平和の盾とは?


簡潔ショート
ナビゲイト
(疑問があればそれぞれの項目に飛べます)



なぜ平和の盾?

武力を放棄して、国連に託し、
敵味方のない公正で純粋な防御力だけの軍隊をつくります。(




なぜ武力を放棄しなければならないの?

国家の軍隊は、国家のために働く私的なもので、
他国にとって危険な存在だからです(




 

どうやって武力放棄?

軍隊そのものは廃絶せず、国家から切り離し
一般意思の指揮下に置きます。(




一般意思って?

現在では国連よりほかに
実現する場所はありません。(→)




なぜ軍隊を廃絶しないの?

軍隊を個別に廃止することは平和のために自らを危険にさらす、
いわば背水の陣のようなもの。
そのリスクは最後の軍隊が廃絶されるまでずっと続きます。
また軍隊を各国が同時に廃絶することは事実上不可能です。(→)
軍隊の個別廃絶は軍事的な不安定度を増加させます。




憲法9条との整合性は?

9条に違反するものではなく、9条と現実の間に存在する様々な矛盾までも解決します。
むしろ九条の精神を最大限にいかします。



非暴力ではないの?

人間は皆が聖人君子ではありません。
攻撃はしませんが、防衛の準備はしなければいけません。(→)





国連に預けて大丈夫?

現在の国連には預けられません。
改革が同時に必要です。(→)




武力を預けて損はないの?

社会契約上、有益で、
少なくとも日本には得こそあれ損はありません。(




なぜ専守防衛に甘んじるのか?

武力での紛争解決は多大な危険を伴います。
また小国には武力行使するが、大国にはできないという不平等も生まれます。
非人道的な問題の解決は、話し合いによる持久戦に持ち込みます。

また国連が民主主義的になってもある種の意図は排除できません。
専守防衛であればこそ国際政治の「恣意」に振り回されることがないのです。



以上ショートナビゲイト終わり

本編に進む




Top

平和の盾
とは?
ショート
ナビゲイト
本編

BBS

リンク

-----------------------------511251959245796 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename=""