プチ・ディクショナリ    一部上場(意味不明)・・・


横溝作品を読んでいると、いつも知らない言葉に出会います。
辞書を片手に読むこともしばしば。

INDEX
横溝作品のためのプチ辞書
度量衡
セルってなに?
絣の着物
横溝正史シリーズのタイトルバック
ハトロン紙
壮士芝居の三枚目
その、
ああ、すません!
ども。
楽子のプチ辞書&プチ考察
舞台版・金田一耕助
蝙蝠
PARTNERSHIP
おじさま考・おばさま考
孤独考
苦手意識
おっと!
まあまあ
うりゃ!




★度量衡

最近見かけなくなった、日本古来の単位です。まずは基本的な説明。
(引用「理科年表」2000年版)

長さ
尺=1/3.3m=0.30303m
寸=1/10尺=3.0303cm
分=1/10寸=3.0303mm
間=6尺=1.8182m
里=36町=3.9273km
海里=1.852km
質量
貫=3.75kg
匁=3.75g

金田一耕助の身長=5尺4寸=約162cm (いやはや、これくらいかな)
(前の記述、5尺6寸を訂正しました←すみません!)

INDEXへ


★セルって何?

(serge)オランダ語
梳毛糸(そもうし)を主とした着尺単衣用の毛織物。梳毛糸に人絹を撚り合わせたもの。
また、経糸に絹糸などを用いた交織毛織物もある。セルジ、サージ。

*もとは絹毛交織を指したが、近来、おもに梳毛糸を用いて綾織とした服地をいう。無地のものが多い。
サージとセルは本来同じ物であるが、我が国でいうセルは経緯とも細かい梳毛糸で平織りにした和服地
のこと。

金田一耕助の着物の素材で馴染み深いですね。彼はセル以外にも飛白、大島などの着物で登場します。

INDEXへ


★絣の着物

絣文様(かすりもんよう)
飛白とも書く。織る前にあらかじめ文様に従って染め分けた糸(絣糸)を使って織り上げるもの。染め残された
ところが文様になります。十字絣、井桁絣、蚊絣、蜻蛉絣などの抽象的な文様と、吉祥文、器物文、風景など
を織り出した絵絣があります。

金田一耕助が「本陣殺人事件」に登場する際に着ているのが飛白。
金田一耕助の持っている飛白の柄を想定してみると・・・。

蚊飛白(かがすり)=経緯(たてよこ)の絣糸で非常に細かい十文字を織り出したもの。絣の基本柄の一つ。
高度な技術を要する織り方といわれる。蚊が飛んでいるように見えるところから名前が付いた。男物や年配の
婦人ものとして好まれている。

*おまけ:「黒猫亭事件」で耕助がY先生と初めて対面する場面では、彼は大島紬を着ています。
久保さんの所から来たようなので、もしかしたら銀造さんのお下がりかもしれません(笑)。

INDEXへ



★横溝正史シリーズのタイトルバックについて

紗綾形(さやがた)→参照:「横溝正史シリーズ」犬神家の一族のタイトルバック
(見本は「耕助の活躍」中の『蝙蝠と蛞蝓』のページ背景)
卍の文字を崩して組み合わせ連続模様としたもの。別名雷文繋ぎ。桃山時代に明から伝わった織物、紗綾の
地文に使われていたためこの名がついた。端正な幾何学文様で、江戸時代には菊や蘭をあしらった小袖が
流行した。

麻の葉繋ぎ(あさのはつなぎ)→参照:「横溝正史シリーズ」仮面舞踏会のタイトルバック
麻の葉文=正六角形を基礎にした幾何文様。形が大麻の葉ににているためこの名前がついた。連続模様は
麻の葉繋ぎと呼ばれている。着物や長襦袢などに染められる他に、絣の織物もある。また、麻が丈夫で成長
も早いことから、子供の産着として現代でも用いられている。

INDEXへ


★ハトロン紙と鳥の子紙

ハトロン紙ってよく名前を聞くけれど、実物を思い浮かべることができませんでした(笑)。

ハトロン紙(はとろんし)
hard-rolled paper:ロールを強くかけた紙のこと。別名クラフト紙。
kraftはスウェーデン語で「強靭」の意味。
硫酸パルプから製した褐色で丈夫な紙。包装紙、封筒などに使用される。

ついでに・・・

鳥の子紙(とりのこがみ)=鳥の子色の紙、という意味。和紙の一種。
雁皮(がんぴ)と楮(こうぞ)との液に三椏(みつまた)を混ぜて漉いた優良紙。
平滑で緻密で光沢がある。鎌倉時代から用いられている。
福井県武生市、兵庫県西宮市名塩産出のものが良いとされている。

鳥の子色は鶏卵の殻のような色。淡い黄色。

INDEXへ


★壮士芝居の三枚目

小説「悪魔の寵児」の中で、望月種子から耕助はこう評されます。はて、三文芝居じゃない、壮士芝居って?
てなわけで・・・

壮士芝居
 明治中期の壮士、あるいは書生と呼ばれた青年知識階級が、自由民権思想を民衆に訴えようとする目的で
始めた素人演劇。角藤(すどう)定憲が明治21年大阪で旗揚げした新演劇に始まり、川上音二郎一座などを
経てのち「新派劇」に発展。書生芝居。歌舞伎と新劇との中間に地歩を持つ。

金田一耕助は青年インテリゲンツィアに見えなくなくもないらしい(笑)。舌噛みそう。

INDEXへ