日記です

背景色を選択してください

目玉を鍛える PaleVioletRed グレー 深緑 ピンク 茶色 オレンジ


月末から読む

11月1日
猫の尾行をしてみた。
5秒ぐらいで相手に気付かれ、その2秒後には見失った。やっぱり猫は足が速い。
 
11月2日
私も遂に携帯電話のオーナーになりました。あれほど忌み嫌って、このホームページでもクドクドと電磁波の悪影響を訴えてきたにも関わらずどうして?と自分でも思いますね。はい。簡単に前言撤回で僕の負けです。

とにかく本体料金や月々の通信料全て払ってもらえるそうなので、まぁいいやといういきさつで(どういういきさつで?)携帯野郎の仲間入りとなりました。全国に漂う電波さん、これからよろしくお願いします。


11月3日
文化の日だから何か文化的な事を考えて過ごそうと思いました。日本男児として。


↑恥ずかしながらこれがその結果である。
11月4日
学研(科学のほう)を今さらだが再購読したいと思っているのだが、何故か書店には売っていない。

やっぱり近所の「学研のおばちゃん」に直接持ってきてもらうしか購入方法は無いのだろうか?情報求む。

11月5日
「ジョジョの奇妙な冒険」を古本屋に通ってコツコツ集めている。

心理戦とストーリー展開がおもしろく、漫画に厳しい私においてもAランクの漫画である。

ところで、私はつまらない所で初志を貫こうとする傾向があり、ジョジョは古本で集めると決めたからには、やっぱり新刊で買うのは邪道であると自分に言い聞かせてしまうのだ。ほとんど病気である。

間が空いた所は自分でストーリーを作って無理やり繋げる。作者には申し訳ないが、自分が作ったストーリーが気にいった場合、その(抜けた部分の)コミックは買わない事にしている。

11月6日
バイトの友達と久しぶりに麻雀で遊んだ。我がウサギ小屋には6名が定員という事が判明。2年前のパソコン・パソコンデスク・テレビ・テレビ台・空気清浄機・MDコンポ・本棚・その他大量の本が無かった時には20名ほど入れたので、約14人分のスペースが雑貨で埋まった計算になる。

ところで肝心の勝負のほうは、高校生のボンボンに3倍満をロンされてしまうなど、全盛期から比べれば相当ヘボくなっていた。

麻雀休みの時に格闘系のゲームで遊んだ。おもしろかったが、もはや格ゲーの進化に着いていけないと感じた。なにせ連続技やコマンド入力が複雑すぎて、指がつること必至である。

いつの間にか熟睡してしまい、夕方目を覚ますと、部屋には見たことも無い漫画本が50冊近くと、食いかけのコロッケが皿に盛られており唖然としたが、結局そのコロッケで腹ごしらえをして、即行でバイトに出かけた。

11月7日
最近急激に必要性を感じている物として、PDA(電子手帳が強くなったやつ)があるが、丁度じゃマールというフリーマーケット形式の個人売買を仲介するページを覗いたらIBM work pad c3 が掲載されてあった。

新品同様で3万円。安い!速い!うまい!というわけで早速メールを送ってみた。

11月8日
私立高校は早くも今月から受験があるそうだ。私の生徒達には「落ちなければ受かる。だから落ちるな!」と解りやすくアドバイスしているのだが、イマイチ焦る様子がなく、大真面目なのは両親だけという典型的な図式ができあがっている感じがする。

なんとか受かって欲しいのだが、「やる気を引き出す事」も家庭教師の重要な仕事と思っている。生徒の一人は合計得点が2倍近く伸びたのだが、やはり合格するまで安心できない。

やりがいはあるが、心臓には良くないバイトである。

11月9日
外国人風強盗を英語で説得した爺さんがテレビに登場していたが、これは英会話教室の陰謀ではないだろうか?以下に今回の報道で違和感を感じた点を勝手に意見させてもらう。

まず、犯人が3人組であったにも関わらず凶器を現地調達したという事実である。確かに場慣れした犯人の単独犯行ならば、足を残さない為に凶器は現地調達し、金が手に入ったら何もせずに逃げるのが無難だと思う。

しかし、3人組みの共犯という時点でメンバーそれぞれの覚悟の度合い(空き巣意識・ただの連れ添い・殺人を犯してでもお金を盗む・万が一捕まった時の為に首謀者にはなりたくない・直前の裏切り等)は一致するのだろうか?

つまり、特に計画的犯行ならば、金が目的だから殺人まで犯したくないと思うのが普通の考え方であるにも関わらず、メンバーの一人が問題なく凶器を手にしているのはおかしい。

そもそも、「台所と居間は離れている」と事前に調査していた場合を除いて、一般的にはダイニングとリビングが隣り合っている外国人がこんな発想をできるのだろうか?

共犯を企てたことが無いのでよくわからないが、凶器はどこまで使用するのか・誰に対して使用するのか・メンバーの誰が使用するのか等といった事を事前に取り決めておかなければ、内輪もめの原因になると思う。

想像するだけで悔しいのだが、「日本人は原子力発電の原料をバケツで運んでしまう国民」などとなめられているのだろか?


11月10日
またいい事を考えた。名付けて「部屋掃除を5秒で終らす方法」である。要するに題目そのままなのだが、部屋掃除を5秒で終らす方法を開発しました。

普段の生活で注意すること及び準備するものは、大型のポリ袋2つと、寝る前の腕力だけです。

開発に至る道のりは語りだせば長くなるのですが、一言で言えば「掃除とは物を移動させること」という簡単な原則に行き着きます。

お奨め度は「PHS本体完全無料!」から「一家に一台!たった10分のエクササイズであなたも憧れの体型に!!」をひいたぐらいです。

私はこの方法によって「物」に対するアクセスタイムの無駄が極限まで短くなる事を確信しています。

    以下、「物」と表示したものは雑誌、ハガキ、文房具などとにかく文字通り「物」全てです

  1. 部屋の中で最も利用頻度が高いスペースに大型ポリ袋を2つ置く

  2. 片方はゴミ袋で、もう片方は「物」入れと決める

  3. 寝る前に机の上、部屋の周りに転がっている「物」を全て「物入れ袋」に入れる

  4. 次の日に使う「物」はほとんど袋の中に入っているので、そこから取り出して使う

  5. 何度も目にする割にとりだす事がほとんど無いものは「ゴミ」なので捨てるか押し入れの「いつか使うかもしれない物入れ」に放り込む

  6. いざ、掃除をする時はその袋2つを押入れに放り込んで出来上がり!

大抵寝る前に「この書類は明日も見直しておきたいからそのままで・・」などと考えますが、そこで思い切り袋の中に入れてしまう点がポイントです。本当に必要ならば必ず次の日も取り出して使うはずですが、いかんせん人はそれほど思いどうり事を実行するとは限らないのです。つまり、それらの「ちょっと保留状態の物」が部屋を散らかす原因だったわけです。

どうでしょう?ちなみに作者自身は、この方法を実行した試しがありません。

やってみた方、ご報告お待ちしております


メール
11月11日
早速バイクが動かなくなりました。

原因は昼間からライトが付きっ放しだった事に気付かずに駐車して、ノンビリ、ボケッと、ムニャムニャ、ぐうすか・ぴいすかとしている隙に、バッテリーが天国へ召された為です。

とりあえずレーサーのように押しがけにチャレンジしましたが、「ブフォフォ・・・ブッ・・・ブッ・・・・・ブ・・・・・・プスッ・・・・・・」という感じ(わかった?)でうまくいきませんでした。わざわざ坂道を使って2速で再チャレンジしましたが、今度は音すら立てずに静かに停止。

小雨が降って肌寒い天候であったにも関わらず、一人で大汗をかいて坂道(自転車だと途中で足をつきたくなる程の傾斜角)を登る姿は、押しがけを知らない人から見ればかなり奇異なものとして映った事であろう。「いいから見ないでくれ!」と言いたくなる場面であった。

しばらくしてから私の腕力を上回る友人がチャレンジしてもダメ。

自動車工場からもらった「きっかけ電気」も200メートルぐらいでストップ。

グランザ号から引いたバッテリーすらライトがついただけで終った。

もうやれるだけの事はやりきったという彷彿とした状態で、結局バッテリーだけ外してレットバロンに充電を依頼して帰った。

とにかく、くたびっちゃ←たぶん山形弁


 
11月12日
予想通り筋肉痛となり、己の肉体の若々しさを実感する。

本題:僅か数日で、ネット上で個人売買の交渉を進めていたPDA(Personal Digital Assistant)が届いた。→これ

外装はさほど気にしていなかったが予想以上に綺麗で、S・Kさん(売ってくれた人)に感謝であった。

アルファベットの書き方に色々と決まり事があり、操作に慣れるまで大変そうではあるが、慣れれば手書きより素早く文字を入力できそうな雰囲気。

デジカメの時にうまくいかなかったCOMポートの接続設定が何故かすんなりと解決し、早速メールやら読み物やら、携帯していると便利そうなデータをごっそり転送してみた。

メールの一部文字化けを除けばだいたいうまくいき、あとは「いかにさりげなく自慢するか」という、いやらしい問題をどう解決するかだけである。


 
11月13日
どうやら風邪をひいてしまったようです。気力ゲージが最低レベルの為、明日の日記は休みます。
 
11月14日
休み
11月15日
宇宙人(友人のあだ名)がパソコンを買うと言うので、知ったかぶる為に付いていった。

本人の希望をなんとかまとめると、「デザインイメージはiMacで基本ソフトはウインドウズで(も)いい」ということだった。ソーテックのパソコンがそれに近い感じがしたが、私は以前からDOS/Vに惹かれていたこともあり、程よく高機能かつCD−RWが標準装備のマシンをそれとなく褒めちぎってみた。

思惑通り宇宙人はそれを購入。実はタワー型でiMacとは似ても似つかないマシンではあったが、メーカー特有のプリインストールソフトがほとんど使えない事を日頃から力説していたこともあり、宇宙人は約18万でハイスペックなマシンを選択できる結果となった。

とにかくパソコン仲間が増えるのは良い事だ。なぜって、ソフトの共有や、最新機器の人柱が図らずもできあがってしまう点がスバラシイ。

11月16日
風邪は全快。脳内革命系の書物に、病気のときは慣習に反して「何も食べない」事が最善の回復方法であるという事が書いてあったのを思い出し、今こそそれを試す時だとばかりに何も食べないで眠り続ける事2日であっけなく治った。

風邪をひいた時に何も食べたくなくなるのは、体が何も欲しないからであって、実は自然なことだと思った。

ついでに眠くなったら眠り、食べたくなったら食べ、勉強したくなったら勉強する。これも自然で効率の良い事だ。


11月17日
TMネットワークが5年ぶりぐらいにライブをしたと聞くが、喜ばしい事である。実は作者は中学の頃からTMネットワークの曲をこっそり聞いていた類で、最近の小室の曲はちょっとおかしいと感じていたのである。

特に自分でアミーゴとかぬかす小娘が「be together」を歌った時には、心底「それは違う!」と訴えたくなったものだ。


11月18日
合計21個

これは何の数字かというと、私の部屋で常時接続されているコンセントの数です。一人暮らしのわりには多いような気もしますが、もはや後戻りはできません。30個でも目指してがんばってみます。

隣人からは、「このアパートで火事が起こったらココ(俺の部屋)が発火原因だろうよ。」とか言われていますが、それは誉め言葉でしょうか?

  1. 時計
  2. テレビデオ
  3. プレステ
  4. パソコン本体
  5. モニター
  6. 外付けハードディスク
  7. プリンター
  8. スキャナー
  9. TA(デジタル回線に変換するやつ)
  10. 電話機
  11. スピーカー
  12. MDコンポ
  13. エアクリーナー
  14. シュレッダー
  15. PDA充電器
  16. 電子レンジ
  17. 卓上蛍光灯
  18. エアコン
  19. 卓上掃除機の充電器
  20. 電気ストーブ(夏は扇風機)
  21. 洗濯機
そもそも電化製品は時間と労力を節約する為のものですから、コンセントをいちいち抜くようでは本末転倒だと思います。

待機電力がどうこうという話もありますが、電化製品 は待機させないと意味がありません。個人の勝手でしょうが。

11月19日
2000年問題に備えてとりあえず腹筋と背筋を鍛えた。
11月20日
猿臂恥(えんぴち)→「鉛筆」と書こうとしてキーを打ち間違ったのだが、何故かこんな言葉が一発で変換された。パソコン(最近は携帯電話も)ユーザーのささやかな楽しみ「誤変換」登場である。

未知の言葉だった為、早速マイクロソフトのブックシェルフで調べてみると、

1、猿のひじ。転じて、そのように長いひじ。

2、(長いひじは弓を射るのに都合がよいところから)弓に巧みな者。また、弓馬に巧みな兵。

とあった。然るに猿臂恥とは、弓名人の恥ということだろう。鼻を弾いたとか?


そうそう、「チーズ蒸しパン」を変換してみて下さい。一部の地域を除いて、食欲減退の効果があります。
11月21日
久しぶりに焦りました。

なにせ、朝起きて自分のバイクのシートをふと見ると、私のカギ一式がポンと無造作に乗っかっていたのです。

バイク・車・アパート・バイト先の金庫・同じくシャッターのカギを私はひとまとめにして持ち歩いているのですが、今回も強運に助けられました。

アパートのカギが暗証番号のプッシュ式である為に部屋に入るのにはカギが必要ないのですが、それでカギを外に置きっぱなしである事に気付かなかったようです。

今回の事件で私はますます自分の強運に自信がつきました!

おのろけ話をさらに続けさせてもらうと、私の財布は姉のロンドン土産なのですが、この財布は4回ぐらい無くしているのに必ず私の元に戻って来てくれるのです。

やはり日頃の行いをちゃんとお日様は見ていてるのでしょう。イッヒッヒ。

11月22日
最近よく端末がフリーズします。やはりその瞬間ユーザーが冷え固まるほどショックを受けることから「フリーズ」というのでしょうか?

最近はエスケープコマンドすら受け付けてくれないといういじけっぷりで、20代前半にして反抗期の息子を持った気分である。

11月23日
勤労に感謝した。
11月24日
これからしばらくホームページの更新ができない状況になってしまいました。旅行に行くわけでも、体調が悪いわけでもありません。

電話代を払わなかっただけで回線利用を止められてしまったのです。って当たり前ですね。しかし・・・世界一高い電話代を請求しておきながら突然止めるんだもんな。ブツブツ・・・。突然そんなことをされても、きちんと料金を支払っている人達に迷惑がかかります。

とりあえず回線の加入料(確か5万円ぐらい)は支払っている訳ですから、料金を払わない奴(俺か・・・)に対しては送信のみを止めるべきで、受信は正規の契約者の為に使用できる状態にしておくのが道理だと思います。まぁ、屁理屈言ってる暇があったら金払えといいたいですね。俺に。

11月25日
有線電話が使えないので今回は無線電話の話題をしようと思う。

ドコモの携帯電話の機能として「ショートメール」というのがある。画像や音声も送信できるE-Mailに比べれば25文字制限など貧弱極まった機能ではあるが、いつでもどこでも気軽に送れる点ではE-Mailより優れているかもしれない。しかし、実際の使用者の知的レヴェルは絶対に低い!夜中に生意気なメッセージが届いたりして、バイト先の女子高生供にからかわれている気がする。

困ったものだ。

11月26日
映画「アリゲーター」を観た。巨大なワニが人を襲ってパクパク食べてしまうという恐ろしい映画でした。

作者の意図は、動物の生態や機能を操作したがる科学者への警告を含んでいたようです。食糧難の対策として家畜のホルモンに異常を起こさせ、肥満化させる研究は現在実用化されていますが、この映画が作られた数年前以上に事態は深刻であることは変わらないと思います。

ところで、本当に食料が無くなった時に困るのは貧しい国の人たちからではなく、日本のコンビニの店長であってほしいと思います。

なにか具体的で生々しい話ではありますが、以前コンビニでバイトをしていたときに、一日平均2万円分も食料を捨てていました。

バチが当たりそうだったので、なるべく持ち帰って家で食べていたのですが、それでも大きなポリ袋いっぱいの食料(あえてゴミとは書きません)を捨てていました。

賞味期限の過ぎた弁当は再調理(焼く・乾燥させる等)してフレーク状にしたあと、家畜の飼料として農家へ再配送してはどうか?と提案してみたのだが、プレゼンテーションが下手だった為かあっさり却下となった。

と、いうわけでコンビニの店長やアルバイト君は食料を捨てる感覚が麻痺してしまうのです。よって、真っ先に天罰が下る気がします。

11月27日
また阿呆に会ってしまった。人が軽快にバイクに乗っているときに、左添いにあるビリヤード場からヒョイと車が出て来たのである。

相手は車道に入る前に右側を確認しなかったようだ。危なくぶつかるところだったが、私の前頭五枚目級のライディングテクニックでなんとかかわした。

車の中には若い男が4人乗っていたようだが、おおかた話に夢中になっていたのであろう。変なマフラーをつけたうるさい車には注意すべきであるという教訓を得て、その場を去った。

ところが、次の信号で止まっていると何故か車の助手席に乗っていた男が降りてきてどなりちらしているのである。

話をよーく聞いてそいつの言い分を解釈すると、

  1. 俺がガキであるらしい。
  2. そして俺はガキであるらしい。
  3. さらに俺はガキであるらしい。
  4. 結論として俺が気に入らないらしい。
そいつもたいして変わらない年齢に見えるのだが、自分の不注意で事故りそうになったことに対して全く反省していない。それどころか意味のわからない理論で俺に謝らせたいようだ。

「俺が止まったからぶつかんなくて済んだんじゃない?」

客観的に見ても正論であると思うのだが、仲間がいると気が強くなるのだろう。君子危きに近寄らず。本当はこっちが謝らせたいところだが無視して帰路についた。

11月28日
やっと電話代を支払う事ができた。深夜にコンビニから振り込んだにも関わらず、5分後には回線が復活。手のひらを返すようにNTTの技術力に感謝した。

嬉々としてメールチェックにとりかかると、何故かエラー。

プロバイダーの私書箱がパンクしたのかと心配したが、確か999通まで保存できる事を思い出し、では何故だろうと試行錯誤をする事10分。

原因不明のまましばらく放っておいたら、突然たまりにたまった76通のメールが一度に流れてきた。

読み応えがあった。というかほとんどメール読みでその日は終った。

11月29日
ネットデビュー『グランザ号』

無事故・無違反・無一文の私が1年近く姉から借りている車。外見に反してスピードは結構出る。

姉に内緒で浮世絵のペイントを施そうと考えている。

完成予想写真


さて、気を取り直して今日はPDA(電子手帳の親分)のおもしろさを訴えたい。

PDAは、ネットからプラムウェアーとかいうPDA専用のソフトをダウンロードすることで、色々機能の追加ができるようです。

昔流行った玉後ッ恥に似たソフトなんかもあり、遅ればせながら私もデジタルな虫を育ててみようと思った。

感想・・・始まって最初の5分ぐらいは面倒見るのが楽しくて目が離せなかったが、勉強している最中に”腹減った”とか”医者を呼べ”とか騒いでうるさくなってきた。

育児ノイローゼになりそうだったので5時間ぐらい無視していたらわずか1歳で死んでいた。

人生にリセットはないのだよ、K村君。

11月30日
実は明日、生涯初めて「検便」というものを体験します。検尿は小・中・高とパーフェクトでパスした健康体の持ち主だった為か、検便とは無縁の生活を送っていました。

しかし、来たる12月1日ついに検便のチャンス?が巡ってきたのです。食品関係の業務ではアルバイトでも義務になったそうです。

他のバイト君・バイトさんは皆嫌がっていました。「ハズイ」らしいのです。私はというと・・・確かに恥ずかしい事にかわりはないが、ただで検査できるのだからまぁ得したかな。という感覚です。

そもそも、人間は皆う○こを運搬する動物なのです。いくら気取ったところで例外はありません。

皇室の方も、アイドルも、グレイの右から2番目の人も皆、普段はうん○を体中に溜め込み、脱糞直前までせっせと運んでいるのです。自分の持ち物であった○んこをそんなに毛嫌いするのはおかしいのです。

私はこの事実を真摯に受け止め、「う○こ管理のいろは」「うん○と一緒」「○んこ録'99」「Mr.U○ko」のいずれかのタイトルで12月最初のコラムページを飾りたいと思います。乞うご期待。

11月ここまで

10月の日記 ホーム| 12月の日記