中国農試は

 
  

 中国農業試験場畑地利用部は、昭和63年10月の組織再編により野菜特化の研究を行うことになりました。
 近年、近畿・中国地域での野菜は、さまざまな気象や土地条件のもとで多くの種類が栽培されているという特徴があります。
 そのため、私たちは夏の著しい高温や、冬の日照不足などの野菜生産に好ましくない条件でも野菜ができるような技術や、後継者不足や高齢化に対応した低コストで省力的な野菜栽培を楽にする技術および野菜栽培では常に問題となる連作障害を克服するための土壌管理技術の研究を行っています。
 そしてこれらを通じて、美味で健全な野菜をという消費者ニーズに応えることを目指しています

業務内容
野菜栽培研究室
 
露地野菜の高品質安定生産技術に関する研究
・ 高温環境が葉茎菜類の糖代謝に及ぼす影響の解明 ・野菜の品質形成機構の解明と制御技術の確立
・ 根域環境改善による品質向上技術の確立

施設栽培研究室

施設栽培による野菜の高品質安定生産に関する研究
・ 環境要因と野菜の生育反応・品質変動の解明 ・野菜生産省力化のための簡易水耕装置の開発
・ 環境ストレスと野菜の生理活性評価法の開発

畑土壌管理研究室

野菜の生産障害要因の解明と対策技術に関する研究
・ 野菜の連作に伴う根菌微生物相変動の解明 ・PGPR(作物生育促進型圏菌細菌)の検査と利用技術の開発
・ 有機物資材の土壌生物特性解明と利用技術の開発

業務班
 
試験圃場の管理・運営と野菜の栽培管理
・ 圃場及び農道の管理運営 ・試験圃場の均一化、肥沃化のための緑肥作物の作付け
・ 試験作物の栽培管理および調査活動


内容についてのお問い合わせは,下記までご連絡ください

中国農業試験場畑地利用部 〒 623 京都府綾部市上野町上野200
0773−42−0109

全農林近畿地方本部京都北分会

トップページに返る

ジオシティーズの入り口へ このコミュニティの入り口へ ご近所を訪問する