3回住民説明会 議事録

1111日 19:0019:40

代々木公民館4

東誠不動産/稲塚、高柳、松井建設/(渉外)鈴木、尾内、(建築)山北、(営業)野村

住民/新井(夫妻)、井上(妻)、朝妻(勝)、朝妻(盛)、国包、高橋、平田区議、真鍋(夫妻)(10名)

事業計画、補償、工事説明の順番で説明し、その後 質疑としたい。

→今日 工事説明をすることは、条例違反(5日前の告示)であり、ダメ。

話し合いが付かなければ、補償で補うといっているのであれば、次のステップは当然、戸別説明(補償について)ではないか。

工事説明はその後、呼んでいない住民もいるので今日は工事説明会とはしない様に。

  1. 工事説明会について
  2. 斡旋中なのに工事説明会を行ったのは条例違反ではないか。

    条例にて説明会の5日前までに告示するように規定しているが、条例違反ではないか。

    条例の遵守義務についてはどう考えているのか?

    1回目の説明会で守っている。既に継続の話し合いの中なので、問題ない。(東誠)

    →今までの継続している話し合いで決まっていたのは今日の日程のみ。119日の工事説明会は、実質2日前の近隣住民全体への一方的な通知であり、この場合は、5日前までに告知しなければ、条例違反。

    また、北側住民と事業計画自体について継続して話をしている中で、工事説明会を行ったことも住民感情を逆撫でする行為であり、条例の「誠意をもって対応するように」という趣旨に反しており、条例違反。

    →話し合いが付かなくても、条例違反でも、進めていく。待てない。

    今後、説明会の案内を近隣全体に告示して開催するのであれば、必ず条例通り、5日前の告示を守ること。

    →了解。(東誠不動産)

    2.8階の妥当性

    周辺の町並みは5階であるのに8階というのは 町並みな合わない。

    町並みとの調和についていかがお考えか?

    8階建は町並みにあっていると考えている。(東誠不動産)

  3. 日影図
  4. 北側日影が2.5時間をオーバーしているのではないかという疑念を抱いており、

    既にこの点については第3回斡旋において指摘しておりますが、この点は、結局 どうだったのか?

    →疑問があるのであれば、審査請求などの手続きを経てするように。(東誠不動産)

  5. これまでの変更案

これまで下記の様な変更案の提示があったが、これについては約束頂いたと了解してよいか?

北側バルコニーを一部取り止め、居室に変更

北側バルコニー(3階部分)の形状変更

パラペットし曽変/P>

自転車置場の位置及び形状変更

→いままで約束したことは実施する。(東誠不動産)

  1. スケジュール
  2. 116日 夜間に配布された案内書によれば、着工時期は1120日とあるが、工事説明、家屋調査等を考えるととても無理ではないか。

    →目下、11月末着工を考えている。

  3. 電波障害対策
  4. 共調アンテナにて対応とのことだが、この辺は電波の状態が良くない。

    CATVで対応して欲しい。

    →現状の写りの良し悪しは関係ない。8階建て建物の上にアンテナを建てるのであれば、これまでより悪くなることはないので、あくまでも共調アンテナで対応する。い。

  5. 北側のバルコニー、窓について

3回目の斡旋において区の山口氏からも、今日の説明会に対しては、東誠不動産としても改善できることは改善して説明会に臨むようにとの指導があったが、何か改善点はあるのか?

→一切ない。

北側は全て透明ガラスであり、目隠しも全く設置しないと説明してきたが、やはりそうするつもりか?

→トイレ、風呂などの窓は型ガラスを設置する。

10.通風について

隣地いっぱいに計画されていますが、これによって通風が悪くなると思われます。この影響についてはいかがお考えか?

→全くない。(東誠不動産)

言い切っていいのか?

→言い切れる。

11.プライバシーについて

プライバシーに配慮するようにと条例にもあるが、貴社の計画はどの点でプライバシーに配慮しているのか。

→配慮していない。(東誠不動産)ごこと、 誠実:まじめで真心があること。) 

13.補償費について

補償費については、以前から戸別に対応すると言っていたが、一般的にどのように考えているのか?

→日影時間3時間を受忍限度と考えている。それを超える時間に対し、1時間あたり3万円を補償費として考えている。

今回も全く改善がみられないので、今後の対応に付き、役所と相談の上、連絡する。(住民)

平田区議:今日はビックリした。企業の方ばかり向いている典型的な例だ。作ってさよならというやり方では、これからはダメ。そういう企業は淘汰される。周辺住民、これから住むことになるお客を第一に考えなくてはダメ。

以上