ひらひらBOY日々の私ひらひらBOY

今日の日記はTOPにあります

7月8月分 9月分 10月分 11月分 12月分 1月分

更新日99/11/06 01:08

TOPにもどる
2/5〔ベテラン〕 2/10 〔標準体重〕

最近の日記に飛ぶ

2/1

「若ッ貴、千代大海の強さ。」(BY アエラ)

上手い!こういうの好き!

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

2/5 〔ベテラン〕

かなしいことー! かなしいことー!

答練で一生懸命もっている知識で下書をし、
条文がそれであっているかどうか、チェックするとき、
その条文がなく、あれ〜〜?っておもうこと!

答練で一生懸命もっている知識で下書をし、
条文がそれであっているかどうか、チェックするとき、
その条文がなく、あれ〜〜?っておもうこと!

PS 私が答練で使っている試験用六法は、三年前のもの。
  当然、平成九年改正が載っておらずないわけだ。
   でも、たまたま持っていた講義用六法(判例付き)で
  切りぬけはしましたけど・・・・・それに気づいたとき、 
  一人で答練中ニヤけてました(馬鹿だな俺って感じで) 

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

2/8

以前、ここでも書いたが、私の腕時計が帰ってきた。
しかし、秒針がはずれている私の腕時計は、電池交換をして貰えなかった。
したがって、いまだ時計はしていない。。。不便なり。

それはそうと、今日久しぶりに以前勉強していた仲間に遭遇した。
しかも、質屋サンの前で。。。

彼に話しかけたところ、ちょうど質屋に腕時計を流すところだったのである (笑)

どうやら自分の時計を質に流すのではなく、「拾った」時計らしい。

いくらで買い取られたと思う??? 

700円だって〜〜〜。そしてその後、彼とラーメンを一緒に食べたのだけれど
その会計が700円。彼のあぶく銭は、たった15分の命でした。(笑)

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

2/10 〔標準体重〕

皆さん、今ごろ正月で太った体を戻したいと思ってな〜〜い?

以前の標準体重は

(自分の身長cm-100)×0.9

だったのですが、皆さん御存知でしたしょうか??

しかし、私が観たテレビ番組では新しい見解をしていた(随分前だけど)
たしかに、この方程式で求めた体重は以前から疑問があった
と、いうのはこの体重に自分がなったときかなり太いと感じてたからだ。

で、その番組での結論は、

少し痩せているくらいが健康であり、寿命もながい、というである

そこから導きだした方程式は

男性:自分の身長m×自分の身長m×21

女性:自分の身長m×自分の身長m×19

である。つまり身長が170cmの人で成人男性なら

1.7×1.7×21=60.69kgとなるのである

勉強ばかりやっているとスポーツはニの次に回され気味。
健康であれば病気にもなりずらい、その目安にどうですか?

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

2/15

ループを読み終わり、もうそろそろ勉強しなければとおもう。。。
しかし、ループにでてくる「
複雑系」というジャンルに
非常に興味をもってしまった。。。

そして今、「複雑系」とは何か? という本を読み始めている。

これもリングの効果か?それとも・・現実逃避か?

PS。。貞子。どうでしたか??
    近いうちに「怖い」ドラえもんをアップする予定。
こうご期待!!

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

2/20

ドラえもん・・・・
これを壁紙にするとパソコン時間が短くなって
大変、皆さんに重宝されています。。
パッと見は全然怖くない。
でも長く見ていると(壁紙にすると)・・・

ためせばわかる・・・・ヒヒ

最近  〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

2/25

先日の話だが、朝のラッシュアワーの時、携帯電話が鳴った。
それも5人くらいで、たった30秒の間だとおもう。

最初の人はドラえもんの音だった。
次の人はディズニィーだった
三人目はスモールワールド。
ここまでは多分、携帯電話に備え付けの音だろう・・

4人目は自作なのか、よく分からない音だった。
最後の人は・・・・・・

エーッサ、エーッサ、エッサホイサッサ。・・お猿の籠やだホイサッサ。

なんかほのぼのしたことを書いているが、現状は違う。
みんな(その車両の乗客)その時は殺気づいていた。。。
怖いくらい。。。。
そりゃ〜〜そうだろう。みんな混んでて辛いのに、
そんな耳障りな携帯の着信音を聞かされりゃ〜〜

と思っている矢先
更にまた、さっきのドラえもんの着信音が鳴ったのであった。。

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕

〔TOPに戻る〕   〔上に戻る〕