寄せては返す波は まるで昨日までの感情のよう
揺れる蜃気楼は そこで手を振ってるみたいに僕らを招く
嫌いじゃない 夕立の後のアスファルトの匂い
ご機嫌だね 足をたたくそのリズム ラグタイム・プレイヤー
ハミング聴こえるとき 黄昏の夏は微笑む
ここまでおいでよ ゴールはすぐそこ
冷たいビール飲む姿 あんまり似合わない君は夏生まれ
なぜだか影の届かない人ほど近くに感じる 憧れは募る
確か天気予報は 晴れ時々曇り所により一時雨
それってずるい 全部うまく当てはまるでしょう
涼しげな瞳の先 憧れの夏は微笑む
ここまでおいでよ 答えはすぐそこ
揺れる向日葵に黄昏を抱きながら 空の隙間からこぼれる夏の種 咲かそう
どうしても眉が出すぎるサングラスをかけ涙を隠した
どこからか聞こえてくる儚げなつばぜり合いのメロディー
la・・・ 黄昏の夏は微笑む
ここまでおいでよ ゴールはすぐそこ
ここまでおいでよ 答えはすぐそこ
僕らはもうここ 答えはすぐそこ