蒲原鉄道

今春新潟交通とともに廃止という話が出ていた蒲原鉄道ですが、3月に撮影に行ったときにはすでに地元からの強い要望により存続されることが決定されており、その旨が張り紙がされていました。関係者の方々はご苦労されたことでしょう。現在は3駅のみで運行がされていますが以前は両端をJR(当時は国鉄)に接続していたようです。車両は非常に古く木造と思われます。(なにしろ窓枠等が木製です)また、駆動系もかなりガタがきていて、あそこまで爆音をたてて走る列車に初めて乗りました。
走る
夜の駅
木造列車
この鉄道のすぐ脇にはバスが通る道があります。実際にこの鉄道会社はバスを走らせています。もしバスと列車同様の条件だったら私は列車に乗るでしょう。それはただ列車が好きというわけではありません。バス停で目の前を車が通り過ぎるのを見ながらバスを待つのよりは駅の待合室で待ちたくないですか?実際に乗客が少ないときにはバスの方が効率がよいことは分かりますが、そういったものだけでないような気がしませんか?
数年前に国から小規模鉄道会社への助成金がうち切られました。すべての会社を合計しても新幹線建設費には遠く及ばない額なのに。
鹿児島に以前住んでいましたが鹿児島ー八代間に新幹線を作っているようですが誰が乗るのか非常に不思議に思います。新幹線があることの効果より新幹線を作ることの効果をねらっているとしか考えられません。それが現実と言われればそうかも知れませんが。
鉄道の廃止と聞くといつも考えてしまう納得のいかないお話でした。
 戻る   ホームへ