勧誘禁止ネットワークビジネス!!

   ネットワークビジネスに失敗したかたのネットワークビジネス

◆ネットワークビジネスを選ぶ◆

いろいろなネットワークビジネスがある中であなたはきっとどれを選ぶか判断に困っているでしょう。ネットワークビジネスとはその名通りネットワークを使って商品を流通させるしくみです。注意すべき点を下記に列記したのでご確認ください。                           

ネットワークビジネスを選ぶ際に注意していただきたいのは

@自分の生活スタイルに会っているか?(時間的な束縛や資金面)               

Aネットワークビジネスのシステムを学べるか?(選択したビジネスがだめでも、他で成功する可能性があります)          

B誇大表示がないか?(モチベーションが高く勢いだけで成り立っている可能性が高い)            

 

ネットワークビジネスはあなたが思っているよりも危険で、注意が必要なビジネスですが、もちろん良い側面も持っています。これからお話しする事の多くは下記条件にあてはまる方にはまったく無意味で、非常識に思われるため、退室してください。                                   

@現在ネットワークビジネスを活動中でうまくいっている

Aネットワークビジネス否定論者

Bお金儲けに気が引ける

C在庫やノルマがないと燃えない

D今までのネットワークビジネスが正しいと思っている  

E本業を超えるような収入がすぐにでもほしい         

恥ずかしながら、私も過去にネットワークビジネスで失敗した経験者です。少しでも多くのかたが同じ過ちを起こさないように掲載しました。皆さんの参考にしてください。

◆私自身の失敗談◆

4年〜5年前の夏ごろの話になりますが、夜友達と居酒屋で飲んでいると高校時代の旧友(A君)にたまたま会いました。久しぶりに会ったので、一緒に飲むことになり昔話で盛り上がっていました。そんな時A君がある話を持ち出してきました。                                   

A君:「実は今本業以外にサイドビジネスをしているんだけど、このエリアで3人だけ募集しているだよね」

私:「なになにどんなことするの?」(当時私の収入は300万円程度)             

A君:「今は詳しくは話せないから○月×日にここでセミナーみたいなものやるから来る?」       

私:「何で話せないの?やばいこと?」                           

A君:「そういう意味じゃなくて気軽には話せないってことだよ」             

私:「ふーん」                                                   

その当時ネットワークビジネスなんて言葉をしらずに、セミナーへ恐る恐る行ってみました。会場は定員200名ほどで熱気がムンムンしていて満員でした。私は友人と出席し講師?の話す一挙手一投足に集中しました。

 

「われわれのしていることはネットワークビジネスであってねずみ講ではな〜い!!」

 

「ベンツ、ビーエムがほしいか〜!!」

 

「私は先月200万円稼いだ!!」

と誇らしげに

預金通帳を見せていました。覚えているのはこのぐらいで他のことは全然理解できませんでした。セミナーが終わるとA君がアップラインのかたを連れてきて私を紹介してくれました。そこで会ったアップラインはたまたま?私が通っていた高校のひとつ上の先輩でBさんといって私の記憶ではとても誠実な人でした。

Bさん:「ネットワークビジネスってすごいだろ!」                      

私:「ええ!3人募集しているって聞きました!まだ入れますか?」             

Bさん:「どうかな?聞いてみないと解らないけど、君だったら本部のほうへ強く勧めるから大丈夫」

私:「良かった!ところで何をすればいいのでしょうか?」                 

Bさん:「最初はこのパンフレットから商品を35万円以上買うことからはじめるんだよ」       

私:「えっ!ずいぶん高いんですね!」「そんなお金持っていませんよ!」         

Bさん:「大丈夫だよローンがあるから・・・」                         

こんなやり取りが続いている時に後ろから肩をたたかれ振り向くと同級生の親友(C君)がいて私の横に座ってBさんと一緒に説明し始めました。

Cくん:「みんな最初は金額にびっくりするけど、すぐもとが取れるから心配ないよ」 

私:「C君前からやってるの?」                             

C君:「3週間前からだけどもうダウンが20名ぐらいになったから収入も半端じゃないぜぇ」   

私:「どのくらい?」                                    

C君:「最初は15万ぐらいだったけど、毎週振り込まれる額が増えるからこの前は倍以上入ったよ」

私:「へ〜ぇ!!」                                           

私がすぐに印鑑ををついてしまったのは言うまでもありません。

今考えると全て事前に打合せされ、まな板の鯉になっていたのだと思いますがそのときの私はすっかり洗脳されていて不安だったけどBさんとC君がいてくれれば安心だと勝手に思っていました。それからは高額のローンを組んだ勢いからか卒業アルバムをひっくり返し

「よくわからないけどすごいサイドビジネスがあるんだよ!!」

「楽して儲かるネットワークビジネスって知ってる?未来の商売なんだけど!」

と話した事もない同級生に片っぱしから声をかけていきました。しかし現実は厳しく、しまいには家族までセミナーへ連れて行き反対され、徐々にモチベーションも下がり自然と足も遠のき、使いもしない商品のローンだけが残り苦い記憶となりました。いや、残ったのは支払だけでなく、声をかけた友人に対しても気まずく数年間は白い目で見られ、私の言うことが信頼されないという計り知れない負債を負った気がしてみじめでした。

 

◆複数の収入源◆

こんなネットワークビジネスなんてもう絶対信用しないぞ!!と心に決めていました。数年たった現在もネットワークビジネスに対して色眼鏡で見てしまっている自分がいますが、ある一冊の本(金持ち父さんシリーズ)を手にし読み終えた私は、将来のために収入の流れを複数持っておこうと奮起しインターネットで情報収集してきました。膨大な量の情報からひとつだけ正直にやってそうだなと思っているものを見つけ冊子を請求すると

そのビジネスは

友人知人を勧誘しない

在庫を持たない

嫌がる人を誘わない

気の会わない人とビジネスしない

ノルマがない

セミナー等の勧誘がない

入会金がない、

時間が束縛されない、

自宅で起業できる

商品に納得できる

なぜこれに目がとまったかと言いますと、本業が営業マンの私は正直ネットワークビジネスのシステムやネットワークビジネスによる収入よりも営業として役に立ちそうだなというのが本音でした。

「これは本業にも使えて、あわよくば収入の流れができる」

「失敗してもお金はかからないし、営業としてのスキルをアップできる」と考えたのです。

普通のネットワークビジネスではまったくの逆戦法を取っているわけですから、これはまさに非常識なネットワークビジネスという事になります。

そこで私が推奨するネットワークビジネスは

「楽して儲けたいかた」

「お金をかけたくないかた」

「真剣にネットワークビジネスに取り組みたいかた」

「複数の収入源をもちたいかた」

サイドビジネスの成功秘訣は一生懸命にやらないこと

聞き間違いではありません。大事なのでもう一度言います。

一生懸命やると失敗します!!

 

◆最後に◆

ここまで見ていただいて有難うございます。これから先はご自身で判断してください。

今の自分に満足し、このまま暮らしていくのもよし。

新しいを情報収集し、収入の道を切り開くのもよし。

ただ、私の推奨するネットワークビジネスがあなたにとってダメであっても、あなたはなにか失いますか?

もしあなたの希望通りのビジネスであったら、計り知れない損失があります。

ましてや、お問い合わせいただいたかたに、しつこいメールで勧誘したり、電話したりする事は一切ありませんし、そんな暇もありません。私のページを見ていただいて、なおかつ、この先のNEXTに進んでいただき、さらに問い合わせしてきたかたのみ対応させていただいております。

共感できないかたにはご理解いただけないと思います。

どうぞ他のネットワークビジネスでがんばって下さい。

幸運を祈ります

 

NEXT

 

注意!私は既に本業で成功し複数の収入を得ているため、限られた時間しかありません。情報収集にお急ぎのかたや、真剣でないかたにはあまりお勧めしません。私も提供するサポートや情報に責任があるので、ご容赦くださいますようお願いします。