☆お知らせ☆
AYA MANIA’X RELATIONSは閉鎖しました。短い間でしたがありがとうございました。
現在違う所で運営しております。
URLをお知りになりたい方は、携帯メールアドレス、HN、を書いてaya_hujisaki@hotmail.comまでお問い合わせ下さい。
携帯で連絡の取れない方はご遠慮下さい。


☆近況☆
このHPを始めた当初は、今ではあまり見かけない、いわゆるネットアイドルという事をしていました。
まぁ、簡単に言えばダイヤルアップで不特定多数のプロバイダから接続し、投票を得て人気があるように見せかけるという事をしておりました。
プロキシや多段串、無料プロバイダ、ちょっと知識があれば誰でもやれた事だし、まぁ、今でもやろうと思えば簡単にやれる訳ですが、
そんな私も今はほぼ固定IPで光ケーブル。そんな事かったるくて今はやれません。
実際にはどの位の人が見ていたかは、23万人のアクセスがあったので、それを参考にすればよいと思います。
何故ネトアサイトを使ったかというと、単なるアクセス稼ぎです。有名になりたいだとか、そんな欲は全くありませんでしたね。
HPに自分の存在意義を唱えた事は確かな事です。
悲劇のヒロインだろうが何でもよかったです。そこに自分の存在意義を見出せればそれで自分の欲求は満たされた訳です。
もちろん、ネトア?だからと云ってファンサービスをする訳じゃないし、私はそこでやりたい事があれば何でもやりました。


その結果、何が起こったかというと、複数の雑誌に取り上げられ、TV出演もありました。
よく売れないネットアイドル?のようなふれこみもありましたけど、本人が売れるつもりがなかったのでTV出演や当時していた雑誌の執筆はただのアルバイトです。
それと、これは芸能事情の裏ですが、CDを出したり、写真集を出したりするという事は、プロデューサーと寝たり、関係を持つ事が早道なのは確かな事です。
もし、自分の有益となりそうな人物がいたとして、その人が身体を関係を求めているとしたら、私はその人と間違いなく寝ます。
私は世の中はそんなもんだと思っています。


よく整形、というネタでひっぱられる訳ですが、整形前の写真は銭金で全国放映されましたので
(プロデューサーがこのネタを面白いと判断したからです)知っている人は多いと思いますが、
自分の顔が決して美しいだのとは思っておりません。
世の中には下には下がいるし、上には上がいる訳なので、整形後の顔がいけているいけていないというのは個人の価値観に委ねられます。
顔がくずれるだとか何だとかも、よく言われましたが、まぁ崩れたらまた金をかけて治せばいいんじゃないかしら?


まああとは自傷行為についてですね。
当時傷を写した写真をWEBに載せてずいぶん叩かれたものです。
今となっては傷の載せたページなどいくらでも存在するから何も言われはしないものの、当時としてはセンセーショナルだったのかもしれません。
傷が浅いだの、たいしたことないだの、医学的見地からいえば、派手に血を吹いている状態で、生命の危険に関わるような危ないリスカではありませんでしたよ。
今は、と言いますと、32条適応者でありますので、それなりの障害がある訳ですが、リストカッターには興味がなくなりました。
裏のHPでは公表ずみですが、薬物(合法)への興味はまだあります。
でもこれも、回数は少なくなりましたね。


そういえばWEB上の私と現実の私が解離している。という意見もありました。
はい、解離している、というか、まっとうな人間として生きていく事が善であるならば、WEB上の私は社会不適合者である悪として、ある程度想像して出来上がったものです。
そんな事は当たり前じゃないですか。言うまでもない、バカバカしい。


さあて、こんな私も33歳になりました。
あれから顔が壊れたんじゃないか?という意見が多数に多かったので、裏で後悔している最近の写メを一枚上げておきます。
まぁ、勝手に判断してください。


あと色々な人が興味を持っている男性関係ですが、笑っちゃいますね。
私は男には不自由していません。
バカな男とつきあって、ハメられて、と友達によく言われるけれど、自分がその自由恋愛を望んでしている訳なのです。楽しんでいるんです。
そのうち不自由する日が来るんじゃないか?、そりゃ年齢を重ねれば不利になる訳だからそうかもしれないけど、別に最終的には男はいてもいなくてもいいです。
だって、私の射程範囲は男だけでなく女も含まれるし、日本人だけではなく、
英語を喋れる人達、フランス語を喋れる人達を含みますので、範囲は普通の人よりぜんぜん広いですよ。


あ〜あとV系が好きなのではないか?という誤解がありますけど、V系は嫌いです。
音楽としてみて、どれも同じに聴こえてつまらないし、アーティスティックには思えません。
今は好きな人(芸人さん?)がいますけど、コンサート行ったり、その人が出演しているDVDを買い集めたり、なかなか楽しいものです。



今、表で藤崎綾をやるとしたら、ダークサイドを押し出すサイト構成には絶対ならないだろうな・・・・
病理知識は大学で勉強してより屁理屈なものになるだろうし、多分、やってる自分がつまらない・・・・



短絡的にいうと、どんなに叩かれても、賞賛されても、どっちでも、
自分がやりたいことは曲げません。
そのやりたい事が他人から見たら乖離していたり、めちゃくちゃだったり、様子がおかしかったりしても、それを含めて全部が私。
私という人間がやっていること。






女の執念!ネトアバトル『2001』

当サイトは、性的表現、メンタルヘルス、その他オタク的過激な表現が含まれます
その手の内容について嫌悪される方は、サイトの閲覧をご遠慮下さい
またメンタルヘルスについて討論をする気もござません
病理知識については管理人の独断と偏見で語っておりますので、その点についてご不満を持つ方も閲覧をご遠慮下さい

BY藤崎綾


毎週各ジャンルのTOP10サイトを
メールマガジンでご紹介。快適な
インターネットライフにお役立て下さい