TOP/公認会計士とは

公認会計士とは

一言で言うと会社のお医者さんである。

つまり会社に対して悪いところをがあったら直すように助言し、会社が健全に営業ができるようして会社に信頼性を付与し広く一般大衆からお金を調達できるようにするのです ・・・・・(ここでは分かり易いように説明しようとしてるので表現が適切ではないとおもいます)

そして公認会計士とは医者、弁護士と並ぶ3大国家資格の一つである

したがって他の資格同様男女に優劣がなく、また相談相手、取引先は企業のTOPである社長であるからその仕事に生きがいを感じさせてくれるます

受験資格は1次は誰でも可能。2次は1次の合格者、1次免除者(大学で2年以上在籍し44単位以上修得者、またはそれ以上等)、3次は2次合格者です。

特に難関なのは2次試験であり2次を合格すると会計士補になることができます。(以下2次試験について)

この試験(2次)の特徴は全7科目の総合点で争われ上位600人超が合格できる。合格率6〜7%

テストは年1回、まず短答式試験(センター試験みたいな問題「5択問題」が50問。合格率30%)が5月下旬にあり、その合格者が7月の下旬(3日間)の論述式試験を受けられます。結果発表は10月上旬

勉強は、主に受験予備校に通って勉強します。(初学者は45〜60万円)「教育ローンあり」

受験予備校を列挙するとTAC,LEC,大原簿記専門学校、クレアール(旧東京商科学院)、ICO,東京CPA専門学校、早稲田セミナー、全国通信協会 、各大学の機関(順は思いついた順であり規模は無関係)。

サーチエンジンで探せばあると思います

期間は1〜2年の講座があります。もちろん4年コース(大学に行かず1次から勉強するコース)もあります。

1日の勉強時間は人にも依りますが3〜8時間が一般的。もちろん受かる人は8時間ぐらいしている。一日1コマ+3時間以上が最低ライン

どうでしょう。少しは公認会計士のことについてわかりましたか?

これが多かれ少なかれ役に立てば幸いです。

クレアールは98/11からの名称です」皆さん知ってました?

前のページにもどる


このページは少しでも興味を持った人のために作られたものであるから詳しい説明はしていない。

詳しい説明を望んでいた人はごめ〜んね。

(詳しく知りたい方は日本公認会計士協会

また自分でも思うが文章がだらだらとあると拒否反応を起こすため短めに書いた。

だから冒頭部分は、監査のカの事も触れていない。いいのだろうか・・・・