welcome to my homepage  

外交問題について考える東葛在住の若者の会のページ

 近年、一般の人々の間で、外交問題について普通に会話がなされるようになったのは、日本を取り巻く国際的な環境が大きく変わったからと考えている人はいませんか?
 それは、決して正しい認識ではありません。国際的に問題とされてきた事件・事柄は、いつの時代も私たちの生活を変えてきました。つまり、昔から日本を取り巻く国際情勢は常に変化し続けており、変わらなかったのは、私たち、日本人の頭の中だけでありました。第二次世界大戦は、わが国を滅亡の危機に追いやり、朝鮮戦争は、戦争特需をもたらし、戦後で荒廃した経済を回復させました。また、石油危機は、石油に依存してきたわが国の経済を狂乱物価といわれるインフレをもたらしました。わが国経済の帰趨を決するのは、全て外交問題に端を発するものでありました。
すなわち、外交こそ、わが国でもっとも重視しなければならない国政問題であるにも関わらず、政界ではもっとも重視されてこなかったのが、外交であります。
 近年、多くの邦人も犠牲になった9・11の無差別テロや、北朝鮮による日本人拉致問題などにより、「普通の人達が被害にあうのだ、明日はわが身」ということが分かって政府の重要政策の一つであると認識されるようになってきました。  このサイトは、熱しやすく冷めやすい日本人への警鐘を鳴らす意味を込めて、常に外交問題についてみんなで考えていくことを主眼において作成しました。 なお、このサイトだけで活動するのではなく、国際経験が豊富な方をお招きして勉強会を開催することも考えています。



icon 氏名/ニックネーム
 
icon 職業/会社名/学校名
会社員 
icon 役職/学年
 
icon 誕生日
 
icon 性別
男性 
icon 出身地/出身校
千葉県松戸市 
icon 住まい
千葉県松戸市 
icon 趣味
 
icon 特技
 
icon 好きなもの、嫌いなもの
 

ゲストブックを読む ゲストブックに書く 日記帳 ランキング


mail
メールお待ちしてます

お気に入りのサイト
icon 外交評論家の岡崎久彦のホームページ
icon 元外務省職員の岡本行夫のホームページ
icon 外交評論家の加瀬英明のホームページ
icon 国際戦略に関するリンク集がそろっています
icon アメリカにあるシンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)



2003年10月14日 23時10分32秒


geocities japan

メイン / コミュニティ / アベニュー / e-list / 街角広場
インフォメーションセンター / 検索 / ヘルプ / ガイドライン