あなたは番目のお客様

izui@ybb.ne.jp
更新の催促はこちらへ
掲示板
京都のおすすめめし屋さん
ウィスキーめも
寺社巡り
音楽
サッカー
サッカー日本代表ネットワーク
日刊スポーツ
Bloomberg
CME nikkei225 Futures
Forex Directory
Ken Millenium
E-Trade Japan
逆日歩
Pan Rolling
日本経済新聞

相場だけではねたが続かないので,株取引だけに話題を限らず,

時事ねた等も含めて,普段感じたことを日記に書こうかと思います.

2004/08/04

本日,買い方の叫び声がかすかに聞こえたような気がしたので,資金を投入しました.


2004/07/30

プロ野球の1リーグ化が問題となっています.マスコミや選手会,阪神を中心としたセリーグの1部の球団は,世論が2リーグ制を望んでいるかのようなキャンペーンを張っていますが,果たして本当にそうでしょうか?1リーグ制のほうがわかりやすく,多くの対戦カードがあって面白そうだと思うのは私だけでしょうか?そもそも,トップリーグが交流の少ない2つのリーグに分かれているという状態は,非常に不自然だと思います.1リーグにすれば,最後まで優勝争いも盛り上がるでしょう.いっそのこと,サッカーのように下部リーグとの入れ替え制度のようなものがあれば,下位球団の刺激になり,より一層激しい見ごたえのあるプレーが期待できるのではないでしょうか.

株の方は,そろそろ反発でしょうか?最近はひたすらじっとしています.


2004/07/23

アーミテージ米国務副長官が「日本の憲法9条は日米同盟関係の1つの妨げになっている」とオフレコで個人的な感想を言ったことに対して,民主,社民,共産の一部や,共同通信などが過剰な反応をしていますが,そこまで声を荒げなければいけない発言でしょうか?中国・韓国の靖国問題についての内政干渉には,なぜ反論しないのでしょうか?


2004/07/16

橋本派の政治資金問題でドタバタがあるみたいですが,この問題が「自民党」の資金問題ではなく,「橋本派」の資金問題として取り上げられているところがきなくさいです.


2004/07/15

参院選は自民がやや議席を減らした形でおわりましたが,そろそろ毎度毎度同じような選挙番組にも飽き飽きしてきました.マスコミというのは現状を冷静な分析に基づいて説明することと,問題点を批判することを仕事としていますが,大衆に迎合し,感情に流されるような批判をすることが視聴率が稼げるため,後者のことしかやっていないように見受けられます.


2004/06/27

参院選スタート   去年,衆院選があったばかりなのにまた選挙ですね.こんなに頻繁に国政選挙があっては,毎年毎年大衆の人気取りをしなければならないですね.こんなので先を見据えた落ち着いた政治なんてできるのでしょうか?日本の民主主義のシステムにはあちこちにほころびが見え始めています.憲法の改正論がでていますが,マスコミが作るイメージに流されず50年先を見据えた思い切った改革が必要でしょう.


2004/06/20

ここへ来て景気の回復が鮮明になっており,それとともに国債相場の下落が始っていますが,次の懸念は景気の回復による税収増と国債の増加のどちらが早いかというこになっています.いくつかの主要な党では消費税アップによる税収増をもって国債の返済に当てようということなのでしょうが,ただ税率を上げるだけではその経済への影響も大きいでしょうし,このままの状況を放置すれば国債はどんどん膨れ上がって取り返しがつかなくなるのは目に見えており,舵取りは難しいでしょう.

状況を考えれば考えるほど,野党の提示している政策では不安を感じざるを得ません.かといって自民党の癒着型・地元利益誘導型政治を続ければますます泥沼に填まっていくでしょう.結局,国のためを思って国民に厳しい政策を唱えようとすると選挙に落ちてしまうということがわかっているので思い切った政策が打ち出せないわけです.そういうことを考えると,現在の民主主義システム,選挙システムというのは果たして本当に良いシステムであるのかということに,近頃非常に疑問を感じています.


2004/06/14

売ったり買ったりしていますが,儲かりません.どころか,ロスカット費用がかさんでいます.

現在は売りポジションを多めにとっています.


2004/06/04

あっさり戻りそうだったので空売り玉は利食い.買いと売りをほぼ均等にホールドして来週へ.当分こんな相場が続くんだろうか.


2004/06/03

売りなおし.今度こそ下げてください...最近は勝ったり売ったり何やってんだか.


2004/06/02

ドテン買い失敗...ここのところうまくいきません.4月と同じようにやってると負けてしまいますね.


2004/06/01

空売り撤収...そしてドテン買い.なんかうまくいきません.


2004/05/27

なかなか下げませんね.みんなが下げると思っているからそう簡単には下がらないのか?今日はポジション調整しただけです.


2004/05/26

イラク人質事件のお一人がまたイラクに行かれるそうですね.なんともごくろうさまです.

相場は上がると思えば下げるし,下げると思えば上がるし,ついていくのが難しいですが,出来高は低調のまま.もしここから下げれば早いかも...とりあえず空売りを入れておきました.買い玉はすべて昨日で売り切っています.


2004/05/25

反落.空売りするなら昨日でしたね.はずれ〜


2004/05/24

日経平均はわずかながら続伸しました.わずかながら買いポジションを維持しています.まだ空売りはできませんね.

小泉首相が家族会からかなりの非難を浴びているようですね.多分に政治的な意味をもった非難であろうと思いますが,現状ではこんなものではないでしょうか.結局わかったのは(というか,わかりきっていることですが),譲歩を得るためには,武力で脅すか,お金を渡すかしかないということでしょう.日本の現状では前者の手段が採れないわけで,問題解決のためにはテロに屈して後者の道を選ばざるを得ないということです.


2004/05/21

相場は堅調.明日の首相の訪朝での好材料の早取りでしょうか?

利益確定,戻り売りをこなしてあがってはいますが,出来高は減少.そろそろ売り場探しの目で見ておいたほうがいいのでしょう.


2004/05/20

北朝鮮との交渉に関する日テレの報道が問題になっていますが,槍玉に上がる度に報道の自由を振りかざすのはどうかと思いますね.トップシークレットを漏らす方も悪いですが...情報管理体制を徹底的に見直して欲しいところです.いったい誰が情報を漏らしたのでしょうか?政府中枢にいるこの漏らした本人は拉致被害者のことをどのくらい真剣に考えてくれているのでしょうか?


2004/05/19

反発しています.今回の反発は雰囲気的に(参加者がかなり疑心暗鬼になっているため)数日間は続きそうな気がしています.本日も最後に利益確定の売りが入っていました.これぐらいのリズムが丁度いいのでは?


2004/05/16

拉致被害者の家族の帰国が現実となりそうなことと,今年はアメリカ大統領選挙の年であるのと関連を認識していないひとが多いのではないでしょうか?北朝鮮は4年に1回(アメリカ大統領選挙の年に)外交政策の態度が軟化します.選挙公約の中に強硬な北朝鮮政策が盛り込まれないようにとの配慮でしょう.今回のことを機会に,両国の関係がどんどんと緩和していくと考えが期待はずれに終わる公算が大きいでしょう.今後も冷静に着実に交渉がを積み重ねられることを希望します.


2004/05/13

反発は一瞬でしたね.空売りのタイミングを見計らって待っていたのですが,早すぎてついていけませんでした.


2004/05/12

当然反発が入っていますがどこまでいくでしょう?一度崩れた相場はそう簡単には戻らないはずです.4月の高値を抜くにはしばらくの日柄調整が必要でしょう.


2004/05/10

官房長官が辞め,民主党の代表もその役を辞めることになりました.世論の怒りもわからないではないですが,これしきのことで重要な人材を追い出してよいのでしょうか?では逆に,国民年金は4割の人が未納だそうですが,その人たちは何か責任を取らされないのですか?国政の問題に対してマスコミはあまりにも感情的な判断を促しすぎではないでしょうか?

相場の予想はまったく外れました. CP100%でしたが,引け際に一本ためし玉を入れてみました.


2004/05/08

日経平均・TOPIXともに,おおよその下値の目処には到達しています.本来ならここで一旦反発があるはずですが...?


2004/05/03

憲法記念日

独立国家の機能を果たせない憲法などさっさと改正しましょう.

おそらくは第9条が一番の焦点になるのでしょうが,それはそれでまた議論するとして,いま感じていることは,特に「個人の自由」が及ぶ範囲を明確に規制すべきだということです.昭和の全体主義の反動と,アメリカの占領政策の影響でしょうが,この国では,「個」の自由がのさばり過ぎて,「公」がおざなりになりすぎではないでしょうか.

考えてみると,道徳の時間などでは「個」の自由,権利というものをくどいぐらいに勉強させられましたが,個人の義務というのは社会科の授業の一部でさらっと学習したのみです.その結果,他人に迷惑をかけなければ,何をやっても良い,という風潮がはびこってはいます.表現の自由も結構ですが,過激な風俗誌がどこでも手に入り,AV会社の社長が簡単にテレビに出てくるようでは困ります.他人に迷惑をかけなければ援助交際をしてもよいのでしょうか.「公」に比べて「個」が重視された結果,お金が稼げればそれでよいという安易な考えに多くの人がはまっています.

他人に迷惑をかけなければ,国の退去勧告を無視して,危険地帯に飛び込んでいっても良いのでしょうか?国会議員による国民年金の未払い問題はそれはそれで大問題ですが,だからといって,自分たちも払う気が起きないということを,テレビのコメンテーターが堂々という姿には,あまりに唖然としてしまいます.

「公」を大切にする.日本人が,日本人の一人としてお互いを尊重しあう.日本人というコミュニティーを大切にする.そういう精神を,条項に盛らないまでも,前文にいれるなどして明確化してほしいと考えます.


2004/05/01

GWで市場参加者が減って,買い手不在の中で,CMEを暴落させれば脆いものですね.これが,個人投資家に投げさせておいてから,買い上げるパターンなのか,本当に相場が転換したのか微妙ですが,個別のチャートを見ると,低位株では一相場終えたものが多く,値嵩株が値を保っているパターンが多いですね.


2004/04/26

ハイテク・情報セクターに物色対象が移るかと思われましたが,寄り天に近い状況です.一度,押し目を作るのでしょうか?

イラクで誘拐された3人へのバッシングが外国のメディアでは理解されていない,という新聞記事がありましたが,それらの外国メディアはおおよそ,ボランティアの人々を非難するのはおかしいというレベルでしか物事を語っていません.彼ら3人が極めて左傾化した思想家であって,国家が決断した派兵にも大反対の立場であったということをわかって書いているのでしょうか?確かに人助けはすばらしいことで,戦術として民間人を誘拐することは国際法にも違反にあたり,一番非難されるのは誘拐犯ということです.しかし,彼らも誘拐や殺害の危険が十分に予測できるということはわかって行ったはずです.それにもかかわらず,誘拐が自衛隊の撤退という国家戦略を左右することに,もしつながるのであれば,たった3人の無謀な行動のために1億人が大迷惑を蒙ることになります.果たしてそういうことを自覚して,彼らはイラクに行ったのでしょうか?メディアというものは左傾化する傾向にあるのですが,もう少し国際関係の視点を考慮して,記事を書いて欲しいものです.何のために日本はイラクに派兵したのでしょうか?イラクの人を助けることが第1の目的ではないのです.


2004/04/19

日経平均の安値11,623で,一応の下げの目処まで達しました.銀行も切り返しているようなので,投げも一巡した模様です.しばらくは乱高下が続くのでしょう.その中でもう一度大きくポジションの取れる機会があることを期待しています.


2004/04/16

幸運にも昨日の寄りつき後の高値ですべて逃げることができました.直後1銘柄買い仕掛けしましたが5分で投げました.1週間前の下落時よりも,出来高,下げ幅が大きいものが多く,重要な節を割った銘柄も多数見受けられます.しばらくは局所戦になりそうです.

人質解放はめでたい.本人たちは,まだイラクに残りたいなどと,なにやら寝言を言っているようですが,自分たちを救出してくれた国家というものの概念をもう一度よく考えて欲しいものです.


2004/04/12

イラクの3人さん,これまでの国の国外退避勧告を無視し勝手に出かけて行っておいて,捕まったから自衛隊撤退せよとはいかがなものか.自分だけの身勝手な正義を人に押し付けるものではない.

何のために首相が政治生命を賭けてまで自衛隊を送り出したのかよ〜く考えて欲しい.イラクの人を助けること,それ以上に重要な意味合いがあるのではないのか.

同じ日本人として早期の解放を願うが...


2004/04/05

12000円達成.値段的にも,循環物色の面からもそろそろ達成感が広がりつつあるような気がします.上げの基点を12月からと考えると日柄的にも,調整が入っていいころです.

いつもは米ダウやCME日経平均が高くなっていても,寄り高で終わることが多かったのですが,今回はそのまま値を保ったまま終わったのも,変化といえば変化でしょうか...

より短期の売買に軸足を移したいところです.


2004/03/28

いつの間にやら日経平均は12000円を試す展開になっています.いまポジション110%です.ここからはどこまで利を乗せることができるか,我慢比べです.


2004/02/07

改めて日経平均,TOPIXのチャートを見ると,昨年後半の高値である11200円あるいは1100pt.をトライして一旦押し戻された形になっている.これは非常に自然な流れでもあり,ここのところの下落を押し目として買いをいれるのもいいのではないかと考えている.時間があればゆっくりと銘柄検証をしたい正念場である.


2004/01/26

UFJショックでしょうか?ちょっと仕掛け的な動きですが,念のため半分以上の玉をロスカットしました.

NYが高いようですが,これで日本が反応しないのならやばいかもしれません.まだ持ち合い解消売り分が残っていることも考えられます.


2004/01/24

ここのメルマガの最新号が面白かった.http://come.to/jog

現在の日本では,日米同盟についての議論が騒がしくなっているが,20世紀初頭からの日英同盟の役割,第一次世界大戦で日本が同盟関係を軽視したこと,その後の同盟破棄と日独伊三国同盟への流れがわかりやすく解説してあった.

ここのメルマガ,ジャンク的内容も多いのですが...というかほとんど...今回は面白かったです.


2004/01/20

11000円を突破しました.まだ昨年来高値を突破していないので,さらなる高値にはもうしばらく時間がかかるかもしれません.


2004/01/14

武器開発提携を第3国にも拡大

これまでアメリカだけに限っていた共同開発パートナーをそれ以外の国ともやっていくという案が出ている.これは日本の安全保障に重大にかかわってくる問題だが賛成である.提携相手はおそらくEUの国になると思うが慎重に戦略的に選ぶ必要がある.イラク派兵をけしからんと言う意見があるが,道義的に見れば確かにけしからんと思う.しかし,経済的・軍事的にアメリカ一辺倒になっている現状を考えれば派兵して当然だと思う.だからイラク派兵がだめだと言うなら,今回のような武器開発についての問題や,憲法の問題をきちんと解決し,安全保障の対策をきちんとやってから言うべきである.

相場の方はアメリカ安にもかかわらずしっかりしている.再び買いの手を広げている.


2004/01/09

大規模な介入にもかかわらずドル安は続きますが,もう,介入は円買いポジションを有利につくるために利用されています.ここまでくると介入では相場を反転させることはできません.もし日本の外貨準備を増大させることが目的であるならこれは正解ですが,反転が目的であると危険な行為です.もし反転を目的とするのであれば,円買いポジションをとるディーラーがあせって買いをいれるまで待つ必要があります.


2004/01/06

NY,NASDAQ高のおかげで前場高く始まり,年末購入分はすべて利益確定できました.あとは,下げ止まるべきところで止まるかを見計らって,もう一度買いなおすところを見極めたいところです.

ドル/円はあれよあれよという間に106円前半になりました.105円を切ると製造業にとっては危険ゾーンです.何が何でもこれ以上の円高を阻止したい水準ですが,これまで資産をドルで持っていた人たちが別の通貨に替え,通貨を分散して持ちたいという流れですから,そう簡単には止まりません.ましてやドルは世界中にばら撒かれています...

北米市場だけでなく,ユーロ圏にどれだけ市場を開拓できるかが生き残りの鍵になりそうです.逆にいえば,ユーロ高は商機でもあると思います.


2004/01/05

年末に買いポジションを30%ほど取りました.今日当たりが目先の利益確定タイミングだったように思えますが,持続してしまいました.

円高,ユーロ高.アメリカから資金流出傾向が続いています.軍事関連を中心とした特需で株価は上昇していますが,それが止まって株価が反転したときのことを考えると,危険な香りがします.日本も為替介入をした資金をドルのままで持つのは危ないかもしれませんね.

今は自分ならユーロで現金を持ちたいです.


2003/12/15

フセイン大統領の拘束で上げすぎたように思えるし,このまま節を突き抜けるようにも思えます.最近はずっと様子見です.

フセインを射殺ではなく拘束したことで,ちょっと問題が難しくなったのではないでしょうか?下手に裁判を公開で行うと米軍も弱みを衝かれかねません.本当はその場で射殺したほうがブッシュにとっては都合が良かったと思いますが,とにかく裁判は非公開にするでしょう.あとは,すべての罪をフセインにかぶせて国民はそれに騙されていただけ,という形でイラク国民を納得させるという日本で成功した方法で統治をすすめると予想されます.

イラク復興事業を受注する企業は連合軍に加盟した国に限ることが発表されていますが,日本政府がイラク派兵を急ぐのも,このあたりの事情にからんでいるようですね.この事業に乗っていくには,小泉首相としてはできるだけ早くイラクに派兵して,存在感をアピールする必要があります.日本の急所である石油資源が絡んでいるだけにエネルギー戦略的にも復興事業を無視するわけにはいかないでしょう.できるだけイラクに影響力を残したいところです.


2003/12/01

足利銀行の処理がきまって大幅高になりました.春のりそなのときも処理が決まった段階から高騰が始まりましたが,今回はどうなるでしょうか?節を抜いてきたものにとりあえずついていってもいいのかもしれませんね.


2003/11/27

銀行株が大幅高でふみました.


2003/11/25

じわじわ上げてくれたらやりやすいのですが,寄り付きから大幅高ではなかなかうまく対応できませんね.仕方がないので売り場探しという感覚で見ています.

国会の審議が始まりました.やはりイラク派兵問題が争点のようですが,なぜマスコミは裏にある北朝鮮問題を合わせて取り上げないのでしょうか?国家の安全保障の問題はひとつひとつの細かい事象だけを見て論じるのではなくて,あらゆる局面の情報を集めて戦略的,総合的に判断する必要があります.そういうことを国民に知らせることもマスコミの義務だと思います.きれいごとを言うだけならイラク派兵をやめて,アメリカに撤退を迫り,イラクのことはイラク国民に任せる,あるいは国連にあらゆる権限を委譲するのが道義でしょう.それは誰が見てもわかります.しかし,残念ながら国際戦略上,それは許されないことなのです.


2003/11/21

テロ,米株安にもさほど反応しません.目先底を打ったようです.


2003/11/20

監視している個別を見ると,まだ疑心暗鬼状態ですが,今日の上げで一旦反発する形ができました.


2003/11/19

しっかりとしたポジションをとれず様子見姿勢を続けています.そろそろ,TOPIX,日経平均共に,今年の上げ分の1/2押し水準まで到達しそうですが,今日の段階では,まだ,買い方の総投げといったところまではいっていないような感じがしています.

国会が召集され小泉首相が再選されました.イラク派兵問題が焦点ということですが,裏にある北朝鮮問題に対して,アメリカから何か具体的なものを出さない限りは,イラク派兵も延期のままでいいのではないでしょうか?


2003/11/14

田中前外相.政権に対する誹謗中傷ばかりがめだつ.マスコミが面白がって取り上げすぎという感あり.無視すればいいのでは?

自衛隊派兵延期.小泉首相のアメリカ礼賛のパフォーマンスは終わりか?国益に反映することが明確にならない限り,派兵準備は再開しなくてもよいだろう.本当に行くと泥沼にはまりかねない.ロシア革命直後のシベリア派兵を思い出される.引くときは引いたほうが良いという現実路線でよいと思う.

円高傾向が是正されていたが,衆議院選挙も終わりで再び円高トレンドへ.来年のアメリカ大統領選挙に向けての選挙協力のために,多少円高ドル安方向に振れても介入することはなくなるのではないか?これまで介入した資金の含み損の問題で日銀がたたかれ,それが介入の中断の口実ともなりそう.しばらく米ドル投資は控えたい.


2003/11/13

SQ前でまた激しく揺さぶられます.今日は上げましたが単なる戻りに見えるものが多く,しばらくは売り場探しをすることにします.


2003/11/11

投げました〜


2003/11/07

上下によく振れます.空売りするにも銘柄を選ぶ必要がありますね...といいつつ,買い玉をしこんでしまいました.


2003/11/06

公的資金さん,一日だけ登場して後は無視ですか・・・空売りしとけばよかったです.


2003/11/05

公的資金発動???ヘタに空売りするとやられるところでした.今日の動きが公的資金だとすると,今日が水曜日なので,金曜日までは注意が必要ということになります.TOPIXのチャートは見様によっては綺麗なトリプルトップに見えます.

10月後半の下げ相場はヤフー株の上場がらみだそうですが,なんにせよ個人投資家が上値で大量に捕まっていることには変わりはないようです.


2003/11/04

超小型株を中心に売り買いし,先月後半の負け分はほぼ取り返しました.選挙相場も終了で明日あさってまでには1銘柄を除きキャッシュポジションに戻す予定です.もしかすると売りポジションをつくるかもしれません.


2003/10/24

えらいことになっています.ちょうど本業でドタバタしているタイミングだったので今年の利益の10%を吹っ飛ばしてしまいました.

11000円が今年の高値だったのか?


2003/10/18

新興市場が活況ですが,そろそろ日柄的にも東証1部の順番ではないでしょうか?NASDAQが下落しているので,月曜日の午前中は仕込みのチャンス?いくつか狙っています.


2003/10/15

日本道路公団のボスも悪いかもしれませんが,国土交通相も2人だけのオフレコの話をべらべらとしゃべって信義に反したことをやっておりどうかと思います.田中元外相のときと同じような共倒れになるのかうやむやになるのか.選挙前だけに余計に微妙ですね.

相場は寄り高後反落ですが,買われる銘柄はやはり買われています.正しい銘柄を選んで,きっちりと押し目を拾っていればいずれ順番は回ってくるようです.


2003/10/12

TVの選挙討論番組を見ていると消費税の増税は規定路線のように語られているが,税金は消費税しかないようなイメージを与える.企業の国際的競争力を保持するために法人税を抑えておく必要があることは理解できるが,所得税は高い累進課税を課してもかまわないのではないだろうか?政治家さんたちには損になってしまいますが.


2003/10/11

市場を見渡すと好業績銘柄(特に業績好転銘柄)が循環的に買われているようです.銘柄選択を間違えるとえらいことになります.バブルの様子に似ていると早くも言っている評論家もいるようですが,株ならなんでもあがるというわけでもなく,まだ過熱しているとはいえなさそう.


2003/10/10

衆議院が解散されました.開示されたマニフェストは厳しい言い方をすると,与党→新味無し,野党→実現性薄し,です.選挙相場ということで,しばらくは暴落の心配なく相場がやれそうです.


2003/10/08

一昔前はSQ前ということを相場が動かない言い訳として使っていた市況解説が多かったものですが,最近はSQの週というと上に下に波乱になることが多いですね.

為替相場が止まりません.外貨預金に非常に大きな額がたまっていたはずですが,そろそろロスカットが続出するころです.今はまだ輸出企業にとっても耐えられる価格帯だと思いますが,為替というのは一度動き始めると数ヶ月のスパンでトレンドが続くことが多いです.今後数ヶ月先,厳しい場面があるやもしれません.


2003/10/07

5日制見直し、「選挙目当て」=河村文部科学相  〜  河村建夫文部科学相は7日の閣議後記者会見で、民主党が次期衆院選のマニフェスト(政権公約)に学校週5日制の見直しを盛り込んだことについて、「あまりに短絡過ぎる。大変なポピュリズムで、選挙目当てのものでしかない」と批判した。(時事通信)

文科相の反論の意図がわかりません.週5日制に違和感を覚える人が多数いることを自ら認めているわけで,見直しの議論をすることは非常によいことだと思われるのですが...

相場の方は,銀行が一服も循環相場であちこち噴火.ただしすべての株が上がっているわけではないので,銘柄の選定は重要かも.現在ドル円相場は109円台に突入中.日本への資金流入の証左と思うが,輸出株は厳しいか?


2003/10/06

丸紅,先週末仕込むも,今日寄付きで買い乗せ→失敗→カット,です.


2003/10/03

有事の自衛隊収用権限、改正施行令を閣議決定  〜  政府は3日午前の閣議で、有事の際の防衛出動時に、民間の土地や家屋を使用したり物資を収用する必要がある場合、都道府県知事に通知すれば、防衛長官に加え、師団・旅団長らも収用を執行できるよう定めた改正自衛隊法施行令を決定した。。(読売)

うーむ.これまで,本当に有事になった場合,どうするつもりだったんでしょうね.


2003/10/02

まだ上もあるかもしれないが本日早くも十分に上がったので利益確定.ごちそうさまでした.銀行中心に上がっているがここから循環が広がるかどうか.指数が高値更新するには日柄的にまだ早いのでは???

全体をざっと見渡すと,内需関連はまだしっかりと上昇トレンドを維持しているものが多い.そのなかで銀行グループが一足先に上がった感じ.内需関連の安いところを拾っておけばしばらくは安泰か?


2003/10/01

15年度後半の相場に突入.みずほが意外に早く節抜けしてきたので買い.


2003/9/29

円高が止まらないようだが,まだ介入しないのだろうか?日銀が為替に介入しなくなったのはG7で中国に元高の圧力を掛けるためという話が一般的だが,いま本当に元高が必要なのか,ということも非常にあやしい.確かに労働力の単価の格差は日本の製造業にとって厳しいが,逆に安価な労働力が必要な分野はすでに中国での生産に移行済みである.日本での生産はより高付加価値製品への切換えは(多大な苦労を賭けた末であるが)定着しつつある.逆に元の価値の不安定化はこのような製造業に対して新たな対策を強いるものであり,必ずしも日本の製造業全体に好影響を与えるものではないと考えられる.むしろ日本の製造業は中国での安定した安価な労働力を利用し,さらにその工場に非常に近いという立地条件を生かして国際競争に生き残る策を見出すべきではなかろうか?よって今必要なことは,短絡な元高政策ではなく,日本資本の中国工場が活性化することであり,中国の国際市場への加入がそれを推進するはずである.今はそのような資本主義のルールを中国に徹底させることが望まれる.安易な元高でむしろアメリカのヘッジファンドを喜ばせるだけに終わってしまう.

ドル/円の為替相場も政府はもっと管理してよいと考えている.安易な自由市場というはアメリカのヘッジファンドにえさを与えているだけである.しかも円が暴落して困るのならいざ知らず,円が高騰しているのである.介入の効果を疑問視する声もあるが,円を渡してドルをもらっても,もらっても,いくらでもドルが手に入るのである.結構なことではないだろうか?極論過ぎたか?


2003/9/26

そろそろリバウンドがあってもいいところだが,値幅が小さい.

この半年間の相場でも持ち合い解消はあまり進んでいないというデータがある.それがどう影響するのか.総選挙までは値持ちするであろうが...

と,午前中に書いたら午後からしっかり.特に監視している銘柄はかなり戻しているものが多い.ここから一気に上抜けることはないだろうから,ゆっくりと様子見を続ける.


2003/9/25

先週末の利益確定策が当たった形.ここから激しいアップダウンはあるだろうが,それにいちいちついていくのは大変.しばらくは手出し無用の相場になりそう.


2003/9/20

今週も株式市場は騰勢を続けたがだんだん怖くなったので,ほとんどのポジションをクローズした.明日からG7があること,9月中間期決算の権利取りのピークもそろそろであることも理由である.ロスカットを厳守しながら上げ相場にとことん付き合うのがセオリーであろうが,どうなるか.

円高+中間期配当で電力株が上がっている.狙えばとれたのに残念.

為替相場の介入もうちょっとがんばってほしい.G7ごときでやめるのはおかしい.為替に介入することの何が問題なのか?市場は本当に正しいのか?立派な金融政策の一つではないのか?

過去の戦績を更新.


2003/9/19

アメリカではマンハッタンを歩く機会があった.マンハッタンはさすがに人種の坩堝だけあって,様々な人が住んでいる.白人,黒人,ヒスパニック系や中国人,日本人.お金持ちから貧乏人までありとあらゆる人々に出会える.これまで海外には何度も行っているが,マンハッタンでの2泊3日の滞在では,これまで以上に外国にいるという実感を持った.

以下は極端すぎるかもしれないが,率直な印象.

まず,ゲルマン系の白人は概して優秀で,高い給料を得て働いている.比較的高いポジションにも就きやすいようだ.アメリカの朝は早く,7時すぎから道は込み始める.彼らが働き始めるのだろう.日本人よりよく働く人たちがかなり多い.

彼らお金持ちは,ヒスパニック系などのお手伝いさんを雇う.日本人よりも極めて安い賃金で働く人々は多い.そのかわり知力もやる気も低い.例えば道路の料金所などもヒスパニック系が多い.お金を渡して,お釣りと領収書をもらうだけなのに,どこまで手間取るのかというぐらい時間がかかる.日本ではお手伝いさんを雇おうと思っても非常に高い賃金が必要だが,それは彼らのような存在がないためである.日本が海外からの移住に強い制限をかけ,日本人の雇用を守ること自体はよいことと思うが,逆にこのような簡単な仕事にも高い賃金が必要というデメリットもある.

小泉首相が採っている政策は,日本人の中でも貧富の差を大きくする方向に向いているものが多い.それは,アメリカで白人以外の人がやっている仕事をする日本人が増えるということである.そのあたりのことを国民はわかって支持しているのだろうか?

それから,人種の坩堝という言葉があるが,それは現実を言い当てているようでいて,実はそうでもない.それぞれの人種は仕事が違うように,別々にコミュニティーをもっている.特に黒人や中国人は固まって住んでいる場合が多い.それぞれの人種の間には日本人が想像している以上に隔たりがあった.

ということで,いつもの海外旅行から帰ってくるときと同じように,やはり日本はよい.という結論に達した.日本人の文化・気質は大切にしたいものである.


2003/9/13

先週1週間,アメリカに行ってきた.そのため株のポジションをほとんど0に落としており,残念ながら9月前半の相場に乗ることができなかった.残念.


2003/8/29

株式市場は煮詰まっている.来週以降,上下どちらかはわからないが大きく動きそう.鉄鋼株,材料株を見る限り,上昇相場は一旦幕引きとなりそうだが,銀行株や弱電,為替相場を見ると,まだ先がありそうにも見える.


2003/8/28

改憲が日本の軍国主義を復活させるというイメージを持っている人がいるが,歴史をしっかりと認識している人ならば,実質はまったくその逆であるということがわかるはずである.昭和初期の軍国主義は政界,経済界,軍のすべてが一致賛同して推進したというイメージを持っている人が多いが,当初は日本の政治全体が侵略という悪意を持って推し進めたものではない.大日本帝国憲法が三権分立を謳う先進的で民主的な内容であったにもかかわらず,軍の統帥権の所在に関する欠陥とも言うべき記述が参謀本部の暴走を生み,拡大解釈を繰り返して,結果として日本全体を不幸に巻き込んだものである.これは現在の自衛隊の立場のあいまいさに通ずるものがあり,現在のままでの中途半端な記述では,イラク特措法のような拡大解釈を招き,それに歯止めが利かなくなる恐れがある.すでに,自衛隊に関する法律の制定のどこまでがOKでどこからがダメなのかが誰にもわからなくなっている.つまり現在は非常に危険な状態にあるのは間違いなく,憲法によるシビリアンコントロールが可能な状態にするには,憲法の改正が必要不可欠であることがわかる.


2003/8/26

昨日の補足.自衛隊が日本という国を運営していく上で必要不可欠なことは当たり前で,憲法に明記されるのも当然である.問題は,自衛隊の保有を憲法に明記するか否かに議論の焦点を当てるのではなく,自衛隊がその機能を十分に発揮でき,かつ,暴走しないような枠組みをしっかりと議論して欲しいということ.


2003/8/25

憲法改正の話がでている.自衛隊の保有の明記と,集団的自衛権の行使が認められる内容になるとのことで,喜ばしいことであるが,どこまで国民が納得するかが見もの.憲法改正の可否ではなく,新憲法の内容そのものの是非に重点的な議論がなされることを期待する.


2003/8/21

本日,資金を株式に投下した.遅い出動となってしまったが,ロスカット厳守でいけば比較的安全な位置であると考えている.一方,為替の方は円高が進んでいる.ユーロ安のトレンドは方向が確定した印象.


2003/8/20

小泉首相はイラクの国連事務所へのテロにお怒りのパフォーマンスをしているが,内心喜んでいるはずだ.日本としては,何だかんだと理由をつけて,イラクへの派兵をどんどん延期したいところである.アラブ地域での殺し合いに巻き込まれるのはできる限り回避したほうがよい.

アメリカだって,本気で北朝鮮ごときに自分の血を流そうとは思っていないのではないか?


2003/8/19

久々の大出来高になりました.今日が高値となってWトップになるようにも見えるし,このまま上に行きそうにも見える.あせらずに対処したい.


2003/8/18

日経平均10000円回復.持ち合い解消売りに関わるTOPIX先物売りなどが先日まで出ていたようだが,それを吹き飛ばす勢いの上げとなっている.売買代金としてはいまいち盛り上がりに欠けるようだが,Wトップになるのかどうか!?!それとも突き抜けるのか???


2003/8/16

世界の軍事費ランキング   1位 アメリカ 3000億ドル  2位 ロシア 600億ドル  3位 日本 450億ドル

国民の99%は実感が無いと思うが,日本は立派な軍事大国である.なぜこれだけの予算が必要なのか.想定すべき危機としてどういったものがあるのか.さらにそのような危機が実際に発生したときにどのように対処しなければならないのか.そういったことを一生に一回ぐらい学校で学ぶ機会があってもいいのではないだろうか.


2003/8/15

終戦記念日

戦争は悲惨です.平和が一番.でも,いくら平和を祈っても,その想いは北朝鮮のあのお方に届かないですね.祈るだけではだめなんですよね.

6カ国協議での北の要求は不可侵.なぜそんな要求が来るかというと米軍の軍事力の脅威があるから.結局軍事的脅威がないと,核開発を放棄してくれない国が存在するということ.いくら外交でプレッシャーを与えるといっても,そのプレッシャーの源は軍事力に頼らざるを得ない.反戦を叫ぶのも確かに重要で,そういう活動をやってると気持ちもいいのですが,それだけでは解決しないこともあるんですよね.


2003/8/11

チャート的に下向きの銘柄が多くなった.しばらくは反発の日柄に入っているが,どこまで戻るか.7月に大出来高を伴ってピークを出したものが多いだけに苦しいか.


2003/8/10

最近買った本.

クラウゼヴィッツ「戦争論レクラム版」,エーラース「ロケット工学投資法」,司馬遼太郎「この国のかたち1〜6」,落合信彦「ケネディからの伝言」.


2003/8/2

アメリカの軍事関連を主とした積極財政による景気対策と日本の公共事業への投資は基本は同じと書いたが,前者はオイルマネーを中心とした長期的な国家戦略がその背景に含まれているのに対し,日本のものはほとんど無戦略に近くばらまき型という点で大きく相違していることを忘れてはならない.


2003/8/1

アメリカの経済成長が2.4%に回復

2000年の株価のバブルの後,NASDAQ指数で高値から5分の1,S&P500で半値になっているが,ここのところのアフガン戦費,イラク戦費が経済成長を維持させているのだろう.国家財政はクリントン時代に比べて一気に悪化し,クリントンの遺産を食いつぶしている形だ.この路線は日本ではリチャード・クー氏らが主張している方法と基本は同じだが,果たしてうまくデフレを回避できるのか長期的な推移を見守っていく必要がある.うまくいくかどうかはまだわからないが,このような政策を実施できるのはクリントンによる小さな政府政策により財政が改善されているおかげであり,日本のようにすでに火だるまになった財政状況でやるような政策ではないだろう.


2003/7/31

03年の為替介入が過去最高 政府・日銀、7カ月で9兆円

為替介入以外にも,個人向け外債の販売が絶好調らしい.あわせれば膨大な量のドルを買っていることになるはずである.それにもかかわらず円安にならないということは,同じだけの量をドルから円に替えている,つまり資本の流入実需があるということを意味する.これで景気が悪くなるはずはないと思うのだが.


2003/7/29

高値からの半値戻しあるいは,前回高値との同値付近で押し戻されている銘柄が多い.様子見に限る.


2003/7/28

今日でまたキャッシュ100%にした.ちょっと売買代金が細っていることと銀行株が下落しているのが気になるが.このまま突き抜けそうにも思えます.無理をせず相場についていくだけ.


2003/7/27

戦争論3について追記

アメリカ的資本主義の導入のおかげで貧富の差が大きくなり,治安が悪化していることについて,共感を覚えた.前にも書いたように,日本がここまでの経済発展を遂げたのは,単にアメリカ的資本主義を受け入れたからではない.勤勉で高い知識を持った労働力が安価で大量に供給されるからこそ,アメリカを凌ぐ工業力を持つに至っているわけで,一部の資本家が偉かったからではない.頭のいい(商才のある)資本家が安い労働力を酷使して儲かるしくみを作るのがアメリカ的資本主義であるが,日本には底辺の労働者が創意工夫をするという仕組みがありそれがここまでの経済力を生み出す源泉になっていたはずである.

現在,累進課税を緩和し,消費税を上げるという税制改革案があるが,そのような弱肉強食の税制は日本には適合しない.社会的弱者には福祉を増強すると言っているが,本当に勤労意欲を増大させようというのであれば,まったく逆に底辺の労働者が助かるように消費税は割安にすべきであろう.何のための税制なのかきっちりと議論してもらいたいものだ.新しいビジネスを開拓していく人に対しては,別の形で税制の優遇があってよいと思う.


2003/7/26

戦争論3 小林よしのり著 を発売日に買って読んだ.

アメリカの帝国主義政策を徹底的に叩き,国内の安易なアメリカ依存論をポチ保守と呼んでいる.ここまでは,著者の意見に賛成で,将来的にはアメリカのみに頼っていくのは危険で日本が一つの国として自立していく必要はあるが,現実の政策として,アメリカの要請を無視することは現状では不可能であろう.自衛隊を巡る法律が不完全であることを代表として,政治のシステム,経済のシステム,軍事のシステム,外交のシステムが一つの国として自立できるようにはなっていない.倫理的にも,国際関係上もアメリカの暴走は大変危険な状況であるというのはわかるが,ただそれを悪だと言い張るだけでは物事は何も進展しない.もう少し,日本の中のどのシステムが悪くて,改善すべきなのかを含めて欲しかった.ただ,国際関係とはどういうことなのかという,学校では教えてくれないことを学ぶ本として,一回読んでみるのは悪くは無いと思う.

みずほFGは上伸したので,利益を確定した.


2003/7/24

民主党・自由党合併

自由党は創設当時から経済的感覚に優れた政策を提示してきたと思うが,民主党なんかに吸収されてしまってとても残念.小沢さん.あのとき社会党を切り捨てたのがすべての失敗の始まりでしたね.

祝みずほFGストップ高♪


2003/7/23

連休中に,健康食品でネットワークビジネスをしている人たちに会う機会があった.しかもネットワーク網の日本の頂点の方(年収数億!!)とそれに近い方のお話を直接お聞きする機会もあった.

ネットワークビジネスと聞くだけで最初は嫌悪感があったが,別のビジネスをやっていく上でも非常に参考になる話が聞けてよかった.さすがに,どんな商売でもきちんと稼ぐ人は,地道な努力をしていて,しっかりと勉強をされている(高学歴との意味ではない).角川文庫から独立して幻冬社を作った見城さんに関する話が非常に印象に残った.あれだけの人脈がある秘訣がわかった.

とはいえ,この食品のネットワークビジネスをする気にはなれなかった.この食品の場合,会社の売上のうち50%近くをディストリビュータに還元している.ということは,半額で売っても十分に元が取れるぐらいの安い商品を高値で販売しているということだ.できるだけ良い製品をできるだけ安く提供したいという世界に住んでいる自分にとっては,非常に抵抗感のある価格設定である.だた,商品自体は魅力的だった.安かったら欲しい...

株のほうは,高値から2週間なのでそろそろ打診をということで,みずほFG買った...が,この株だけあがらない.


2003/7/18

警視庁は18日、詐欺容疑で辻元清美前衆院議員を逮捕した。〔共同〕

この国は死人に鞭打つ国ですか?・・・もともと辻元さんは嫌いだったけど,ちょっとかわいそう.


2003/7/16

台湾の主張 李登輝著 を読んでいる.

この本を読んで改めて李登輝という人物のすごさを実感した.まだ半分しか読んでいないが,ここまでの感想.

台湾以外のアジアの他の新興国は1990年代に外国資本を導入し,短期的で急激な経済成長を目指した.台湾も現在のハイテク産業を主力とした活気のある経済力を見ると他の国と似たような印象をもちかねない.しかし,実際は,李登輝が採った農業の生産性向上政策から出発する,長期的展望に立った独自の方法である.しかも,彼の国家経済の運営法は,独善的な哲学から来たものではなくて,例えば,ライバル的な存在であるはずのマルクス経済学等の理論も熟知し,その優位性や問題点をきっちりと分析している.イデオロギーといったものにこだわらない,きわめて合理的な政策運営であったことがよくわかる.(一応私のページのいろんな論評も,同じように合理的な政策運営とは?ということを考えながら書いている.彼の分析力と比べれば幼稚だろうが...)

李登輝は台湾の民主化に伴い,自ら総統の地位を放棄したが,そういった理念は孫文の「天下は公のために」という思想に基づいている.(これは自分にはまねできそうにない...)

MIT教授レスター・サローの言葉「民主主義と資本主義では,力をどのように分配すべきかについて,考え方に極端な違いがある.民主主義の根幹は「一人一票」であり,政治的な力はまったく平等に分配されてしかるべきだと考えている.これに対して資本主義は,経済的な適者が敗者を市場から追い出し,経済的に死滅させるべきだと考えている.「適者生存」と購買力の不平等こそが,資本主義の効率の根幹になっている.」考えさせられる言葉だ.私は,小学校,中学校で民主主義は絶対的な善で,封建主義や帝国主義は悪,と教えられてきた.しかし,よく考えると,民主主義を実践した古代ギリシャのアテネはペルシャやローマに安全を脅かされつづけた.現にローマには敗北した.そのローマも発展期は民主的な政治システムであったが,次第に秩序を失い,結果的に皇帝の誕生で平和が回復された.民主主義は正解にきわめて近い答えだとは思うが,実際はどうなのだろうか?理想的な政治システムというのは存在するのだろうか?

日本の世襲制の問題.国会議員にはきわめて2世,3世議員が多い.これも民主主義の問題点と言って良いと思う.やはり日本人は血統を考えることが大好きなようである.これは文化であり,ヨーロッパで生まれた民主主義という概念をそのまま日本に持ってきても結局こうなってしまう.イラクに民主主義を持っていってもフセインのような人物がでてくるし,中国に民主主義を持ってきても結局専制社会とあまりかわらない状態を生んでいる...


2003/7/14

今年前半までのユーロ高の反動で,対円,対ドルともに安くなってきている.しばらく調整した後,あたらしいトレンドが生まれると思うのでうまくのっていきたい.

今回は丁度,イギリスがユーロ圏加入を延期(?)し,トレンドがストップした大きな原因となったが,世界の資金は今後どちらに向いていくのか?日本も大きな候補だと思うが・・・


2003/7/12

目先筋の投げが出たのか?ここまで育った相場だからそう簡単に崩れるとは思えない.あとは個別株に資金が回り,循環していくかどうかだろう.出遅れの商社,電力あたりが狙い目か?いずれにせよ決め打ちせず,メリハリをつけながら臨機応変に対処したい.

自民党総裁選がにぎやかになってきた.

ここまで盛り上がるのも珍しい.長期的に見て,小泉勢力と旧勢力のどちらが将来の日本のためになる政治をしようとしているかは,誰の目にも明らかなはず.ヒトラーの名前を出している政治家もいるが,それぐらい強大な権力を握らないと,今の日本を改革することはできないだろう.ただ心配なのは,日本の歴史を見ていくと,そのような突出した権力をもち,社会構造を劇的に変化させようとした人間は,結果的に殺されている人が多い.その構造変革が社会の流れの必然であろうとだ.現代の日本で殺されることはないだろうが,小泉首相はそれぐら思い切った勝負に出ている.今まで黙ってきた旧勢力の粘りを過小評価していそうで怖い.最終的には今の自民党の枠組みを超えて,小泉首相の政策に賛同する勢力を結集し,大きな党が結成されることを期待したい.


2003/7/10

昨日の後場の強さはなんだったんだという感がありますが,大手電機を中心にチャートが悪くなっている銘柄が増えてきました.

今日も日計りを1つやっただけで,ノーポジション維持です.小型株を選んで売買すればまだチャンスがあるかも.


2003/7/9

ポジション再び無し.

チャートの形が悪くてもどんどん伸びていきます.どこまで行くんでしょうか???先物は10000円より上で引けましたが,まだ完全に抜けたわけではないので注意が必要です.SQまでは今のレベルを維持するのかな?

ここから勝負するのはさすがに怖いので日計りでちょろちょろやっています.ただ,その日計りもかなり難しい曲面で,あまり欲を出さないようにしたいところです.例えば本日のソフトバンクはジェットコースターのように上下に激しく揺さぶられており,さすがにこんな動きにはついていけません.そう簡単に終わってしまう銘柄ではないはずですが.


2003/7/8

日経平均10000円達成.こういった大きな基準値はそう簡単には突き抜けず,一度節目を形成するのが普通だが.


2003/7/6 追記

ホールド株は,金曜日に買った丸紅2枚@140のみ.今週はSQの週だがもう一波乱あるのかどうか?


2003/7/6

最後の将軍-徳川慶喜- 司馬遼太郎著 を読んでいる.

尊王攘夷という朱子学の教えに凝り固まった志士や世界の情勢を全く理解していない公家衆,攘夷を政治の道具として利用する薩長.これらに対して機智の限りを尽くして対抗し,徳川家を守ろうとする慶喜,という構図は誰もが知っている話.しかし,改めてこの本を読んで,当時の宗教・教育の影響の大きさを考えさせられた.朱子学という宗教に洗脳された日本人は攘夷一辺倒となり多くの過激派を生んだ.そもそも朱子学は幕府が積極的に広めたものであるのに,反って幕府の寿命を縮める一因となった.

現在の人間が合理的に考えれば,開国は誰もが納得する答であるはずなのに,外国人が日本に入ってくると,神国が穢れるという発想しかできないのが当時の人々だった.

しかし現代に住む我々もこれには笑えない.戦後の極端な教育で,平和が当たり前だと思っている人が多い.日本が60年近く平和だったのは平和憲法があるから,という夢のようなことを平気で言う政治家もいる.そんなわけは無い.合理的に考えて,平和が続いたのは,自衛隊と安保が抑止力として働いていたからである.憲法第9条が世界的に広まって誰もが武器を捨てるというのは,確かに理想的ではあるが,それは一種の宗教であり,現実の政策として国会の場で議論するようなものではない.憲法第9条を採りいれてくれる国なんてものは一国もない.そういう合理的な考え方をもう少しきっちりと教育すべきではないだろうか?歴史という貴重な材料がちゃんとあるんだから.


2003/7/4

イラク特措法が衆院通過.

賛否を問われると,日本を取り巻く現在の状況を鑑みて,賛成せざるをえない状況にあると答えるしかない.イラク戦争で日本はアメリカを支持すると決めた.アメリカの帝国主義に従っていくことを決めた以上,その路線で外交的・経済的な戦略を練っていかなければならない.将来的にこの方針を変換するときがくるとは思うが,まだ時期尚早だろう.

とはいえ,野党の誰かが言うように,憲法の条文を素直に読むと,この法案は明らかに憲法違反である.そもそも,自衛隊の存在自体も憲法違反だ.それはそうだと思う.日本語が読める人であれば,誰が読んでもそう思うだろう.

だからといって,自衛隊を捨ててしまうことはあまりに極論すぎ,国際関係の常識を逸脱する考えである.自衛隊は,国の防衛,災害の復興に重大な役割を担うべきであり,その存在価値はもっと積極的に認めるべきであろう.自衛隊は必要である.

長々と書いたが,何が問題かというと,今回の法案のように,このまま憲法の拡大解釈をなしくづしに続けていくと,戦前の日本の同じ道をたどる危険があるということである.日本人はそもそも法律を守るのは得意ではなく,拡大解釈が大好きな民族であり,戦前の陸軍が政府の言うことを聞かなくなったのもその影響がある.それを考えると,現状は大変危険な状態だと思う.

このように考えていくと,結局,憲法改正をしなければどうしようもないということにたどり着く.憲法に自衛隊の役割と制限を明確に記述し,拡大解釈の必要性を封印することだ.現在の第9条は,理念はすばらしいが現実的ではない.むしろ,このような呪縛的な憲法があるからこそ,アメリカの傘下という状況から抜け出せないという面もある.自分たちの国は自分たちで守る,というのは国際的には常識の考え方だろう.

イラクや北朝鮮の情勢を見て,平和ボケの日本もそろそろこの国際社会の常識に気づくべきではないかな.


2003/7/3

今週前半の高騰の場面で出張が重なってしまいチャンスをかなり逸した部分があるが,今日の寄りでほとんどすべての玉を処分し,益金はそれなりの額になった.株価の上昇がニュースで報道され,さらに国内の出遅れ金融機関が一斉に買いに来たようなので,しばらくは調整が続くかもしれない.

そんな中,トヨタが後場になっても強そうだったので買おうかどうか散々迷った.

タネだけでも仕込んでおけばよかったかも.


2003/6/29

昨日はあまりに生意気なことを書いてしまった.反省して削除.

近頃,消費税を上げて,累進課税を緩和しようという計画を政府がちらつかせているが,思ったより反発が少ないのが驚きだ.私は小泉首相の政策には賛成する項目が多いが,この計画は疑問に思っている.

累進課税を緩和することが経済を活性化させる手立てであるかのような説明を良く聞くが,基本的に日本は,低賃金の労働者・技術者が高いスキルを持っていることで,高品質なモノづくりを実現し,発展してきた国である.欧米では消費税が高いのが当たり前だからという,わけのわからない道理で導入し,一部の高収入の人を優遇するのは,そういう日本の発展の歴史に逆流しようとしているとしか思えない.

今の消費税増税の議論を進めていくと,努力しても大して儲からないモノづくりをやろうという人はどんどん減っていくだろう.そうなってしまっては,日本は生きていく術を無くしてしまうのではないだろうか.

何もかも欧米の真似をするのはいいかげんやめて,日本型モノづくりの屋台骨を支える労働者・技術者を育て,優遇するような,日本ならではの税制を真剣に考えてほしい.


2003/6/27

株主総会が終わって,配当金が続々送られてきています.

今年は10%しか配当課税されないんですなぁ.ありがたや〜.

東証は今日も絶好調.みんな配当をつぎ込んでるのかも.

 

ここのところドル高が進んでますが,欧州にシフトしていた資金がアメリカに戻ってきているのか?

まだNY市場も上値があると見てもよいのかな.


2003/6/23

1年以上ほったらかしでしたが,今日から再開.

過去の成績を更新.

最近成績が安定しているけど,大もうけはない.

ここのところ年末から年初に買って,春頃に売るというパターンで儲けをだしているが,

そろそろバブルの大底の最終局面のような気がしており,節抜けなどの売買手法を考案したいところ.


過去の戦績


Since 1997.10.1

このページは平安素材「綺陽堂」の壁紙を使って作成しています.

izui@ybb.ne.jp