久々の経済講座今日は、知的財産権問題についてです。

ちなみに知的財産権問題の国際機関はWIPO

ドメイン名等のネットワークに関する問題はICANNがあります。こちらはNPOです。

 

特許の特徴

1)                 属地主義

→世界特許への動き、ヨーロッパ特許法

2)                 先願主義

→アメリカは先発明主義

 

今日は特に「ビジネス・モデル」について、日本では、主にビジネス・モデルですが、アメリカではビジネス・メソッドといったりしていますが、どちらも正しいようです。

ビジネス・モデル

知的所有権保護(プロパテント)活発化

イタリア:ルネサンス

イギリス:産業革命

1期アメリカ:アメリカ産業革命

2期アメリカ:1980年代以降

日本:1970年代‐1990年代

ビジネス・モデル特許の活用

@      e‐コマース

A      金融

B      製造業

C      物流

ビジネス・モデルの活用方法

1)  発想の転換

不自由(Wants)→必要(Needs)→発明(Invention)→技術革新(Innovation)へとリンクさせる。

失敗例=「原因のない失敗はない」→成功への近道

2)  特許と経営の直結

特許権とビジネスを連結させて考える。→ビジネスとして成功しない特許は意味を持たない。

3)  進歩性から有用性

進歩=有用とは限らない。マーケットニーズを把握し、CSを中心概念においた発想転換が必要。

4)  パテント・ポートフォリア

1つ特許権だけではなく、その関連した特許を取得することで、

A      シナジー効果を得る

B      裁判における優位性の確保

が計れる。

5)  企業財産としての知的財産

特許から得られる収入と利益率が高い。

6)  経営者の知的財産権知識

知的財産権への知識が必要

ゼロックスの失敗例:“アイコンとスクロール”の開発。しかしながら、特許取得せず。(if特許を取得していれば、1兆円規模の利益を得ていた)

7)  ライセンスの高度活用と他社技術の活用

他社技術を活用することで、市場におけるデファクト・スタンダードの確立を目指す。

8)  ライセンスによる最大利益

デファクト・スタンダードを得ることでライセンス収入の最大化を計る。特に、ネットワーク関連技術は、ネットワーク外部性という特徴からも、ライセンス収入が飛躍的に高まる。

9)  特許と株式

特許権と株式公開の活用

10)                          ベンチャー・キャピタル

特許権による新たなビジネス展開

11)                          アウト・ソーシング

様々な外部刺激を利用

 

結論として

“変化への対応力”

が重要

 

 

先頭へ戻る