じぷしー流浪中。

自宅サーバたてたのでここに移転しています。

外向きサーバを立てたのは初めてなので、ここのセキュリティが甘いとか、外からだとこのページが読めないとかいうことがありましたら教えてください。

[古い日記] [LINK] [MAIL]

2003年7月18日(金)

Apacheのhttpd.confと睨めっこしていたのだが、コメントを無視すればとてもシンプルな設定ファイルだ。なんとかなる。

今日から本格的にWebサーバとして稼動開始。後は暇を見つけてスクリプトの類を導入するとしよう。せっかくの自宅サーバだから、容量が大きくならざるを得ないブツでも置きたいところだが、そんなものは持ち合わせていないので却下。しばらくはテキストのみ。

読書占い
 私は「歴史小説」と出ました。精々が三国志を読む程度だったのですが、水滸伝でも読んでみようかな。

倉庫内のドラム缶から放射線、周辺立ち入り禁止に 大阪
 >金属リサイクル業「大阪商事」の物流センターが17日、文部科学省に「回収した金属の中にウランのようなものがある」と連絡してきた。
 素朴な疑問なのですが、なぜ業者はそれがウランだと思い至ったのでしょうか。刻印でもあったのかな? あと、「文部科学省」に連絡してきたというところから現場の混乱っぷりが伝わってきます。

薬価サーチ
 ひょんなことから辿り着いたサイトなのだが、ある種の調べ物をするときには役に立ちそうです。


2003年7月17日(木)

各種パッケージをアップデート。途中でなぜか止まってしまうという現象が起きたが、やり直したら大丈夫だった。しかし全部のアップグレードが終わるまであと1時間はかかる。この隙に寝よう。


2003年7月16日(水)

方針転換。牛マシンにはLINUXを入れることにした。SambaとApacheを起動して、DynDns.orgでドメインをとってダイナミックDNSの設定をし、「鷹の巣」の自宅サーバーを参考に外向きサーバを設置。これでメインマシンから牛マシンのファイルを更新でき、なおかつ自宅サーバの環境が整った。これでCGIも使いたいほうだいだ。

何とかサーバの形になったので、牛マシンをちゃんとした位置に設置しなければならない。何しろ今は、部屋の通路の真ん中に据えてあるのだ。これのせいでこの二週間というもの、布団を敷くことができず、机の下で丸まって寝ることを余儀なくされた。

とりあえず次はセキュリティの勉強をしなければならない。Apacheを起動して数分後、いきなり牛マシンに外からアクセスがあった。多分ポートスキャンの類だろうが、サーバを公開するということは、その規模に関わらず社会的責任を負うということだ。勉強不足による失態は許されない。

自宅サーバで公開していることが罪に思えてきた。立ててみた自宅サーバなんて多分この数年稼動するだけだろうし、次に引越しするときにかなり高い確率で破棄されるだろう。もしここに興味があって定期的に覗きに来る人が居たり、万が一有用なリソースを提供することができたとしても、数年後にはその所在を変えなければならない。だったら最初からジオなどの外部サーバにすればいいのでは、とも思ったりするが、所詮こんな駄サイトは語る価値もあるまい。心置きなく公開することにする。

感動。何か書いて保存して、ブラウザをリロードすれば直ちに更新分が反映される。ftpなどでサーバにアップロードする必要がないというのがこれほど心地良いものだとは。

久しぶりに丸一日休みになったので、数週間ぶりに部屋を掃除することにした。本や紙に埋もれて見えなくなっている床を掘り起こして、本棚に詰め直して、何とか布団を敷く空間を確保した。少なくとも夏休みの間は、この環境を維持しよう。

近くの店の人と話す機会があったのだが、どうやらこの部屋の先住人は大学の先生だったらしい。確かに大学には近いし、部屋もそこそこ広いので、先生が住んでいたとしても不思議はない。それに、先住人は遺物としてエアコンを残していってくれた。暑くて眠れないようなときはありがたく活用させてもらうことにしよう。


2003年7月12日(土)

欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞。子供ネタと多人数に任せたものよりも、一捻りしてあるものが楽しいです。

在宅のお仕事。あるペーパーに記された件名と数量をデジタル化していくという単純作業なのだが、書かれているフォーマットが統一されておらず、いちいち手入力しなければいけないという、頭の悪い方法しか使えない。OCRなどから処理できれば、あっという間に終わる仕事なのだが。

2時間の間に、パソコンが5回もおちる。これでは仕事にならない。SMARTで各部の温度を監視すると、筐体内の温度が60度近くまで上がっている。ケースの蓋をあけてやると50度近くまで下がった。このすきに全部終わらせよう。

意識が飛びそうになったので、床に直寝。そういえばここのところ布団で寝ていない気がする。まぁいいや。


2003年7月9日(水)

お仕事。不注意で足をぶつけてしまい、腫れてしまった。ちと熱をもっているが、見た目で異常が感じられるということは、それほどやばくはないだろう。湿布して寝る。

もともと方向音痴なのだが、大阪の町並みは歩きづらい。特に繁華街などは、自分の向かっている方向さえ見失ってしまうので、よほど時間が取れるときでないと歩き回ろうという気になれない。しかしそれは地上に限った話で、地下に入ればちゃんと標識はあるし、現在地を確認する物にも事欠かない。教訓、大阪は地下を歩こう。


2003年7月5日(土)

一日お仕事。この地の気候に慣れてきたので、肉体労働も楽になってきた。あとは筋肉を最適化すれば、更に仕事が楽になる。とりあえず背筋を鍛えなおすとするか。目標は背筋170kg。

腕があまりに細く筋肉がついていないので、周りの人たちにそれで大丈夫なのかと不思議がられるが、腕なんておまけです。背筋と腹筋と足腰さえ鍛えておけば大抵の肉体労働は大丈夫です。


2003年7月4日(金)

2000円弱のグラフィックボードを買ってきて牛マシンに搭載。めでたくXが動くようになった。

ニュースステーションで哲学の話が出ていたが、面白いものではなかった。みんなカントやニーチェを読もうよ。特にニーチェは、本の目次だけで御飯3杯はいけます。

リストカットの話も出ていたが、哲学というよりも精神医学の分野だと思った。


2003年7月3日(木)

牛マシンに入れたFreeBSDのX Windw Systemの設定がうまくいかないので、ネット上で情報収集。どうやら、載っているグラフィックボードのチップセットMpact2はサポートされていないということらしい。「FreeBSDなら大抵のものは動くからいいやー」と確認を怠っていたツケがここできた。しょうがないので、中古のグラフィックボードを買ってくるとしよう。

今日の御飯はサラダ風野菜炒め。食欲増進のため梅肉ソースで食べる。使用した材料はレタス、キャベツ、トマト、ピーマン、ナス、玉葱、豚肉と大変豪華。しかしその実態は、冷蔵庫の在庫整理だったりする。


2003年7月1日(火)

一日お仕事。

仕事帰りに天王寺Sofmap。中古の日ということで、中古品の一部が安くなっていた。店内を物色してみると、以前見たときに心惹かれたものの、ちょっと高いなぁと敬遠していたパソコンが半額の5000円になっている。少し迷ったものの、これも勉強と思い買ってしまった。

とはいえ5000円のパソコンなので性能もそれなりだ。PentiumII233MHz、メモリが192M、ハードディスクが2Gと、今更どうするのよ? といわれそうなモノだが、これにFreeBSDをつっこんで外向きサーバにしてみようという試み。併せてNICとLANケーブルを買って帰宅。

現在FreeBSDインストール中。パーティションを切るときに妙に思い、本体を開けて確かめると、載っているハードディスクは20Gだった。Sofmapのスペック表記が間違っていたらしい。2Gじゃそのうち積み替えないといけないかなぁ、と思っていただけにもうけものだ。単純に5000円でこのハードディスクを買ったと思えば、かなり良い買い物だったといえるだろう。

インストール作業の途中だが眠くなってきた。パソコンを広げたおかげで床が見えなくなっているので、机の下で丸まって寝る。


2003年6月30日(月)

『ハリーポッターとクラインの壷』という話題が院生室で出て、かなりツボだった。

夏バテ防止のため、野菜もたくさん食べようキャンペーン中。簡単に料理できてまとめて作れるということでシチュー。ジャガイモとニンジンとたまねぎとバラ肉と、仕上げにブロッコリー。バケットと共に食べると美味しい。

3冊ほどVisualC++の本を眺めてみたが、これってまんまC++じゃないか。外見を制御する部分が自動生成されるので、あとはメッセージとメッセージ関数をこちらで適当に扱ってやれば良い。つまり、関数を記述する場所さえ間違えなければ、あとはC++と思っていいのだろう。間違った認識かもしれないが、これで下準備は終わろう。後は実際に弄ってみないと経験値は積めない。


2003年6月22日(日)

大阪に来て初めて、固定電話に勧誘の電話がかかってきた。「ただいま20歳から50歳までの方を対象にお電話をさしあげているのですが……」とのことだったので、「僕は20歳じゃないんですが」と言うと、向こうから電話を切った。ウソハイッテマセンヨ、ボクハショウジキモノデスヨ。

さて、どこから電話番号が漏れたのか考える。新しい電話番号にして3ヶ月弱。その間に電話番号を記したのは数えるほどだから、ある程度の推測はつく。公共と知り合い関係を除くと、電話番号を記したのは通販のみ。よく使うAmazonなどには携帯電話の番号を使っているから、固定電話で申し込んだ通販は2つしかない。しかしまぁ所詮は推測の域を出ないので推理ごっこはここまで。勉強に戻ります。

ハリーポッターの新刊が初日だけで250万部売れ、さらに予約が100万部入っているというニュースを聞いて、即座に印税の計算をしてしまった私は汚れた大人です。しかし出版不況もどこへやらの景気の良い話で、本屋さんにとってはありがたい商品でしょう。少し前に、ハリポタ本を発注しすぎて在庫に苦しんでいるという日本の本屋を報じたニュースがありましたが、今回は日本ではどうなるでしょうね。まだブームは続くのかな、続くんだろうな。

ハリーポッターは2巻までしか読んでいないんですけど、ライトノベルですよね。それも電撃文庫あたりで出ていてもおかしくないような。主人公には家とは別に帰る場所(学校)があって、両親とは血が繋がっていなくて、ある日その「本当の居場所」に行き、楽しい学園生活をおくるという、読者に優しく読者を甘やかす物語。読んでいて逐次文章がライトノベル風に脳内変換され、あまつさえ電撃っぽい挿絵が脳内挿入されました。世界のライトノベル化が始まっているのかも。


2003年6月21日(土)

CSSを変えてみる。少し涼しげにしてみました。

Test 小トピック用のテスト


2003年6月20日(金)

暑くて眠れない。まだ6月だぞ。今夜だけが特別なのだと信じたい。

眠れない夜の慰みに、このページを各種ブラウザでチェックしてみる。w3m大丈夫。IE6.0大丈夫。Netscape7.02もOK。Mozilla1.3.1もOK。Opera7.11も大丈夫。凝ったhtmlを書いていないおかげか、問題になるような表示はなかった。本当はブラウザの古いバージョンについても調べた方が良いのだろうが、気力が潰えたので終了。もし表示が崩れているような箇所があれば教えてください。

天王寺駅前交番の前の広場に人が集まっていた。何かと思って覗いてみると、将棋盤を並べて日陰で将棋を指している。つい20分ほど観戦してしまった。許されるのならば一局打ってみたかったのだが、その場のマナーが分からずに断念。使っている駒は対局者が自前で用意しているものらしく、対局が終わるたびに懐の袋にしまい、次に盤の前に座った者が新しく駒を懐から出していた。次は駒を持参していくとするか。15年前に1000円で駒を買ったことがあるのだが、今の相場はどれくらいなのだろう。

天王寺Sofmap。VisualC++の本を探しにきたのだが、そもそもここには書籍コーナーがなかった。無駄足にするのもつまらないので、店内を物色していたところ、店の一角で行われていたオークションに出くわす。ちょうど始まったところで、15インチの液晶ディスプレイが競りにかけられている。どうやら2人の人物の間で値がつりあがっているようで、開始値100円だったのが瞬く間に5000円まで上がる。液晶ディスプレイ欲しいなーと常々思っていたので、財布をチェックして機を窺う。件の2人のアシが止まったところで、一気に値を上げ9000円で名乗りをあげる。が、今度はやはり今まで値をつけていなかった人物が9500円で参戦し負ける。その後はずっと見だったが、結局14000円で落札された。

旭屋書店でVisualC++の本を2冊。金を使った分は勉強しなければならない。がんばろう。

日本の研究者、遺伝子組み換えでカフェインレス・コーヒーを開発。私は最近カフェイン減量に努めているので、ちょっと嬉しいニュース。

「役不足」「確信犯」、意味理解は2割前後 文化庁調査。特に「確信犯」はテレビ、書籍、日常会話といったあらゆる場面で誤用されつづけてますから、もう違和感を感じることにすら疲れました。あと、それは使い方が違うと突っ込む気力も失せている言葉は「煮詰まる」。


2003年6月19日(木)

暑いです。蒸してます。溶けそうです。静岡も暑かったですが、大阪は更に暑いです。京都はもっと暑いという話を聞きますが、そこまで言われると身をもって体験してみたい気がします。

MSDNを眺めながらVisualC++を弄るのに限界を感じたので、メディアセンターに本を探しに行ったが適当な本が見当たらなかった。情報処理の棚の本はちと古い。生協で良さそうなシリーズを見つけたが、シリーズ初めの本が抜けていたので購入を断念。Amazonにでも注文するとしよう。

夜になっても涼しくならず。昨日までは窓を全開にしておけば暑さを凌げたものの、今日は吹く風すら生温い。


2003年6月18日(水)

テスト。これからアップする領域を探しに行きます。

ジオに領域確保。仮営業です。