mystyle Diary




天王洲

at 2001 11/18 02:19 編集

壁紙は天王洲です。
しばしばドラマの舞台になるあたりで一日ぶらぶらしていたら
あっという間に暗くなってしまいました。
天王洲のタリーズ、落ち着くので長いしがち。
休日に川端で書物など読むのもいとおかしです。

京都の総括に

at 2001 11/12 18:49 編集

最後に訪れたのは本能寺。
京都市役所の前にあるお寺。
そう、織田信長公が明智光秀に襲われ、濃姫と森欄丸と戦って散ったところ。
きらびやかな本尊の前でしばしお祈り。
もちろん依存的にお祈りしたわけではなく、見守ってください!ですよ。

平安神宮の朱

at 2001 11/12 18:46 編集

前からこの不自然な朱色はなぜに形をとどめているのだろう?と
存在に疑問を感じていたが、青い空、白い雲、熱いカップル、喜ぶおばシャン、とそろえば
頼りがいのあるいかつい門が素敵に見えてくる。






定番の底力

at 2001 11/12 18:37 編集

京都といえば金閣寺。
今回のたびではないけれど、特選の一枚。
三島由紀夫を読んでから見ると想いも違います。






もの想いする場所

at 2001 11/12 18:30 編集

白川沿いの哲学の道の延長上に「考える場所」と名づけたくなる場所発見。
ちょっと角度をつけて知恵を絞ってパシッ






京都の代官山ストリート

at 2001 11/12 13:18 編集

と勝手に名づけました、北山。
暗くなったころに行くとちょうど良い感じでライトアップされて、素敵。
旧山手通りの感覚で北山通りを北大路の方向に歩いていくと、FOB.CORPなど
見慣れたファッションビルが点在。
通り沿いの陶版名画の庭はイチオシです。
ライトアップをパチリ。








紅葉の庭園

at 2001 11/12 13:12 編集

渉成園。東本願寺の別庭。
前からすごく好きな庭で、今時分の紅葉はさぞきれいだろう、と期待して行ってみました。
雰囲気の一端をおすそ分け。






先斗町

at 2001 11/12 13:02 編集

京都広しと言えど乙でうまいといえば知りうる限りでは先斗町。
前回は京風中華料理なるものを川床でいただき、舌鼓を打ったが、
今回は京風フランス料理に挑戦した。
前菜3品が飛び切りおいしい。
湯葉。かきのグラタン。鯛のマリネ。
ここまでは抜群だった。
残念ながらお酒がおいしくなかったので「渋谷で5000円」レベルだったが、
お酒とメインがもう少し盛り上がれば西麻布で勝負できるお店でした。
先斗町の風情、東京で味わえるところないでしょうか。







Times.

at 2001 11/12 13:03 編集

三条通りから高瀬川沿いに少し入ったところにあるTimesビル。
建築家で東大教授の安藤忠雄氏がデザインした商業ビルです。
今回の京都訪問の目的のひとつがこの建物のvisit.
高瀬川越しにコンクリートの打ちっぱなしの外観にファッションテナントと
カフェが入っている姿は優雅。先生は川を建築の一部に取り込みたかったと
著作でおっしゃっていましたが、私は川とアートを写真に撮りこみたかった。







ちなみに安藤忠雄氏の存在を知ったのは卒業の2年後くらい・・。
もっと早く知っていれば他学部聴講してむりやりお知り合いになったのに。



写真満載のホームページ

at 2001 11/12 03:17 編集

はじめまして。
FinePix50iで気になった瞬間をおさめた写真満載のホームページを
作っていきたいと思います。よかったら一言ください。