ビジネスモデル特許


知っておきたい法律

ビジネスモデル特許とは、一定の条件下でビジネスの手法、プロセスに対して与えられる特許であり、従来は権利として有効に成立し得ないものと考えられておりました。しかし、1998年7月、米国において投資信託の運用に関するビジネスモデル特許(いわゆるハブ・アンド・スポーク特許)の有効性が認められ、これを契機にこの種の特許に関する権利行使や出願が急増することになりました。例えば、トヨタ自動車は、周知なカンバン方式をITに絡めて再構築し、既に4件の特許を取得しています。また、凸 版印刷は、地図上に広告情報等を埋め込んでおき、クリック操作に応じてその広告を適宜開示するようにしたアイデアを出願し権利を得ており、いわゆるマピオン特許として有名になっています。私のクライアントであるコクヨ株式会社も、例えば、販売店の反発を招くことなく効率よくユーザーとメーカー等との間で電子商取引を行うためのビジネス手法を出願し特許を取得しており、「べんりねっと」として実施しています。


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ