方が増えることを願っています。

 蛇足ですが、マルチ商法などで洗剤の販売をしているところも多くあります。"無添加"にも色々ありますので用心が必要かも知れません。以上、簡単な説明しか出来ませんがこれから少しづつ勉強していきますね。関心をもたれた方がいらっしゃったら石けん関連のホームページがたくさんありますので、参考にされてはいかがでしょうか?リンクのコーナーで少しだけ紹介しています。皆さんとても勉強しておられて脱帽です!!

top

せっけんトラブル&対策

合成洗剤からせっけんに切り替えた時、はっきり言っていきなり挫けそうになりました。体に良いのはせっけんだと解っていても水溶けが良いのは合成洗剤だし、食器洗剤にはたった2〜3滴で油汚れまですっきり落ちるもがありますから、手抜き主婦の私にとってせっけんを使いこなす事はかなり面倒臭いものだったのです。

でも少しづつせっけんに慣れてきて今では大変に感じることも無くなりました。ここではせっけんを使い始めた頃のトラブルとその対策法を紹介してみました。

< 台 所 篇 >

・食器、ステンレス製品に白い膜がはった。

 せっけんを使い始めて最初に困ったのがこれです。いくら丁寧に洗っても、洗いあがりの食器やステンレス製品に白い膜がはってピカピカにならないのです。これは後で分かったのですが長い間合成洗剤を使っていたので食器に洗剤の膜がはっていたのです。ためしに新しい食器を洗うとツルツルピカピカの仕上がり!これには本当に驚きました。
洗剤の膜がとれてしまえばせっけんで洗ってもちゃんとピカピカに洗えます。それより怖いのは洗剤の膜が張っていたと言う事です。コーヒーカップに熱湯を注げばその洗剤の膜は少しづつ溶けますから、今までそれを飲んでいたのです!(ゴキブリ死んじゃうヤツを)半月ぐらい我慢して使いつづけると、洗剤の膜も無くなりこの問題は解決しました。

・プラスチック製品の油汚れが落ちにくい。

 手やスポンジに油分がついているとプラスチック製品の油汚れがなかなか落ちにくい時があります。
 そんなときは少量のせっけんを手に取り、直接プラスチック製品を洗うと簡単に落ちます。 ちなみに台所用にはパウダーと固形の2種類のせっけんがありますが、我家では固形のものを使っています。

 < 洗 濯 篇 >

・冬場はやっぱり溶けにくい。

 最初に少し水をためて洗濯機を回しながら石鹸をパラパラ〜と振り入れると溶けやすいです。
 頑張ってお風呂の残り湯を使うといいのですが、残り湯が無い時、また面倒なときはボールにぬるま湯とせっけんをいれて泡だて器でクルクル〜と溶け残りが無いように混ぜてから洗濯機に入れてみてください。

・まばゆい白さになりません。

 蛍光剤が入っていないのでまばゆい白さにはなりません。黄ばみが気になるときは酸素系漂白剤を使うといいと思います。

・白物がピンク色になってしまった。

 洗濯物がパリッと乾かない季節などに白物がピンク色になってしまうことがあります。
 これは空気中の細菌が繁殖してピンク色のカビになったもので、一晩漬け置きすると白くなります。
 バケツに粉石けん、酸素系漂白剤、熱めのお湯(出来れば40度以上)をいれて、衣類を漬け込みます。お鍋で煮沸(同じように石けん等を入れて50〜60度まで煮沸)しても真っ白になるそうですが、これはまだ試したことがありません。

・洗濯物が臭い。

 これも梅雨の時期によく感じるかもしれません。洗濯の時に酸素系漂白剤を普段より少し多めに
いれるといいです。香料が入っていないので、物足りなく感じるかもしれません。どうしても洗濯物に香りをつけたいなら、ポプリをタンスに入れてみてはいかがでしょうか?ラベンダーなら防虫効果も期待できます。

<お 風 呂 篇>

・冬になると髪がぱさつく

 せっけんを使うと普通は髪がしっとりと落ち着いた感じに仕上がるのですが、私の場合少し癖毛なので冬場はパサついてしまいます。そんなときは仕上げ(石鹸用リンスの後)に植物系のオイルをお湯にとかしたもの(洗面器のお湯に数滴)をかけたりします。
オイルは椿油、オリーブオイルなど自分にあったものを試してみてください。


top