むいみつづり
<< top
07

音楽  胡弓とピアノのコンサートなどという、小洒落たものを聴きに来てしまった。選曲からいくと、ジャンルはJAZZってことになるんだろうか。エリックの「上海土産」の中には、細かい刺繍がなんとも贅沢に入った化粧ポーチと一緒に、コンサートの招待券が入っていたのだ。
 エリックの友人が出演するのだろう程度に思っていたのだが、入り口の立て看板を見て、驚いた。

 出演:太田謙一(ピアノ) エリック・ウォン(二胡)

 エリック・ウォン? エリック本人ではないか。チケットには、漢字の本名が書いてあったから気付かなかったのだ。「王さん」なんて、ありふれているもの。
 受付の前には、キャンパスで見た顔が数人。エリックの崇拝者であるところの、ミーハーな女子学生たちだろう。それぞれが小ぶりな花束を用意している。残念ながら、彼の趣味に合う花はなさそうだ。中途半端なものを、彼は嫌う。私は、いまからでも花を買いに走ろうかと思って、すぐにそれを打ち消した。お礼のお礼をしていたらきりがない。大体、今日の連れは夏目漱石約一名のみである。大切なのは気持ちであるという貧乏人の道徳を重要視したい。コンサートが終わった後に、プログラムに挟み込んであったアンケートに丁寧に答えて、エリックにひとこと、感想でも言って帰れば十分だろう。
 私は、エリックのファンたちを避けて後ろのほうの席についた。照明がゆっくりと落ちる。やがて、弦楽器の、高い音色が響き始めた。

2003/09/09