諸行無常と曼陀羅



もしかすると,アインシュタインと空海は,同じ課題を探究していたのかもしれない・・・

祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらはす。

曼陀羅は,言葉では表せない密教の教えを図柄で表したもの

時間と空間を1つの理論で統一しようとした・・・

空海とアインシュタインの2人の思いは,1000年の年月を隔てていても,同じ境地にあったのではないか。

時の流れは永劫なれど,我が人生に永遠は無し。

目的を失った者は,時の流れに身を任せ,あたかも川面に落ちた葉の如く。

人生の折り返し点を確実に過ぎた人間には,ひたすら前を見て走るなどという元気はございません。

でもね,国旗・国歌法案がこれほどたやすく通過してしまうなんて,世の中変わったねえ。

無彩色の景色・・・冬景色

さて,どんなHPに仕上げていきましょうか・・・・

hiro314@geocities.co.jp