(株)知的財産総合研究所


あなたは人目の訪問者です。


あなたは、何か財産をお持ちですか?お金がないからそのような
物は何もありません!と言われる方がほとんどだと思われます。
中には、土地や株券やゴルフの会員権などを保有なされてる方が
いるかと思いますが土地があれば固定資産税など取られ相続すれ
ばまた税金が取られますし株券や会員権など会社が倒産した場合
誰が保証しますか?誰も保証してくれません!そのような物が本
当の財産だとみなさん思いますか?そう考えると何の魅力もあり
ませんですよね!そこでこのページをご覧下さった幸運な方に身
近で本当の財産になる物をご紹介いたします。それは最近よく耳
にする、知的所有権です。知的所有権とは特許、意匠、商標、実
用新案と著作権などを総合して知的所有権と言います。実際にど
のようにすれば財産になってお金が入ってくるのか少しだけ紹介
します。誰でもちょっとしたアイディアや作品など一度くらいは
作ったり考えたりしたことがあるはずです、それが知的財産なの
です。つまりその考えや作品を日本国に登録することによりその
個人の所有物として価値つくのです。中には○○学会などと言う
組織が郵便局の消印があれば登録したことになるなどとウソの説
明をしたり○○管理士などと何の法的根拠や国家資格でもないい
いかげんな説明で自分の学会や協会に登録すれば高いお金を払っ
て登録しなくても良いなどと何も知らない人たちにデタラメを教
える組織もありますから十分気をつけて下さい。それは弁理士会
で配布しているパンフレットにも書いてありますので信じられな
い方は、弁理士会に問い合わせて見て下さい。話がそれましたが
たとえば自分の店の名前など他人にまねされたりしたらとても大
変だと思いませんか?そのことで逆に他人から勝手に人の店の名
前使うななどと言われたらとても困りますよね。それだけならと
もかく損害賠償を払えなどと請求がきたり裁判になったりしたら
大変なことになるので自分のアイディアや店の名前などは、特許
庁や文化庁に登録する事により著作権なら死後50年、商標登録
なら10年更新でいつまでも使え固定資産税や相続税など一切か
かりません。

興味を持たれた方は、お気軽にメールをお送り下さい。


Copyright (C) INTELLECTUAL PROPERTY EXCHANGE 2000