ちょっと言ってみるだけのページ


Cyber-Nの伝説

Cyber-N は男の子として生まれたが、諸事情により女として育てられた。 5歳の時、神を見た。 18歳、DDRのやりすぎで足首を捻挫。プロダンサーとしての夢を断たれる。 24歳のころ、ウェンズデイ機関のファンタズマ計画の被験者になるが逃走する。 (注:文献[5]参照) 35歳の時、266人のCyber-Nに分裂した。以後、毎年この調子で増え続け、 世界を覆うことになる。 43歳の頃、ちょっと溶けてみた。予想以上によい溶け具合。 下着姿でチョモランマ登山を敢行したのもこのころである。 68歳の時、非常食から携帯食料にバージョンアップ!  いつでも美味しくいただかれたという。 しかしCyber-Nという人物が実在したかどうかについては謎である。  

Cyber-N 1999


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ