E-listBBSSearchRankingWallStreetGo to Top

ポータブルメディアプレーヤーの今後

 

SL-CT800を利用して、私が満足しているのは、

  1. 軽い
  2. 薄い
  3. 充電池が長持&安価で交換可能
  4. 本体が安い
  5. メディアが、安くて汎用性があり交換可能で容量もそこそこ

逆に、SL-CT800を利用して不満なのは、

  1. でかい
  2. リモコンが使いにくい
  3. 液晶表示が貧弱
  4. 日本語表示できない
  5. 曲を検索して再生できない
ってことでしょうか。

そんな私の不満や満足とは全く関係なく、Microsoftは1月8日、三洋電機を含む数社のメーカーをパートナーとして、ポータブルメディアプレーヤー「Media2GO」を投入すると発表しています。

「Media2GO」の詳細は、Microsoft.com に写真入りで紹介されているのでご覧いただけますが(ただし英文です)、「video, music, and pictures on the go」という表現に要約されているという気がします。

一方、今年の Macworld Conference&Expo / San Francisco 2003 でのアナウンスはありませんでしたが、噂の絶えない、カラー液晶画面付新型 ipod の登場も期待されます。

Mac vs. MS の戦闘は、ここに再燃かぁ?

早く、こいこい、発表日

って思ってたら11月10日、ソニーからこんなの出ましたよ。


参考リンク(インプレス)

ビル・ゲイツ、HDD搭載AVプレーヤー「Media2GO」をアピール

「Windows Embedded Developers Conference 2003」開幕

 目次に戻る