Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
同窓生の皆さんご無沙汰しております
Image

だいぶ以前に35年同窓会のご案内を頂きながら、返事が遅れましたことお詫びいたします。
前回、前々回とも欠席しているので今回は何とか出席をと考えていたのですが、やはりスケジュールの都合が付かず、誠に残念でなりません。
仕事の傍ら、仕事に関連する教育用の出版物をボランティアで作成しているのですが、当日はまさに編集会議のその日に当たってしまいました。

卒業後ほとんどの同級生の方にお会いしておりません。
最近といっても、最後にお会いした同級生はおそらく12年前です。
私の頭の中に浮かぶ旧友はいつでも、白髪の混じった今の自分のような姿ではなく、当時の希望に燃えた顔で元気のよい若者や、美しい乙女たちです。
昔の写真を出してみてみました。いろんなことが頭をよぎります。
当時は受験生として自分なりに学業も頑張ったつもりでいましたが、私は一般の大学には進学しませんでした。
今にして思えば、その後の世の中の厳しさを経験するにつけ、あの当時もっと頑張っていれば・・・、もっと自分には学ぶチャンスがあった・・・と後悔することしきりです。
ただ当時はもっと広い世の中があること、もっといろいろな人間がいることを知らなかっただけでした。

しかし、当時はいい友人が多くいました。
今でこそお付き合いがありませんが、皆さんそれぞれの立場で、各方面でご活躍のことと思います。

私にとって印象的なことは、東大をはじめとする学園紛争の真っ只中、東京まで試験を受けに行った際、初めて見る都会の喧騒でした。
地方の無知な若者であった私には横断歩道を渡る早足の大人たちや、新宿の夜の盛り場で反戦のフォークなどを歌う若者たちは異なる世界の出来事の様に見えました。

その後、皆さんと同じように年齢を重ね、社会人となり、結婚もし、そして多少要領は悪いながらも、仕事にも自信を持っていそしんでおります。
しかしながら、多くの皆様のところと同様、そこは構造不況業種の厳しさはありますが、弱りつつある体力に自らむちうちながら、仕事のおもしろさを味わいつつ働き、家庭内でのいろいろな難問に立ち向かいながら妻や子と接し、周りの多くの方々のお世話になりながら、この世のなか頑張っています。

 今年の春は息子が、あの頃の私と同じく大学受験でしたが、彼の第一志望に現役合格でほっとしております。
息子の日々の行動とあの当時の自分とを重ねながらいろいろなことに思いを馳せております。

皆様には今回もお会いできませんが、お近くにお出向きの折には、また関東在住の皆様とはたまには一杯やりたいと思いますので、ぜひご連絡ください。


フォトフレームのページです.
1ヶ月間だけ公開します
Icon 氏名/ニックネーム
 
Icon 職業/会社名/学校名
 
Icon 役職/学年
 
Icon 誕生日
 
Icon 性別
 
Icon 出身地/出身校
 
Icon 住まい
 
Icon 趣味
 
Icon 特技
 
Icon 好きなもの、嫌いなもの
 
ゲストブックを読む ゲストブックに書く 日記帳 ランキング

Mail
メールお待ちしてます

お気に入りのサイト
Icon
Icon
Icon
Icon
Icon



2003年10月06日 22時52分08秒


GeoCities Japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / E-List / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン