日記帳へ戻る

          GO TOP

なご誕生の記録

まずは誕生の記録を。そのうち写真もアップしますね。
生まれ;平成9年8月11日午後5時15分
生誕地;都内某所産婦人科(ってあやしいぞおい!)
誕生時体重;3270g
生まれた時の様子;
おかあちゃんはおっきなお腹を抱えて終電近くまで仕事に明け暮れ、7月から産休にはいりました。誕生までの一ヶ月、部屋の片付けや、買い物や、色々やっていて
とっても忙しかった。
8月8日が予定日だったんだけど、おとうちゃんの夏休みが13日から始まるってんで、なごは11日まではおかあちゃんのお腹の中でふんばっていました(だと思う)。10日が日曜日、その1週間前、なんとおとうちゃんはぎっくり腰に!仕事中に、クキって腰をやって、寝返りもうてないという大変な状況でした。そんなおとうちゃんの様子を見ていたのか、なごが誕生に向けて動き出したのは、10日でした。ちょこっと様子が変なので、「一応行っとこうか」って言う感じで自宅近くのかかりつけの産婦人科へ。「まだですよー帰って様子見てね」と言われて、一旦帰宅。翌朝7時に陣痛が始まり、おとうちゃんとおかあちゃんは前の日の残りのすきやき(朝から)を食べて病院へ。おかあちゃんを送ってからおとうちゃんは一度仕事へ。「帰ってくるまで生まれるなよ!」と言う言葉が聞こえたのか、おとうちゃんが再び現れた午後3時、いよいよ陣痛の感覚が狭まってきた。戦闘開始。おかあちゃん、がんばれ!おとうちゃんは応援するばかり…。役に立たんな男は。
午後4時くらいに控え室へ。後から来た妊婦さんがポコっと生んじゃって「お先に〜」「へ?」…おかあちゃんは出てこようとするなごを必死に押さえていました。「まだよ!まだよ!」いよいよクライマックス、分娩台へ。こちとら初めてで必死だっちゅうのに、先生は落ち着いたもんで、力みと力みの間は看護婦さんとテレビの話なんかしてた。大丈夫かいなおい。途中「ハイ力んで」「う〜ん」「あの・・だんなさんが力んでもだめですから・・」「あ・すみません」「ハイ、力入れてぇー」「う〜ん」…そして5時15分、元気な泣き声とともになごは誕生したのでした。おとうちゃんはこの日のことを一生忘れないよ。なご、ようこそわがやへ。

日記帳へ戻る

          GO TOP