ここをみにくるひとは、もういないとはおもうから。
自分の気持ちを吐き出す場所として残してます。