勝手に考えてみました。以下の事は何の根拠もありません。

Written By wild geese

 

「インテリジェンス・アキュムレーション」もしくは、「ナレッジ・クラスター」

情報集積・知的産業集積ということにしといてください。

 

まず、情報という概念は様々ありますが、

@ WANTS:欲求、漠然としたもの

A NEEDS:必要性、すでに形になっているもの

という2つの情報に分類します。

 

個人で持つネットワークを

@       Formal-Network:フォーマル・ネットワーク

A       Informal-Network インフォーマル・ネットワーク

ここでのネットワークとは、個人が所属している社会である。

Informal sectorは、私的なつながりであり、Formal sectorは、公的なつながりである。

仕事上のつながりであっても、公的なつながりと私的なつながりがある。

 

ネットワーク内での分類において、社外での外部とのconnectionや、社内の内部とのconnection

@       フォーマル

A       インフォーマル

に分類する。

@       フォーマル・コネクションにおいて情報の重要な要素は、

@正確 A迅速 であり、的確なNeedsの認識である。

A       インフォーマル・コネクションにおいて情報の重要な要素は

@信頼 A不必要 であり、未成熟なWantsの認識である。

 

内外部でのインフォーマル・コネクションによる情報交換は

@       社内でのブレーン・ストーミングを活性化させる

A       新製品、新サービス、新ビジネス・モデルのSeedsとなる。

 

このインフォーマル・ネットワークに必要なものは

@       長期的な結びつき

A       人対人の結びつき

B       ゆとり

C       フラットな対人関係

D       信頼

である。

 

砂時計理論

砂時計の中心部は最も細くなっている。情報というものも同様であり、左右(上下)の持っている情報のごく一部しか

交換できない。(情報のボトル・ネック)そこで、Needsの認識が重要な要素になってくる。

しかしながら、経済状況に日々変化している。そのなかで、Wantsを認識し、Needsに変換していかなければならない。

それを可能にするには、砂時計の中心部を広げること、長い時間をかけて情報をやり取りする必要がある。

それが、砂時計の理論である。

 

補足

@ 個人のネットワークが広がることで、ネットワーク外部性の効果は広がる。

A しかしながら、広がりすぎたネットワークは、その効果を薄める。(外部性の逆説)

B       変化への対能力をつけることが可能である。

 

結論

結果的にはIT革命により、Face to Faceが可能になれば、この効果も広がる。

また、必要な情報をITにより、交換が可能になれば、インフォーマルな情報のやり取りの量が増える。

知識の集積により、産業内、企業内での技術革新が加速するのである。

 

ご意見御感想をお待ちしています。

 

文書の先頭