診断士1 インストア・マーチャンダイジング(略称:ISM)

小売店頭で、市場の要求に合致した商品および商品構成を、最も効果的で効率的な方法によって、消費者に提示することにより、資本と労働の生産性を最大化しようとする活動」を意味しており、小売店頭における「価値工学」である。(『インストア・マーチャンダイジング』田島義博著)

1.        顧客志向の多様化

2.        科学的手法によって店頭の売場生産性をアップしようとするのがISM

3.        ISMは、優れた品揃えと効果的な商品提示、売場演出により需要を創り出す、売上アップの技法=お店の中の商品化計画

1.        顧客ニーズを店頭でつかむこと

2.        顧客ニーズに合った商品を揃えて店頭で陳列

客動線長×立寄率×視認率×買上率×買上個数×商品単価=売上

ISMで焦点になるのは入店客数ではなくて、買上客数と客単価になります。

Ø         消費者の購買行動→非計画購買

顧客の買上個数のうち始めから計画されていた部分はわずかに1割で、残りの9割は店内で決定=ISMの工夫如何が売上に大きな影響

ISMの中心技術は、品揃え陳列

品揃えは売れ筋と死に筋の問題です。POSデータの活用

 陳列→プラノグラム(棚割り表)

ISM

インストアプロモーションとスペース・マネジメント

Ø         インストアプロモーション

価格主導型

非価格主導型

Ø         スペース・マネジメント

フロアマネジメント

→マグネットポイント

シェルフマネジメント

→グルーピング

→ゾーニング、フェイシング

→横陳列(ホリゾンタル陳列)縦陳列(バーチカル陳列)