Linux 防備録



・Vine Linux 2.5 のインストール

■ 流れにそっていけばあまり問題ない。
■ Disk Druid の設定と ブートローダのインストールに注意。

Windows2000 の C: /dev/hda1 を /win
Windows2000 の D: /dev/hda5 を /win2
Windows2000 の E: /dev/hda6 を /win3

SWAP /dev/hda8 512MB (物理メモリと同じサイズ)
/ /dev/hda7 残り全て (約18GB)

LILO をブートローダとして使用
ブートローダをインストールする場所:
LILO を /dev/hda7 ブートパーティションの最初のセクタ
LBA32 の使用を強制

ネットワークの設定は
DHCP を使用して設定 のチェックを外す。

■後はインストールが完了するのをひたすら待つ

起動ディスクを忘れずに作成。

色深度: 24 bit に

■インストールはこれで終了。お疲れ様でした。



・マルチブートの設定

上のインストールの過程で作成した起動ディスクで Linux を立ち上げる
root で login
■ブートセクタをファイル化
# dd if=/dev/hda7 of=/vn25boot.lnx bs=512 count=1
■Windows 2000 の C: にコピーする
# /cp /vn25boot.lnx /win
■再起動
# shutdown -r now

今度は Windows2000 を立ち上げる。
C:\boot.ini に
C:\VN25boot.lnx="Vine Linux 2.5"
の一行を追加



・アップデート・アップグレード

# apt-get update
# apt-get upgrade



・サウンドカードの設定

$ su -
# sndconfig



・fstab の変更

Windows2000 のファイルを Linux で読み書きしたい。

$ su

# umount /win
# umount /win2
# umount /win3 ■マウントを解除

# cd /etc

# emacs fstab ■fstab の編集

------------------------------------------------------------------------
/dev/hda1 /win vfat defaults 0 0
/dev/hda5 /win2 vfat defaults 0 0
/dev/hda6 /win3 vfat defaults 0 0



/dev/hda1 /win vfat usr,noauto,uid=500,gid=500 1 1
/dev/hda5 /win2 vfat usr,noauto,uid=500,gid=500 1 1
/dev/hda6 /win3 vfat usr,noauto,uid=500,gid=500 1 1

に変更
------------------------------------------------------------------------

Ctrl-x s で保存。 Ctrl-x c で終了。

# mount /win
# mount /win2
# mount /win3 ■再びマウント



・ADSL の設定

■PPPoE ツールのインストール
$ su
# rpm -ihv ppp-2.4.1-0vl1.i386.rpm
# rpm -ihv rp-pppoe-3.3-0vl2.i386.rpm
# rpm -ihv rp-pppoe-gui-3.3-0vl2.i386.rpm

# cd /root
# adsl-setup

------------------------------------------------------------------------

e34gud3s@ipcon.ocn.ne.jp ■私の場合

eth0

no

211.129.12.43 ■私の場合

211.129.14.134 ■私の場合

*************** (passwd)
*************** (passwd)

Y

------------------------------------------------------------------------

# adsl-start