欲に駆られるほど滑稽な夢をみるものである。

そして性格が破綻しているのがいつまでも分からない。