耕助の活躍の日

このページの合言葉は「ネタばれ注意」です

金田一耕助は、様々な事件に関わると同時にそれが作品化されております。
このページでは金田一耕助の活躍を随時報告していくつもりです。
耕助さん、勝手にネタばらしして、ごめんね。


プチ・ディクショナリ
横溝作品にまつわる無用な?知識
(続々更新予定を目指すベシベシ・・・)


こんにちは、楽子です。
金田一耕助の映像化作品を、楽子なりの観点でまとめてあります。
主観的な部分が多々あると思いますがどうぞご了承下さい。
また、楽子の思い違いなどに気づかれた方は是非、
掲示板やメールにてご教示下さいませ。

更に、金田一耕助の作品には、既に多くの方が
すばらしい解説、および寸評を書かれています。
本来の横溝作品を堪能されたい方は、是非そちらの
ページをご覧下さいませ。


ネタばれ注意報

シリーズ=横溝正史シリーズ
二時間もの=二時間スペシャル


INDEX
楽子の観点
映画『金田一耕助の冒険』ナンセンス解説
シリーズ『犬神家の一族』共感覚
シリーズ『女王蜂』ファッションに注目
シリーズ『悪魔の手毬唄』脇役に入れ込む
二時間もの『獄門岩の首』豆知識入り
小説『蝙蝠と蛞蝓』大胆キャスティング
○◇×○
ホニャララ
ふんがっ


こんにちは、僕、金田一耕助です。
皆さんご承知の通り、僕が関わった事件には、多くの登場人物がいます。
事件に巻き込まれた人、被害者、そして犯人。
僕は本当に多くの人たちに関わり、そして別れてきました。
僕は、物語の中では狂言回しに過ぎない、一介の探偵ですが、
関わってきた人達はみな、忘れられない人達ばかりなんです。
この一角では、特に僕の印象に残った人について

つれづれに回想してみたいと思います。

僕のつぶやきを聞いてみたい方はこちらへ

金田一耕助の暦