森林の問題
箱根山の森林 箱根の外輪山西側には広大な桧、杉の林が広がりこの土地の開発と活用は 大変重要なことであるが多くの問題を包含している。


椎茸の栽培

原木としてクヌギの木を使用する。

クヌギは20年で根元の太さ15センチメートル、高さ10Π未棒個垢垢襦 これを秋に切って枯らして1月から2月の寒い間に1 の長さに切り、シイタケ菌を植え付ける。
シイタケ菌を原木に植え付けるにはいろいろな方法がある現在種駒が規格され、これをドリルで穴あけした原木に打ち込む方法が 一般的で成功率もたかい。


 仮伏せ
菌を植え付けた原木は菌糸をまん延さ せるため乾燥を防ぎ20〜30センチメートルの高 さに横積みにして上部に藁などをしき 全体をビニールやシ ェードですっぽり と覆ってしまう。

本伏せ
6月頃にヒノキ林や竹林のなかに、本 伏せする。

本伏せの2年後椎茸が生えてくる。
自然の状態では雨の多少などによって, 発生の状態が変わってくる。
太陽光線が適当にあたり、乾燥しないしかも風通しのよいところがよい。
11月頃気温が下がって雨が降るときのこが出てくる。
自然の状態では雨が降らないと発生しない。 椎茸の発生は菌の種によって異なるが、
11月から4月頃まで3年程続く
5年もたつと木は、ぼろぼろになって粉になってしまう。