題名著者感想評価
2/8 2/9 半落ち 横山秀夫 主人公は複数です。
2/9 2/10 ハサミ男殊能将之 犯人は「ハサミ男」=「わたし」である。 ε
2/11 2/14 法月綸太郎の新冒険 法月綸太郎 このページはダム盛のページであって、かねやんのページでは決してない。
2/17 2/22 「ABC」殺人事件 有栖川有栖ほか お得感。 三塁打
2/23 2/28 殺戮にいたる病 我孫子武丸 犯人は蒲生稔。結末まで読め。 ☆☆☆
3/3 3/7 密閉教室 法月綸太郎 机を9には並べない。 発泡酒
3/10 3/13 慟哭 貫井徳郎 妻は作家の〜〜〜 2LDK
3/14 3/18 動機 横山秀夫 短編集(はんぺん臭) パリジェンヌ
3/20 3/20 耳すます部屋 折原一 ダムと東京を往復すると本が一冊読めます。 2割引
3/23 4/5 大密室 有栖川有栖ほか 目が潰れるほど本が読みたいわけではない。 飛び石連休
4/6 4/19 六枚のとんかつ 蘇部健一 第3回メフィスト賞。怪作。 夢遊病
4/26 4/28 崩れる 貫井徳郎 ホタテを投げてたまちゃんを救おう ナゲヤリ
5/9 6/1 ロシア紅茶の謎 有栖川有栖 ロシア紅茶にはジャムが入っている、らしい。 6.0
6/2 6/3 雪密室 法月綸太郎 雪が降ろうとも仕事に行かなければ。
6/26 6/27 美濃牛殊能将之 衝撃を受けた前作「ハサミ男」と比較するとオーソドックスにまとまった感が。それでも、「あのまま回ってたら、そのうちバターになるかもしれない。」とか殊能の味を楽しめる。長すぎるのがやや難か。 82/100点
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/
6/ 6/




























































もどれ